St. Paul's School ペリカン便り ~アメリカの全寮制高校に通う日本人留学生より~

アメリカに高校から留学する日本人って結構希少価値かもしれない。 という自意識過剰な考えを基に 留学中の日常生活と ちょっとした発見を つれづれなるままに 書く日記。


テーマ:
さてさてつづき。


3.面接当日
正装。
親の面接もあります!!
2パターン:親と子供別々。
または、親と子供別々、のあと両方一遍に。
着くと、待合室みたいな部屋で
他の受験者とその親がいる中で
ソファにでも座って、面接官に呼ばれるのを待つ。

呼ばれたら、別室に移動して会話スタート。
よくある会話:
*この学校に合格したら頑張りたいこと
*今通っている学校で頑張っていること
*この学校に合格したら、他の生徒にどんな利益をもたらせるか
*なぜこの学校に行きたいのか
*自分を表す形容詞
*他に受けた学校(正直に答えてOK)


面接の答え方の手引きについてはまた次回。


4.ツアーとは
要は、学校見学。

面接のため学校に訪れると、
45分間くらいの学校見学に連れて行ってくれます。
面接の前か後かは、
Admission officeの都合によるので
その日行くまでわかりません。

ツアーガイドはその学校に通っている生徒。
その学校のどんなところが好きか、本人はなぜこの学校を選んだのか、など生の声が聞ける。

学校見学は志望校を定める機会になる。
私は日本にいたら、どんなにボロッちい校舎だとしても
偏差値が上の学校を好んでいた。
一方、アメリカだと、ある程度偏差値が同じだと
あとは自分の好み、性格に合うかの問題だと思う。

学校見学でわかること:
都会のきれいな新しい校舎に通いたいか?
自然豊かなキャンパスライフがいいか?
校舎同士が近いこじんまりしたキャンパス?
広々したキャンパス?
などなど


5.SKYPE面接とは
SKYPEとは、オンラインビデオ電話ソフト。
校から遠くに住んでいて
面接のために学校に足を運ぶのが困難な生徒のために
近年増えている。
日本から受けているなら活用しよう!
便利!
ただしツアー(学校見学)に参加できないという難点がある。



~つづく~
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ポールの教え子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。