あきらめなくていいのです。 | 心の傷を治し、喜びの中で生きる。

あきらめなくていいのです。

自己紹介は→こちら

 

 心の問題は解決できる。

というか、人間関係も自分の置かれた状況も、自分の心のあり方でいかようにも変化しうるので、困りごとや悩みは解決できます。



ですが、なんか、諦める人多いのね…

あきらめられる程度のことなのかしら。


私は諦めることができないほどに苦しかったから、あきらめなかったけど(性格的にも粘り強いので)打開策がないかと探し続けましたね。



《正しさ》であったり、《正解》というのを提示するのは簡単です。

こうしたら良いよ。

でもそこに行けないって起こりますよね。


聖書の通りに生きたい

けど自分がまちがいをおかすことも《人には罪があるから無理なんだ》と諦める。

え?あきらめんの?


無理なことをやれとは神様は言わないんだけどな。

完璧になることは死ぬまでないかもしれない、けれど正解に向かい続けることは出来る。


そもそも、概念とか言葉の意味とかも間違って受け取っていたりもするし、そういう誤解みたいなのも解いていかないとね。


出来ることと出来ないことがある。

私が100メートルを15秒以下で走ることは一生できないと思う(足遅いから)

でも、正解に向かうことは出来る。


人を責めたり、人に責められたりすることをなくすことは出来るし、怒りや憤りに振り回されることも無くすことは出来る。


自分の人生は案外、コントロール可能であるってことを知った方がいいと思うのですよ。


祈ることだけではなくて

一歩踏み出すことも必要。

自分から神様のルールに沿って生きるってこと。

 

 

 

2019年8月のご予約はこちら