サイクルロードレース応援日記

サイクルロードレース応援日記

本場ヨーロッパのレーサーを目指す息子の応援日記

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
全日本選手権の応援へ行きました。
金曜日の朝一で千歳空港へ。
浜松町の竹芝港から伊豆大島行きの船は夜の10:00に出航するのでそれまではひなとしばしショッピング。
夜の10:00に発って朝6:00に到着するので船でお泊まり。

早朝、伊豆大島に着いたら予定通り、横殴りの大雨。あーなんて最悪の天気…
と思ったが。そうだ、大きな勝利を手にする時って、いつも、雨じゃん。しかも、大雨だ。
だから、今日の雨は彼にとって恵みの雨か。

そうだね、今日も頑張ってくれるはず。
彼がよいレースをするときの天気はいつも、大荒れ


スタートを見送り、山の中へ。上り区間で観戦する。良い感じで逃げてる。鹿屋がガンガン引っ張る。あんな勢いじゃあ、すぐに集団はばらける。

あっと言う間に、集団分裂。

17人くらいのトップ集団。揃いもそろったナショナルチームじゃん。これじゃあ、誰も追いつけない。その中にゆーりはいた。

先頭集団は少しずつ、小さくなって行く。

最終的には、4名に絞られた。

ゆーり、まりの、すぐる、松本くん

海外遠征では、チームメイト。

スプリント勝負なら、いけるかも。
なんて考えてドキドキ

あと、3周ってとこで山を下る。
ゴール付近に戻らなきゃ

あと1周のジャンが鳴る。

かわらず4名の先頭集団。とりあえず、安心した。
ゴールで待とう。

ツイッターをチェックしたら情報は錯綜してる。「小橋一人逃げ」だったり、マリノ、落車?とか言ってる。

実際にはマリノが単独アタック、ゆーりがそれに食らいついていって、途中でオールアウト。その後、すぐると松本くんにかわされ、ゆーりは表彰台を逃した。

中継で「小橋が遅れた」というのを聴いた


ああ

お父さんと、終わっちゃったね、ってつぶやいた

でも、よくやったね、って


4位

表彰台に乗ることは出来なかった

最後の最後まで日本一に固執した
我が息子の夢は破れたけど
レースって何があるか、わからない

だったら最後の最後まで諦めなかった彼の走りはやはり、彼らしい。
がむしゃらに、最後は駆け引き無しに日本チャンピオンを手にしようとしたゆーり

最後までハラハラした

日本選りすぐりの132人中128人をレーススタートから振り切って最後まで走りきった彼ら4人は本当にかっこよかった

リスペクトし合う四人のそれぞれの思惑、意地のぶつかり合いは素晴らしかった

なりふり構わず、日本一をバカみたいに最後まで追いかけた息子はヨダレをながしても鼻水がたれててもバカみたいな顔して走っても、日本一かっこよかったよ

あの日のレースはまぐれでは残れない

日本一を決めるにはよいレースだったのだと思った

いつもレース前の彼へ送るメッセージは
「良いレースが出来ること、家族みんなで祈っているよ」という言葉。

頑張って、じゃないし、優勝してね、でもないし、気をつけて、でもないし


「よいレースにする」ことは、とても難しい


今回、走り終わった彼に、
惜しかったね、でも良いレースだったよ、と伝えた


9歳から始めた自転車レース

小さい頃は無事に走りきれますように、と願っていた

スタート前、
「お父さんとお母さん、ゴールで待ってるからね」って言ってた

もう、21歳なんだけど、相変わらず
ゴールで待ってる家族3人(笑)

沖縄だって、ドイツだって、オランダだって、リッチモンドだって伊豆大島だってさ、ゴールで待ってるんだからな

うざいなーって思われても、待ってるんだからな(笑)

{5738BAD2-6D41-4737-AB0A-AF553FE2D566}

{835A6C3C-3F83-46B8-87FD-C1DDBF2D9552}

{7EC45F57-C31B-4F31-99A0-874BBFE6BFFF}

{365D9486-834C-42A4-843D-22B0931B11FD}

{06D15A60-1931-4009-9F85-0920C2792DE6}













テーマ:
TOJに来ています


私達は京都ステージからの観戦。
今年から加わった京都ステージはスプリンターむけのコース。
チャンス到来。
初日の堺のクリテリウムは日本人最高位の6位。調子はバッチリ、のハズだった。

山岳で応援してフィニッシュ地点へ戻ると、メイン集団で調子よく走っていたはずの勇利の姿がなかった。

いったいどうした?

