出産記録☆2☆

テーマ:
※今回、長いよ。


旦那到着して、食料を冷蔵庫に入れてもらいながら雑談してました。。

旦那 「お腹は痛くないの?」
私 「たまに張るけど、張る程度なんだよね~」
「おっ。今も張ってきた」

な~んて話してたら「今も張ってきた」の「きた」あたりから張りじゃない伸び感ある痛みが続いてそのままパシャーンと破水!

反射的な涙が出るくらい急な痛みで、私もプチパニックでした滝汗

ナースコール押したくてもそこからの怒涛の激痛に動けず、旦那が焦ってナースコールしてくれたんだけど、担当の看護師さんもさっきまで陣痛0の妊婦がまさかMAXになってるとは思わず、悠長に登場。。
(この時、時刻20:45)
破水しただけ(陣痛はまだ)だろうからお腹にモニター付けようかな~なんて思いながら部屋に入ってきたらしく、状況に目を疑ったそうですポーン

しかもね、その時は助産師不在+たった1人の産科医も帰宅中っていう状況で、フロアにはその看護師さんと研修中の看護師さんだけだったの。。


モニター付けて点滴中に先生と「今日は助産師が居ないから今夜産まれることがあったら僕が取り出しますね」って話してて、私も産まれる訳ないと思ってたから「先生も一回帰るんでしょ?ゆっくりどうぞ」な~んて悠長な事言ってたのよ。
先生も「今夜は僕も泊まるけど、一回帰ってゴハン食べてきます(^^)」ってさ。。


そんなこんなで、私の状況はというと、、、
破水と同時に赤ちゃんが一気にドリルのごとく下りてきた感じで、すでにイキみたい位。
ほんの数分前までケラケラ看護師さんと話してて、1時間前のモニター時は赤ちゃんもまだガンガン動いてた上に陣痛0で子宮口なんて入り口は1センチ・奥はまだ開いてない状態からいきなりMAXゲロー

で、、、
もう立ち上がる事もできないから看護師さんが焦りながら車椅子を持ってきてくれてね。。

陣痛状態で病院に来てたらLDRにいるんだけど、なんせ陣痛なくて翌日誘発予定だったもんだから普通の個室にいてさ、車椅子に乗ってLDRにダッシュDASH!DASH!

1番焦ってた旦那が車椅子押してるもんだから、部屋から廊下に出た時のコーナリングが甘くて壁に激突しそうになるし、分娩台のステップまで来た時も攻めすぎてベッドに私を挟みそうになるしで、切羽詰まりながらも「おいおい…」と思ってましたあせるあせる

で、で、、、
いざ分娩台まできても登る事すらできず、すでに出てきてる赤ちゃんの頭を看護師さんが手で押さえながらなんとかベッドに片足かけたんだけど、合間のない痛みが更に増して「もう出るー!」って言いながらベッドの柵にしがみついてました。
(この時、時刻20:55)

今思えば数分のことなんだけど、部屋からLDRのベッドまでの間も看護師さんがもう1人の見習い看護師に「先生に繋がった?」「携帯とピッチ、両方鳴らし続けて」って小声で言ってるのが聞こえてきてね。
「こりゃ先生待ちだな…」と思った私は「先生まだーー?」「家どこよ‼︎」「あと何分で着くのっ?」とキレ気味に聞いてました。。

その度に「もう来るよ」と諭されるんだけど、そんな子供だましな言葉なんて四十路前には通用しないよね(笑)

私「もう出るー!」
看「まだ出ない」
私「出るって‼︎」
看「まだダメーー!」

そうこうしてたら看護師さんが
「あと5分!」って初めて正確な時間を言ってくれたんだけど、もう5分ももたないと思った私はさらなる悪態をついてたな笑い泣き
敬語使う余裕もなくてタメ語で悪態…

で、やっと陣痛の合間が訪れてさ~
普通、最終段階の陣痛時でも少しは痛みの合間がある記憶だったんだけど、破水から今まで全く痛みの合間がなくてね。。

そしたら「今、下の駐輪場に着いたって!次はイキめるよ‼︎」って看護師さんもホッとしたような口調で教えてくれました。

こうなったら俄然ヤル気が出てきて、私も「ポッキーの日に産めるね」なんて息も絶え絶え言ってたな。。

そこへ待ちに待った先生登場✨

まるでドラマのような感じで
先生「どんな?」
看「全開です!」
「仰向けにしますね」
先生「いや、もうこのままで出そう」

みたいな。。
見習い看護師さんが先生に術着を準備してたけどそれも着ず、私服のままそこらへんのエプロンと手袋だけ慌てて付けて助産師兼医師となってくれましたおーっ!

