ピロの屋の日常@ロサンゼルス

天使の女王の町Los Angelesでの生活記録


テーマ:

 

 

親に捨てられてしまった

1羽のブラックフィービー。

 

 

詳細はこちらで → 赤リンゴ

 

まず簡単なインフォメーション。

 

名前:ピー子

ニックネーム:ピーちゃん(ちゃんまでが名前)

生年月日:2017年6月5日(月)

性別:不明(だけど♀扱い)

体長:5㎝

体重:測定不能

 

 

わたしくし、

このピー子さんを迎え入れて以来、

まともな睡眠をとれていません(iДi)。

 

マジで、

日中ぶっ倒れるかと思った程、

激しい眠気に襲われている日々。

 

もちろん旦那もお手伝いしてくれています。

というより、

旦那の方が世話好きですね。

ピー子さんのお世話をしたくて仕方ないの。

うちの旦那、母性溢れる男ですから(笑)。

 

ヒマさえあれば

ピーコさんの元でフィーディング。

 

ローテーションですが、

日中は私がピー子さんのお世話。

家の事やら買い物やらも、

まずはピー子さんにエサを与え、

次のピー子さんのお食事タイムまでの間に

済ませる感じです。

 

夕方6時に旦那が帰宅したら、

夜10時の就寝タイムまでは

殆どピー子ケアを変わってくれます。

 

夜の10時からは朝5時頃まで

また私の番になり、

5時からはまた旦那に変わると。

 

そんな感じのローテーションで

なんとか成り立ってます。

 

 

そんなピー子さんは

今日も元気です。

 

 

 

ピー子さんの

持ち物をご紹介します。

 

  

私の古着をカットしたものと

爬虫類用カルシウム。

 

ホッカイロと一緒に

カゴに入れてあります。

 

こちらはピー子記録ノート。

 

主に食事と排泄です。

とても大切な事ですからね。

 

ピー子さんのお食事は30分毎。

中央の数字は

その30分の間に食べたエサの回数。

そして右側はウンチをした時間。

これだけ記録しておけば、

朝になって旦那と交代する時でも、

このノートでいつどれだけ

ピー子さんがエサを食べたか、

排泄をしたかが分かるようになってます。

 

それからこんな物も用意しました。

 

一応うちにもニャンズがおりますので、

これでプロテクトしてあります。

ピー子さん、

泥のお宅からお姫様ベッドへ。

(*≧m≦*)ププッ

 

 

 

全長たった5㎝のピー子さんですが、

うちの人間2人と猫2匹の生活を

ガラリと一瞬で変化させた大物です。

 

そんなピー子さんと私のツーショット。

 

 

前回も載せましたけど(笑)。

ピー子さん、とてもお身体が小さいので、

私の顔との撮影は不可能。

代わりに私の小指と撮影。

ピー子さん、どんだけ小顔(笑)?

 

 

2,3日の間に、

ピー子さんは枕が好きな事が

判明しました。

 

 

 

 

スヤスヤと良く眠ってます。

 

 

猫が枕を使う事は知ってましたけど、

 

 

鳥まで使うとは存じませんでした(笑)。

 

40年以上生きても

まだまだ知らない事だらけです。

 

 

鳥の育児放棄に関して

ちょっと調べてみました。

 

花巣が危険だと判断した場合

花子供が病気だったり異常だったりした場合

花親が外敵に襲われた時

 

最後のは放棄とはまたちょっと違いますが、

鳥の親が子育てを諦めるには

ざっとこんな理由らしいです。

 

それで

ピー子さんの事なんですが、

我々が考えるに、

成長に問題があって

捨てられてしまったかな、、、、と。

 

実はピー子さん、未だに開眼してません。

モッキンバードの場合は

確か孵化後5日で目が開きました。

でもピー子さんの場合、

我々にレスキューされたのが

孵化後既に1週間くらいでしたが、

まだ目が開いていませんでした。

 

私は鳥の観察は初めてなので

全てを前回のモッキンバードとしか

比べようがないのですが、

やっぱり成長も遅い気がします。

 

先天性の異常なのか、

もしくは旦那曰く、

親鳥が狩りが苦手で

栄養バランス良いエサを

与えられていなかったからか。。。

 

いずれにせよ、

ピー子さんの生存は難しいでしょう。

と、私は思っているのですが、

問題はその裏です。

 

うちの旦那がね~、

もうピー子さんにデレデレ・・・汗

最近仕事が忙しいはずなのに、

会社から戻ると、

 

『ピーちゃんには〇〇が

いいみたいですよー!』

 

『ピーちゃんは〇〇が好きで、

〇〇は食べられないみたいですよー!』

 

『ピーちゃんの栄養バランスには

〇〇が良いらしいから、

今から買いに行きましょ!』

 

等々、本当に会社行って

仕事してんのか?!って思う程、

ピーちゃん情報を持って帰ってきます(・Θ・;)

 

私の方は、ピーちゃんの

先天性異常か発達異常を考えて、

専門家の人に

ピーちゃんをお願いした方が

いいのかもしれないと思っているんですが、

それを旦那に提案しようと思うと旦那、

 

『ピーちゃんを旅行に連れていくのに、

カゴが必要ですね~!』

 

とか、

 

『ピーちゃんの脚に

ヒモとか付けられますかね~。

野生に戻ったピーちゃんが、

来年うちに戻ってきたら

それで他の鳥と区別ができますからねー』

 

とか、

 

まぁ、現実にはまず

成り得ないような先の事まで

しっかり計画してしまっててですね~、

そんな旦那の夢や希望を

踏みにじって、

崖から落とすような事、

できませんでしょ~(-"-;A

 

 

というわけでして、

はっきり言って

ピーちゃんとの出会いの結末は、

悲しくて辛いものになると思いますが、

旦那のしたいようにさせてあげ、

私は後からのサポート役を

と思ってます。

 

 

そんなピー子さんの

お食事風景動画です。

最近やっと口を開けてくれるように

なりましたよ(^~^)



 

 

 

 

新しい家族でした。

 

 

 

 

 

 

 

ではでは皆さま、また明日。

本日もお立ち寄りどうもありがとう。

ぽちっとして頂けると嬉しいです。

 

読者登録してね

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

山田ピロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「生き物」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。