第2話「その男 ”麦わらのルフィ”」のあらすじです。


海賊王を目指して船出をしたモンキー・D・ルフィですが、
さっそく海で遭難してしまい、大渦に飲み込まれてしまいます。



一方、とある島では、女海賊金棒のアルビダが、
仲間とともに、停泊中です。ここは、アルビダの休息地。


金棒のアルビダは、金棒を振り回す怪力の女海賊で、
仲間たちからも恐れられています。
そんなアルビダのもとで働かされるコビーという雑用と、
主人公のルフィが出会います。


コビーは海軍に入って偉い海兵になることが夢なのですが、
コビーは弱虫で泣き虫で根性なしです。


ところで、ルフィはどうやって大渦から脱出できたのか?
弱虫コビーはどうなるのか?


ルフィと金棒のアルビダとの戦いがこの第2話です。


そして、ルフィは第2話で、ロロノア・ゾロという男が、
今、海軍に捕まっているということも知ります。