やなせたかし原作のアンパンマン。子供から大人まで知らない人はいないというこのヒーローは、強くて優しい正義の味方です。アンパンマンには仲間もたくさん!おもしろキャラ、お騒がせキャラ、ちょっぴり意地悪キャラなど様々です。

 

 

楽しいアニメである一方、アンパンマンは「平和な生活ってなんだ?」という大きなテーマを考えさせてくれますね。「世界の平和」について日本を超えて教えてくれる気がします。

 

 

本シリーズはグローバルにアンパンマンとその仲間たちをみていきましょう。きっとこれまでとは違った見方ができるはず♪日本で生まれた傑作をより広い視野で楽しみませんか?

 

 

No.56 なべ奉行

公式HPより

 

なべりょうりに とっても くわしい。なべの せきに とつぜん あらわれて、うるさく せわを やいて みんなを こまらせる。ちょっと おせっかい。

 

 

 He is an expert in hot pot dishes. He suddunly shows up at a hot pot party and tries to take care of people there. He is a meddlesome guy in a sense.

 

 

鍋料理=hot pot dishと言います。

カレーやシチューのようなものであればstew(ステュー)と言いますね。

 

 

鍋奉行はお節介。これは英語ではmeddlesomeという形容詞を使います。

日本語の「鍋奉行」とは鍋をする際に仕切る人のことです。

かつて奉行は民事についてありとあらゆることを仕切って指示をした存在です。

そこから由来するのが鍋奉行なのですね。

 

 

簡単にいえば

a person in charge of hot pot dish

(鍋の担当者、責任者)

 

でしょうか。

 

 

他にも面白い表現を見つけました。

 

・待ち奉行=鍋ができるのを待つ人。

・アク代官=灰汁を取る係。

 

 

私は鍋は待ち代官。

焼肉は奉行。

豚汁は灰汁代官。

 

 

ですな。