ギリギリの状態だったからそこからはあっという間に産まれてね。
イキんだのは2回。。チョキ

結局、分娩台に身体半分乗せてベッドの柵につかまったまま産みました。
(時刻21:11)
LDRのベッドも分娩台仕様にならないままでね。
分娩台仕様に組み立てたのは産み終わってからの後処置でやっとなったよ。

産まれる時は1人目の時に比べて、頭が冴えてる部分もあったから、「ちゃんと見よう」と思って産まれてくる瞬間も頭上げてしっかり見ました目




あ、、この人のことを忘れてた(^^;;
うちの旦那…

夫婦共に立ち会いは希望してなかったのに結局立ち会いになってしまった今回。。
LDRまで付いてきた後、アレヨアレヨでお産になり、外で待つ暇なく産まれてしまったからバッチリ見てました目目

ま、結果としては見て良かったらしいよ。
感動してウルウルしてたしね~にひひ

でも1番焦ってるもんだから、
さっきの車椅子の操縦だけじゃなく、見習い看護師がかけまくってやっと先生に繋がった電話を横から奪い取り「早く来てください!」って言ったそう。。
先生は状況を聞きたいのに知らない男の人が出てビックリしたって。

産まれた瞬間は携帯で写メ撮ってたんだけど、感動して興奮気味なもんだから、角度の事なんて考えず私の股の横で連写(笑)
さすがの私も「もうちょっと上から撮ってよ」って注意しましたショック

病院内にいたからこれ位で済んだけど、あの時病院に連絡してなければ…
あの時病院から帰ってたら…を考えたらゾッとして先生と「よかったね~。。」って胸をなでおろしながらの会陰縫合でした(笑)

ここの病院はお産する人も少なくて、なんとも頼りない感じだったんだけど、家から近いしとにかく楽が1人で来れるっていうのが1番の理由でこの病院に決めました。産科はまだまだこれからって感じだけど、先生もとってもいい先生で、看護師さんも助産師さんバリに対応できるし、経産婦だったらまぁ、我慢できるかな。
突っ込みどころはいっぱいあるけどねにやり

とにかく、今回のお産はある意味ドラマチックなお産だったなぁ。。
あっと言う間に終わって全員キョトンとしてたけど(笑)

義家族も、病院から帰ってきてご飯食べて風呂入ってたら「もう産まれそう」って旦那から電話があって、「いやいや、さっきまで普通だったやん。まだ産まれんよ。男やけんわからんだけやろ」と思いつつ一応病院に行く準備してたら「産まれた!」って言われて、ハァ?って(笑)
半信半疑で来たらホントに生まれてて、「何があったん?」って聞かれたしね汗

先生も病院から連絡もらって、あまりにも急かされるから車よりチャリの方が早いかも!と思って飛ばしてくれたみたい。
「あんなに競輪選手バリにこいだのは初めてです」って。
あの時は先生が来るまで長い間待たされてた気分だったけど、時間的には10分位しか待ってなかったし自転車

看護師さんに至ってはすごい力で降りてくる赤ちゃんを渾身の力で押さえてくれてて、終わった後は右手が震えてたよ。

後で話してる時も2人で思わず笑ってしまったなぁ。。
次の日は部屋に入って来る人みんなが「大変だったみたいですねー」って噂になってたみたいだし、事務の人にまで言われてね。。

ドタバタしすぎてLDRのドアも開けっぱなしだったらしく、全ての様子が病室に筒抜けでね、産まれた瞬間は他の病室の人から拍手も頂きました。
って、ドアくらい閉めてよね~ぶー


まぁ、無事に産まれてなにより✨
大騒ぎの15~20分でしたが、濃すぎる時間でした。

産まれた瞬間は楽の時は「出たー」とか、そんな漠然とした気持ちだったけど、今回は力が湧いてくるというか、頑張らなきゃ!って思ったな。
守らなきゃ!稼がなきゃ!ってね(笑)

母は強しだビックリマーク
母ちゃん頑張るよーー!!











AD