ちかくにはダイヤスさんもあるけど、コンセプトが全然違う感じ。

ブルーライト照らし出される水槽もあって。
生ハムとスパークリンググラスから。
{56FE06F6-3DC6-4F8E-8685-4CD432E45DFE:01}
白ワインへ。レモン。机に飾ってあった、ただの檸檬。なんだか可愛くて。
{CDF5A26C-5E73-45D2-9CF5-3D9CBACE3B56:01}

牡蠣は、大槌 米崎 唐津 相生 白方 門司のものの、盛り合わせ。それぞれ比べられて嬉しいヽ(・∀・)ノ
{5AB2DCA0-1FD8-44C7-859D-1004C51A1681:01}

天使の海老のアヒージョかな。
{4803D790-1CA4-4B97-AD94-D5664389FE0B:01}
ムール貝も食べられる。
{7DBAB88A-0545-42B6-8D66-3D400D26C260:01}
なぜかここでオイスターシューターにもどり。(あとからメニューに発見して、どうしても食べたかったんだもの。)
{9D1A480D-2FCF-428B-B32A-9B2D17FFF115:01}

割高だけど美味しいしデートに向いてるお店かも。

牡蠣をみるとアリスの「セイウチと大工」を思い出して、「セイウチと大工」の場面を想像すると、ビートルズのアイアムザウォルラスが流れて、なんだかサイケデリックなワールドに浸りたくなってお酒が進むという良循環(悪循環?)。