言いたい奴には言わせておけ…ない場合 | 心の傷を治し、喜びの中で生きる。
2018年08月19日(日) 23時05分31秒

言いたい奴には言わせておけ…ない場合

テーマ:境界線

 

いじめとか悪口とかねー

私も昔、子どもの頃に

「言いたい奴には言わせておけ!気にするな!」 と言われたことがあるし

 

なんか、「気にしなきゃ良いでしょう」 みたいなことって良く言われたりしますよね。

 

確かにね、言いたい奴には言わせておけばいいです

気にしなきゃ良い、その通りです

 

でもそれが出来ない事ってあるんですよねー。

ありません?

 

ある!!って人と

無い、別に気にしない。って人と

どちらもいらっしゃると思います。

 

 

言わせておけない時の理由

・ゆるせない

・自分のコンプレックスが刺激された

・相手に発言の自由をあげられない

・相手がどうあるべきか決めたい

・悲しみを受け止めていない

・相手の発言を受け入れてしまっている

 

 

こんな感じかな。

・ゆるせない

相手が自分に対して否定的な事を言ったりしたことがゆるせないでいると、相手の発言と自分の存在がリンクするので癒着してしまって、言わせておけない。相手が撤回するまで、この問題を終わらせないと言う事だから。

 

・自分のコンプレックスを刺されて、傷が痛んでいる。自分の顔面にコンプレックスがあって、ブス!!と言われたとしたら、たとえ美人であっても自分はやっぱりブスなのかと落ち込んで気になって仕方がない。コンプレックス自体を手放す事が必要になる。

 

・相手に発言の自由を与えられない&相手がどうあるべきか決めたい

相手は人生の中でどのような言葉を操るかは相手に決定権があります。相手は、「あんな事を言うべきではなかった」と思っているのであれば、相手の決定権を侵害しています。そして悪口を言うような人間であるか、言わないような人間であるかは相手に自由があります。そのありかたに口出ししたいのであれば、それもまた決定権の侵害です。

嫌なことをされたときに相手の決定権を侵害するほどの権利はこちらにもないのです。ただ、被害を受けたという事実は存在するので、それは怒っても悲しんでも良い。

 

・悲しみを受け止めていない

悲しかったけれど悲しいという感情に到達することに抵抗して相手の発言に悶々としたり怒りを持ったりして、言わせておけない。

 

・相手の発言を受け入れてしまっている

受け入れなくて良いようなことでも受け入れてしまうと傷つきます。そして傷がつけば言わせておくようなことは出来ません。傷があるんだもん。

 

 

 

だいたいこんな感じに仕分けができましたね。

言いたい奴に言わせておけるようになると、傷つくことを言われることは人生の中であるかも知れませんが、投げ込まれたゴミは、自分でゴミ箱にぽいっと出来るようになります。

 

他には自分の価値を相手に決めさせてしまっている、とか、相手が間違っていると言うこと分からせたい、とかもありますね。

 

 

 

言いたい奴に言わせておくというのは、同じ土俵に立たないと言うことでもあります。不愉快であっても、相手の人生にまきこまれないように自衛すると、とても楽になりますし、怖いことが減ります。

 

 

 

 

 

 

8月の予約受付はこちら

 

9月ご予約受付はこちら

HANAEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス