茶道を習うと、手順、ものの置く位置など

時と空間をより深く考えるようになります。

 

英語では、時と場所を表す上で

もっとも重要なのは「前置詞」ですが、

実は似ている「空間副詞」というものもあります。

 

これらを習うことで

日本人にはないイメージ、感覚もあり

面白い発見ができますね。

 

 

今回は茶道を通して空間副詞「down」を学びましょう!

upと対義の意味ですね。「下方への移動」が基本イメージです。

 

 

 

 

①climb down from the tree

 

「木から降りる」

下方への移動の基本的な使い方です。

 

木から落ちる場合は、drop down, fall downと言います。

fall downは「転ぶ」とも意味もあります。

 

ちなみに「猿も木から落ちる」ということわざには

Even Homer sometimes nods.

(ホメロスですら時々居眠りをする)というユニークな英語があります。
 
 
② write down what I learned
 
「学んだものを書き留めておく」
 
put down / note downとも言います。
茶道の手順は複雑です。書き留めておかないとなかなか覚えられません。
と言いながら、それすら忘れてしまうのですが。
習うより慣れろ!回数をこなすのが一番です。
 
 

 

③ I'm down.

 

「落ち込んでいる」

 

お茶碗を割ってしまうと、落ち込むどころではありません。

抹茶をこぼしても一大事。

点前がしっかりできなかったりして落ち込みますが、

でも前向きに♪ Tomorrow is another day. です。

 

 

④ hand down for over hundreds of years

 

「何百年以上も引き継がれている」

 

Tea ceremony has been handed down over hundreds years.

茶道は何百年以上世代を超えて引き継がれています。

 

 

日本の伝統芸能は世界にも注目され、新旧さまざまな方法で

愛されています。

 

 

⑤ sit down

 

「座る」

 

sitは座る、着席するという自動詞です。

seatは「座らせる」という他動詞です。

 

Please sit down. より Please be seated. の方が

婉曲的で丁寧になります。

 

 

茶道では「立礼」(りゅうれい)といって椅子に座って行うお点前もあります。

茶席のスタイルはこちら

正座の苦手な方でも気楽に楽しめるのでおすすめです。