チャーター2019年第4四半期決算 | ものまね株式投資とインデックスで経済的自由を目指すブログ

ものまね株式投資とインデックスで経済的自由を目指すブログ

著名投資家のマネをしてこつこつ株式投資をしていきます。
株式投資を身近にシンプルに♫
もしうまくいったらマネしてください。
一億総投資家社会の実現 ♪( ´▽`)(笑)

株式投資を身近にシンプルに♬
ものまね株式投資家のピッポです。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。





2019年第4四半期決算概要
売上高
118億ドル(前年同期比+4.7%)
営業経費
72億ドル(前年同期比+2.3%)
EBITDA
45億ドル(前年同期比+8.8%
EBITDA margin
38.5%(前年同期37.1%)
EBITDA(Cable)
47億ドル(前年同期比+8.9%
EBITDA margin(Cable)
40.5%(前年同期38.5%
設備投資
23億ドル(前年同期24億ドル
売上に占める割合
19.4%(前年同期21.7%
純利益
7.14億ドル(前年同期296億ドル
EPS
3.28ドル(前年同期1.29ドル) 
営業キャッシュフロー
34億ドル(前年同期32億ドル)
フリーキャッシュフロー
16億ドル(前年同期8.85億ドル)
フリーキャッシュフロー(Cable)
19億ドル(前年同期12億ドル)

第4四半期
住宅・中小企業顧客合計
26.8万件(前年同期24.8万)
インターネット
33.9万件(前年同期32.9万件)

2019年通期
住宅・中小企業顧客合計
2,920万件(前年度比+110万件、+4.0%)
インターネット 
2,670万件(前年度比+140万件、+5.6%)

モバイル回線
第4四半期
28.8万増
2019年12月31日
110万件(前年度比+94.8万件)

自社株買い
第4四半期にチャータークラスA普通株式およびチャーターコミュニケーションホールディングスLLCの普通株式560万株を約26億ドルで購入
2019年通期では上記の株式1,900万株を約76億ドルで購入


一時は動画配信サービスに駆逐されるかと不安視されていたケーブルテレビ業界でしたが、高速インターネットを家庭や中小企業に低コストで提供できる位置を占めているようです。
実際に高速インターネットの加入者は増加傾向です。
顧客が求めるものを低コストで提供でき競争もきつくない。
しばらくは安定して稼ぎそうです。
おまけにキャッシュフローも潤沢で、自社株買いにも熱心です。
この組み合わせからいえるのは、長期保有ですね。





メルマガ

わが家が実践する米国著名投資家をものまねして株式投資をテーマにメルマガほぼ週刊更新中です!!
無料登録はこちら



ランキング参加してみました。
大変励みになります。
応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