東大合格者が出ました!!!!
 
合格率100%(1期生)
立ち上げ初年度から、東大合格者を輩出。
1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!
 

詳細の紹介ページはこちら

 

 
東大文系受験者のためだけの数学講座、絶賛受付中
ご好評につき、お問合せをたくさんいただいています。
関連ページは
定員は残り数名です。
 
エド・はるみさんが、慶応大学院の修士を取得!
ご無沙汰しております。
しばらくブログお休みしてましたが、元気です。
新学期の開講時期なので、準備にいそしんでおります。
 
さてさて、面白いニュースが飛び込んできたので、書いてみようかと。
 
一世を風靡した、お笑い芸人のエド・はるみさん(年齢非公開)。
慶應の修士を取得とのこと。相変わらず活動的で素晴らしいと思いますね。
お馴染みの「グゥ~~」のギャグ、今もやってるんでしょうか。
 
僕が注目したのは、この部分
研究内容は「身体的アプローチによってネガティブな感情をポジティブな感情に反転させる“ネガポジ反転”手法の検証」と説明している。
 
ネガティブな感情を、ポジティブな行動で上書きするということですね。
 
この手法、僕は経験的によく知ってますし、本で読んだこともあります。
生徒には、「思った事<言った事<やった事の順で強い」とよく言ってます。
笑顔で全力で走りながら、落ち込むことは出来ないのです。
 
今の時期、最も大切なこと
これから、1年後の受験に向けて新生活が始まるわけですが、最も大切なことは入り口のスタンスです。
そこで私の教室には、こんなのを壁に張りました。
 
{835CFD6C-FB5D-4B70-8241-2EF1E22CEE19}

 
「やる気」も「本気」も、スタンスは負け。負けを認めつつも、頑張って追いつこうというものです。
これに対して、「その気」は既に勝っている事が前提。「やる気」と「本気」との間に、超えられない壁があります。
 
では、「その気」になるにはどうすれば良いかと言うと、結果を出す人と同じ行動をする。
行動が変わると、次第に心も変わっていきます。
これが、エドさんの「ネガポジ反転の手法」とそっくり。
なんか気分が乗らない時には、エドさんバリに「グゥ~~」とやってみれば良いのでは?(例えばね)
 
 
『笑う数学』(KADOKAWA)が発売中。発売後13日(素数)で重版決定!!

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon販売ページ

 
『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)デビュー作が発売後10日で重版決定!

Amazonの購入ページはこちら

 

image

 

<書籍の紹介>

『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)Amazon購入ページ

 

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon販売ページ

 

日本お笑い数学協会の小ネタ集 販売ページ

 

ダイヤモンドオンライン

拙著『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)の関連でダイヤモンドオンラインに記事が掲載されております。

 

第1回:同じ、違う、順番の3つだけで論理思考がマスター出来る

第2回:「同じ」点を探せば、帰納法や演繹法が理解出来る

第3回:結果を出す人は、なぜ計画好きなのか?

第4回:論理思考を身につければ、東大合格も夢じゃない

 

<動画>

・動画番組『チャンネルくらら』様にて、レギュラー出演中!

Youtubeで「チャンネルくらら 平井基之」で検索お願いします。

対象:政治経済、歴史などの教養に興味がある方など

 

・動画番組『お笑い数学教室』にてレギュラー講師として出演中!

Youtubeで「お笑い数学教室 平井基之」で検索をお願いします。

対象:お笑いが好きな方、中学生の方、中学生以上のお子様がいらっしゃる方。

 

<平井基之のHP>

公式HPのリンク

お仕事の依頼、活動内容、塾生募集ページなど

 

<歴史に学ぶ人生講座>

㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから