自分がちびまる子ちゃんと同い年と思っていたら

まる子のお姉ちゃんの年と同い年になり

いよいよまる子のたちの母親になれてしまいそうです。

 

歴史を刻みますね。

ちびまる子ちゃんは今アジアで大人気。

郷愁漂うものがあるのでしょうか。

 

まるちゃんのクラス3年4組には個性的なキャラがいっぱいです。

人生の縮図といっても過言でない。

いや、日本らしい学校環境だからこそのキャラクターです。

 

ちびまる子ちゃんを英語で語ることができれば、

日本の教育を「英語」で語り尽くせるはず!?

 

Today's entry is a rich boy, Hanawa-kun.

 

 

花輪くん(花輪和彦)

 

 

 

Kazuhiko Hanawa

 

 

ちびまる子ちゃんHPより

 

 

 

Born to a wealthy family, he is pompous but kind. His wealth allows him to go to school by car and to spend summer vacations abroad, much to the envy of his classmates. 

 

 

 

pompous(ポンパス)=気取った、キザな

allow 人 to do=人に〜するのを許可する、可能にする

envy=羨む

 

 

 

 

With his smarts and fluent English, his friends think he is a perfect person. He does, however, have a fault: his handwriting is terrible. 

 

 

fluent=流暢な

fault=欠点

handwriting=手書きの文字

 

 

 

He lives in a huge house and is willing to invite Maruko and other classmates to his house. He is very friendly and nice rich boy.

 

is willing to do=率先して〜する

 

 

そして花輪家に仕え、花輪家にとってなくてはならない存在が

ヒデじい・西条秀治

 

Hide-ji・Hideji Saijyo

He has worked as a house steward in the Hanawa for 45 years.

 

house steward=執事

 

 

 

ご両親も。

Hanawa-kun's father        Hanawa-kun's mother.

They live in a foreign country.

 

 

 

花輪くんのキザっぷりは寂しさの裏返しかもしれません。

優しいヒデじいがいてもお母さんが恋しいと思う小さな男の子です。

実は強い子なんでしょう。

 

お金持ちっぷりを発揮する花輪くん。

玉の輿にのるのもあり!?いやいや・・・と思うまる子でした。

 

玉の輿は英語でmarry into purpule, marry moneyなどと言います。

後者は露骨ですが紫に染まるとは紫色が高貴な色の象徴だからだそうですね。