思いやりなら気持ちだけ受け取る。 | 心の傷を治し、喜びの中で生きる。
2019年05月15日(水) 23時58分54秒

思いやりなら気持ちだけ受け取る。

テーマ:境界線

自己紹介は→こちら

 

優しさや思いやりという物を盾にして境界線を踏み越えてくる人も居るから、そういうときは、思いやりだけ受け取って、あとはポイっと捨てちゃって良いですよ。

 

自分のことを好いてくれて、大切にも思ってくれて、良くしてくれて、愛も思いやりもあるって分かっている、自分もその人のこと好きだし嫌いじゃないし仲良くしたいと思ってる。
 

でも

 

その、良くしてくれて自分も好意的に思っている人が、境界線を越えてこないとは限らない。

 

例)実親とか。パートナーとか、キョウダイとか、義親とか。

 

大切な存在であったり、大切に思ってくれているのを知っていたり、自分もその人のことを嫌いじゃなかったりすると、厚意でしてくれていることが、思いやりから来ていても、境界線を踏み越えられている時に、断りにくい!ってことがあると思います。

 

時にその厚意を断ったり受け取らない事が

その人の思いまで否定してしまうような気がして

思いやりを受け取るには、境界線を越えた迷惑な厚意もセットで受け取らないと逝けないような気がして、断れなくなって境界線をこえさせてしまう。

 

でもね、そこは分けていいところです。

 

思いやりは嬉しい、ありがとう、感謝してる、私もあなたのこと想ってる。

でもこれはいらないから遠慮するね。

 

ってことです。

お気持ちだけ受け取りますって、便利な言葉だなと気付きました。

ほんとそれ。

お気持ちは本当に嬉しい。

だからお気持ちだけ受け取りたい。

 

あとはいらないから。

私に必要無いから。

でも別にあなた(相手)を否定している訳じゃないんですよ。

あなたの気持ちは本当に嬉しいんですよ。

 

ってことで完結できる関係だと良いですね。

でも、もし相手になにか期待しているとしたら(相手のあり方に)

断れなくなったりするときもありますし、傷かも知れません。

どうしても断れなくていつも踏み込ませてしまうって時はご相談してくださいね。

 

2019年5月のご予約はこちら

 

HANAEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