メイン集団が通過してしばらくしてからなんと単独で通過する姿をみた。
目を疑ったけど間違いなくゼッケン136。
あーあ…そして、あと一周の鐘がなる。
何があったのかな。

残念ながらゴールスプリントに加わる事が出来なかった。
ゴールの姿

{B3B3EFC8-5E9A-459F-B02F-A0D9C82F7CBC}

悔しそうだ

{57456B7A-B774-4DF1-B8F7-8783A04DB80E}


脚からと腕から血が…
ヤスリの様なザクザクした路面の下りでの、単独落車らしい。
流れた血が心配で、チームカーまで行ってみた。
怪我の部分に水をかけられて「グアーーー!!!」叫んでる。
痛そう…

大丈夫?

悔しそうだ。

「めちゃくちゃ調子良かった」

「転けた後も調子、良かったのに」

この日は怪我人続出だったらしい、と、後に知り合いの関係者に聞いた。
なんて危ない競技なのよ

勇利もここ一番のチャンスを逃しちゃった。
レースは生き物みたいなもので、何が起こるかわからない。かなり痛そうだけど最終ステージまで、なんとか頑張って辿り着いて欲しいと思った。

今は飯田に来ています。

長野県飯田市。
飯田のコースはキツイ山岳コース。
去年も応援に来た。
その時は前の年の膝の手術からの復帰で本調子ではなかったけど、なんとか翌日の富士山まで繋げたのを思い出した。

今日はレンタカーでコースを走ってみた。キツイコース。曲がりくねった長い上り。

KOMの場所では美しい風景が見れた。
{599AA42D-E5FB-44D8-ADD3-AA9485E4314F}

{B384FB3D-7F1C-4648-81CD-046E4A63AF69}

素晴らしい眺め。選手はこんな美しい風景を楽しむことは、勿論、無くて、高ければ高い程、美しい眺めであれば、ある程、危うくて苦しいコースなんだよなあ、なんて考えてた。

明日、無事フィニッシュする事を祈ろう。


{E53F5445-19F8-4D7E-BB2F-8AF9B443B199}

傷だらけの身体に、また、傷が増えた

明日から、良いレースができます様に




テーマ:
アジア選手権が終わりました。
応援してくれた皆様、本当にありがとうございましたm(__)m

結論を言えば、上手くいかなかった。
最初の逃げに乗ったのは、勇利。
誰かが逃げに乗らなければいけなかったから、あの場合は仕方なかったと思う。
逃げ続けた勇利
「最終局面でスプリント」を想像していたけど、その通りには進まないのがレース。スプリントにさえ、もっていければ、あの場面でおさえていれば…
なんてのは全てが終わってしまえば、何の意味もない。ただの観客の私達が考えても悔しがっても仕方ない。

しかし、今日失ったものは多い
もちろん、選手だけの問題ではないとも

指の間からさらさらとこぼれ落ちたチャンスをどう拾い集めて、どう活かすのか

たくさんの課題を抱えつつ、2016年スタートしたU23最後の年

なんでも、彼は自分で行動を起こして、自身で決めてきたと思う。今回のチームも、全て決まった後に聞いた。
びっくりしたけど

自分の人生、自分で切り開かなきゃ、だよね

これまで、彼はひとり、ずっと悩み続け、選び続けて来たと思う。
今年も、また、たくさんたくさん悩み続けながら進んでいくのだろうか

思慮深い彼が、何を選び、何を決めるのか

10歳から始めた自転車競技
U23最終年で何を掴むのか
色々な面で感慨深い一年になりそうです。

静かに見守りながら、精一杯、応援したい


今日、応援してくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
怪我を乗り越えたり、様々な問題を乗り越えて今日、この場に立てたのはいつも応援してくださる皆様の力だと思います。
そして、レース後に励ましてくださって温かい言葉をくださった皆様、本当に、本当に、本当に、ありがとうございますm(__)m

なんか、今日はずっと泣きそうな気分だ
なあ。
なんでだろな

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.