St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。


テーマ:
お待たせしました授業1日目です。
今日はみなさんばったばた。
新入生はどこの教室かわからなかったり、
上級生でも、自分と同じ授業を取っている人は誰だ?とそわそわ。
(そうそう、SPSではホームルームでみんな一緒の授業を受けるのではなく、
生徒それぞれ授業のスケジュールが違う。)

あとは、初めの数日は授業を変える人が続々で、
その手続きで忙しい人だらけ。

SPSでは、受ける授業が結構融通が利く。
例えば、「この授業簡単(難し)すぎ!」とかの場合、
先生に相談すると、自分のレベルに合った授業に移れる。
生徒ひとりひとりに合ったスケジュールを組むことができるわけ。

で、これが上級生にもなって来ると、
授業変更も上級にグレードアップしてくる。
例えば、上級生の中には、
友達グループ一緒の授業を取りたい!
とか、
この先生は厳しいから絶対やだ(・_・)
とかなる。
でも定員とかの関係でなかなか初めは思い通りにいかない。

新学期、今年の授業のスケジュールを見て、
思い通りにいっていなかったことが発覚した場合、SPS新人なら:
「しょうがねえな。あきらめっか」

新学期、今年の授業のスケジュールを見て、
思い通りにいっていなかったことが発覚した場合、上級者なら:
「あきらめきれない、どうにかして、思い通りにしたい」
でも、授業を変えるときには、それなりの理由が必要。
ただ、「先生が嫌いだから」とか「友達と一緒になりたいから」だと、
認められない。

そこで、人によっては、
「この数学の先生が嫌だから」と、数学の授業を変えるために、
まず、理科を物理から生物に変え、
そうすることで、生物と同じ時間帯にある数学の授業を変えないほか方法がない、
という状況をわざわざ作り出す人もいる。
なかなか面倒。
でもこの手法はSPSでは結構一般的かと。

私は今年はスケジュールには満足なので
一つも変えなかった。

私のスケジュールは以下。
授業名は、SPSで呼ばれてる通りに書きます。一般的でない呼び方のもあるかも?
・Vector Calc(微積分)
・Applied Music Honors(ピアノ)
・Chinese 4 Honors
・Advanced Physics 1-2 Honors
・Modern India
・ISP

ISPについては次回。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ポールの教え子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。