4柱リフトなら、お客様でも設置可能です。 | 自動車整備機器・リフトのお店をやっている店長日記

自動車整備機器・リフトのお店をやっている店長日記

ピットデポ店長日記。全国配送・設置します!

★ お客様から相談されることの一つに、リフト自分で設置したいのですが

  可能ですか?とのご相談を受けることがあります。

 

  ○ アメリカでは、ほとんどご購入者が立ててます。

 

 結果から言いますと、お客様がリフトを立てることは可能です!

 ※ 4柱タイプのリフトに限ったことで、2柱タイプはあまりお勧めしません。

  

   

 

 ご自身で設置を検討なさるお客様に作業手順を画像でご説明いたします。

 ぜひ、ご参考になさってください。

 

  ①梱包と製品内容は、こんな感じです。

   

 

   ○ 作動油 (オイル)は、ハイドロリックの32番です。

   ※ 雪が積もる環境では、寒冷地仕様を使ってください。

   

 

  ② 組立準備をします。(以降、横柱はキャレッジと言います)

    柱は倒し、キャレッジもセット準備をします。

  

 

  ③キャレッジを柱に入れたら、両方の柱を同時に立てます。

   

 

  

  

 ④ ロック板を柱にセットし、柱の上に蓋を付けます。

  

 

  

 

  

 

  ⑤ キャレッジを途中まで上げ、そのキャレッジの上にランウェイ(走路)を載せます。

  

 

  

 

  

 

  

 

  ⑥ワイヤーを張り、ロック解除用に使用するエアーホースもセットします。

    

 

  

 

    

 

  

 

  ⑦ モーターポンプユニットを取り付け、タンクに作動油を入れます。

    

 

  

 

  ⑧ 電源とエアーコンプレッサーに接続し、試運転をします。

   (まだアンカー固定はしません)

  

  

  

 

  ※コンプレッサーは、ホームセンター等で販売してる100Vの1馬力相当の

   小型の物で問題ありません。

  

 

  ⑨ 試運転 (3回程度上下)が無事終わったら、アンカーボルトを

    打ち込みます。

      

 

   ※ハンマードリルで穴を開けたら、掃除機等で穴の中の塵を取り除きます。

   

 

   

 

   

 

  ⑩ アンカーボルトを打ち込んだら、一度アンカーナットを軽く緩めレベル調整し、         

    柱が垂直に立つよう、リフトと床の間にシム(スペーサー)を挟み込みます。

   

    

 

    

 

    ⑪ アンカー固定が済みましたら、柱の上にあるワイヤーとロック板の

      調整用ボルトナットで、ランウェイ(走路)が床と平行になるよう合わせます。

    

 

    

 

    

 

     以上が大まかではありますが、設置作業のイメージです。

     ご不明な点は、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

     ○ (株) ヴィラージュトレーディングの会社案内 

        https://www.pit-depo.com/page/1

 

 

    

 

  ○ 電源に関しては、標準で家庭のエアコンやプラグインハイブリット

    などで用いられる単相 200V、そしてオプションで 100V仕様があります。

 

  ★ 時系列で見ますと大変そうですが、やる気と根性があれば立てられます!!

         立てる目安時間はプロで5~6時間、個人の方で2~3日です。

    

 

_________________________________________________________________________________________________________________

 

  ● 弊社では、豊富な納入実績と在庫で、少しでもお客様にご満足いただけるよう

    努めております。

   

 

   

 

   ○ アフターサービスに欠かせない補修部品もストックしております。

   

 

   

 

  ※ 弊社では、北海道から沖縄まで全国へ運送、設置及びサポートを行っております。

      ご不明な点は、ご遠慮なくご相談ください。

 

   ■詳細ページ ピットデポHP (株式会社ヴィラージュトレーディング)  

    https://www.pit-depo.com/product-list/3

 

  ○ 会社のご案内

  https://www.pit-depo.com/page/1