St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。

カテゴリー:生活面
て何か違和感があると感じるAnnaです。
Student Lifeていう言葉が
大学とかの公式サイトには頻出で、
学業やスポーツ以外、
例えば、学食とか、行事とかをひっくるめたジャンルとしていうんだけど、
日本語にはそれに代わる言葉がない気がする!
生活面ていうと、中学の頃の
スカート丈とか
シャツ出ししない、
みたいな説教が思い起こされるのは私だけでしょうか。。

まあいいや、
今日のお話は、
{FB2B278B-260A-41D7-9985-20098829BC0C:01}

ででんっ
寮のお話!
写真は私の住んでる寮だよーん
私は実に
3年間で3つの寮を経験しました。
SPSに女子寮は9つありますが、それぞれ特色があって実におもしろい。
私は、去年は20人以下のキャンパス内最小級の寮から
今年は40人近くの寮にお引越し。
いやぁ、この差が興味深し。
去年は、人数が少なければ、寮の物理的スペースも小さかった。
全員地上階に住み、トイレ、シャワーは全体で共有。
おまけに、すぐ隣に女子寮と男子寮が1つずつある。
よって、初めはみんな初対面同士でも、
そのうちすぐにみんな顔見知り。
顔見知りになると、
Hi!
とか言ってる間に、なんとなーく打ち解けていって、
とても居心地がよくなる。
歯磨きながらの会話も、
初めは社交辞令なのに、
毎日毎日顔合わせてる間に、
何となく友達に発展することも多々。
そんな顔見知りがいっぱいいると、
宿題を助け合ったり、みんなで息抜きにおしゃべりしたり、
何かと便利だし、心が安らぐ。

ところが、今年は3階建ての大き目の寮。
引っ越したばかりで慣れない私は
まだ前の寮が恋しい。。
今は、違う階の人とは全然顔も合わさない。
まあそりゃ私が遊びに行けば会えるけど、
でも前の寮のような、
努力しなくても自然に顔合わすみたいなのの貴重さを実感したよ。。

まあ今住んでる寮の良さもそのうちに発見していくはず



アメリカ留学 ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ポールの教え子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。