St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。


テーマ:
~つづき~

さーあそろそろ面接の話は飽きてきたころかな??ふはははは
頑張れ、あと1回だぞよ…

こっからみんな大好き、面接攻略法~!!
といっても私の経験を書くだけで、
完全アドバイスとはいえないぜよ…
塾行ってトレーニングしたわけでも何でもないからね。

とりあえず、私は
面接がどんな感じなのかわからず
いきなり
とぉつげきだぁぁぁぁぁ!!!!!(※注 突撃だ!)
という感じでした。

私は自分のことをペチャクチャしゃべるのが好きで、
初めは緊張してうまく話せないのでストレスがたまった。
でも
何校も面接を受けるうちに
同じ質問が多いので
慣れてきて
ぺっちゃくっちゃ自分のことを語ったよ。

だからまずは、
1.よくある質問は準備していくこと
よくある質問:
*志望する理由

志望理由は、
「英語を勉強したいから」ではNG。それだと、なぜその学校を特に志望するのかの理由になってない。
もっとその学校に特化した特徴を挙げないと。

でも実際は
日本からボーディングスクール受けると
ウェブサイト見ても
何がどうほかの学校と違うとか
よくわかんないんだよね泣
だってまず、「平均的な学校」ってのがどんなのかわかんないんだから、
志望する学校が、どうユニークなのか比べられないじゃん?
だから、面接官にはそれを正直に言ってもいいと思うよ。

でもやっぱり志望する学校のことはできる限り調べる努力はすること。
調べるポイント:
*オーケストラ部があるか?
*音楽、美術などの芸術とスポーツを両立できるか
*部活に入るのは強制か?
*外国語をいくつまで同時に取れるか?
*生徒の人数(小型、中型、大型)
*全寮制か?
*アメリカ以外の国からの生徒の割合
*やりたいスポーツがあるなら、その部活が強いかどうか(地区内のランキングなどを調査!)


~つづく~
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ポールの教え子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。