St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。


テーマ:
ほほほーーー
今ちまたで話題のHUMANITIESの課題のエッセイを
たった今
提出したぜ!!!!!!!!!!!!!!!!
(※注 ちまた、とはこの場合このブログを指す)

結構うまくいったような気がしなくもなくもなくもない!!
うん!
今大変満足!!!!


いやあここまでの道はつらく厳しく暗く長かった。
そしてこれからの道もつらく踵く暗く長い
に違いない。
(ニワトリのみんな~もちろんみんなこの名言のことは知ってるよね???
内輪ネタですみません…)

なんてったって
私の苦手な
HUMANITIES
っすよ?!

はははー今テンションがおかしいーーー
KANTETSUした影響と
エッセイ提出した喜びが入り混じって
頭の中が

ほほほほほ~~~

って状態。
たぶん私のとなりで
きちんと勉強しているMayは
私のにやけた顔を見て
怪しんでいることだろう



HUMANITIESのエッセイまでのプロセス:

0.テーマ:
Humanities Vという授業では
1年を通して
第1次世界大戦とそれ以降の
現代史を学ぶ。

その中でも特に、
現代史を象徴する「時期」をいくつか選んで、深く勉強する。
だから、歴史といっても
現代史を時系列で順番に追うのではなく、
あることがらをピンポイントで学ぶ
うーん、説明が難しい。

例えば、ちょっと前までのテーマは1960~80年代頃の中国。
中国が象徴するのは、共産主義。

中国は1か月くらいかけて学んだ。
授業の内容:

1.歴史を習う
まずは歴史背景。
教科書を読んで重要な人物、できごと、年号を確認。
たいてい、宿題で教科書を読んで、
授業中に内容がわかっているか、
特に重要なことは何か、ディスカッション。
読むより見たほうがわかりやすいときは
授業中に映画の一部分を見たりすることも。


2.歴史背景をより深く理解する
小テストがあったり、
授業中に小作文を書くことも。
歴史背景をまずは暗記したものを
重要性とかをより深く理解して
脳みそに定着させるのが目的。


3.その時代のことが、フィクションになってますので読みましょう
例えば今回は
Balzac and the Little Chinese Seamstress
という
文化大革命の時代がテーマになっている小説を読む
宿題で読んできて、
授業中にディスカッション
の繰り返しの日々が続く。

4.読み終わったらエッセイ
読書感想文じゃないんですよ、みなさん。
Analytical Essayといって
キャラクター分析とか
筆者の趣旨はなんだとか
あーだこーだいうタイプのエッセイです。
まあエッセイについてはまた今度!

んじゃこの辺でー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ポールの教え子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。