ウェルネス・メディカル気功基礎コースワークショップ-in-東京のお知らせ。 | ゆるりとマレーシアその日暮らし♪

ゆるりとマレーシアその日暮らし♪

フランス人夫と猫2匹の家族構成。のんびりとしたマレーシアで、ドタバタ、楽しい(?)マレーシアライフを満喫中♪ということにしておきます☆

東京ウェルネス・メディカル気功基礎コースワークショップ

 

 

5,000年の歴史があるメディカル気功。

 

それを現代に蘇らせたウェルネス・メディカル気功の基礎(動功<15ステップ、呼吸法3種、瞑想法)を習得するコースです。

 

ウェルネス・メディカル気功の基礎を3日間で学び、ご自身の健康と安定した精神を作り上げるお手伝いをします。

 

マレーシアでは、国家資格でもあるウェルネス・メディカル気功でもあり、クアラルンプールの政府複合クリニックや、

 

ペナンの私立総合病院でも当メディカル気功の気功師たちが治療に当たっています。

 

基礎コースは、健康で若々しい心身を鍛える助けになるでしょう。

 

 

 

 

【内容】

1. 気功とは。気功の種類と歴史。メディカル気功について。科学的エビデンスに基づいての講義

2. 動功15ステップを2回に分けて、説明と練習

3. 3種類の呼吸法(丹田呼吸法)

4. 瞑想

5. 気と意念、陰と陽、五行に基づく気の働き

6. 内気(ないき)と外気、精神気について

7.十二経脈と奇経八脈

8.小周天の働き

9. 先天性の気の測定と、気功練習後の後天性の気の測定

10. 自分自身の気を体験できるワークアウト

11.グループで輪になって、気を高めるワークアウト

12. 1回の気功体験(治療)セッション付き

 

(プログラムは参加者によって、多少変更の可能性が出て来ることもありますので、予めご了承ください)

 

 

気功の仕組みとは、

 

「意念によって気が流れ、

気が流れることによって、血行が良くなる。

血行が良くなることにより、熱が流れ、

熱によって磁気の流れを生む。

磁気の流れは、化学的振動の流れを起こす」

 

これによって、身体の不調(停滞物)を取り除きつつ、健康な身体に戻します。

 

すべては自分から、自然に身体を整える功です。

 

 

クリップ 日時: 9月14日~16日 3日間の時間帯は以下の通りです。

    

         9月14日(土)9:30~16:30

    9月15日(日)9:30~16:30

    9月16日(月・祝日) 9:30~16:30

 

 クリップ 場所: 東京都新宿区下落合4-6-14  ジ・アネックスビルB1

               目白セミナールーム

              アクセス:西武新宿線 下落合駅北口より 徒歩5分  (西武新宿駅から2つ目の駅)

 

右矢印    アクセスの画像入り詳しい案内は、http://ca-room.com/?page_id=21 です。

 

クリップ 講師: タン・スー・コン(Grand Master Dr Tan Soo Kong)博士大師

 

クリップ 参加費: 70,000円

 

お申込後、お振込先のご連絡を差し上げます。


1週間以内に振込みをお願い致します。お申し込みは、参加費のお振込みをもって確定になります。

 

なお、お申込み締切は、定員に達し次第、自動的に締め切らせていただきます。

 

キャンセルされると、キャンセル料金が発生いたします。ご注意ください。


お振込み後~開催前の61日前(7月16日)までは、50%
開催前60日(7月17日)~当日までは、100%


いずれの場合も、振込手数料はお客様負担となります。

 

クリップ 持ち物:


ヨガマット、筆記用具やノート、ご自身のお飲み物など。

 

会場の周りには飲食店とコンビニエンスストアがあります。ランチはそちらでお願いいたします。

 

*ワークショップ中は、プロモーションのためにワークショップ風景を撮影しております。ご協力をお願いいたします。

もし、お顔が写真に写ることに不都合な場合は、ワークショップ当日に、スタッフのほうまでお申し付けください。

 

*天災、交通などの理由で開催不可になった場合の交通費などについては、保証しかねることご了承ください。

 

*お申込は原則として20歳以上の方とさせていただきます。

 

 

お申し込みは、こちらのメールフォームから。

 

質問等がございましたら、以下のアドレスまでお願い致します。

qigong.rose@gmail.com

 

クリップ 実際の参加者の感想や、その後につきましては、こちらを御覧ください。

 

クリップ ワークショップの内容や様子につきましては、こちらを御覧ください。