東大合格者が出ました!!!!
 
合格率100%(1期生)
立ち上げ初年度から、東大合格者を輩出。
1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!
 

詳細の紹介ページはこちら

 

 
東大文系受験者のためだけの数学講座、絶賛受付中
ご好評につき、お問合せをたくさんいただいています。
関連ページは
定員は残り数名です。
 
東大合格者ランキングが発表by週刊朝日
今年も東大合格者数ランキングの分析をしていきます。去年の記事は、こちらのリンクから
 
早速上位30校のランキングです。前回のブログから、若干修正されてます。
※全ての高校が載っているわけではありません。(筑駒、雙葉などは未掲載)
 
前回のデータからの変更点は、主に海城高校と、日比谷高校の合格者数が掲載されている点。
やはりどちらも上位に食い込んできました。
 
さて、拙ブログでいつも主張していること。
「東大に行くなら、関東が絶対有利!」
今年も、地でその路線を行っています。
 
先ほどの表の中で、関東の高校だけに色を塗ると
 
やはり、真っ赤。特に上位層は関東の高校ばかりです。
具体的には、上位15校のうち13校、上位30校のうち20校が関東近辺の高校。
地方から東大に入学する人数は限られているのがお判りでしょう。
 
ちなみに、この上位30校の合格者数を合計すると、1331名。
全東大生のうち40%が、特定の30校の学校から入学しているということになります。
(ちなみに、筑駒のデータがないので、実際はもっと高くなるでしょう。)
 
これを、全ての高校まで範囲を広げると、1800人以上が関東出身です。(全体の6割以上)
今も地方の東大受験生に指導をしていますが、地方の生徒さんほど、情報とノウハウがない!
戦略的に言えば、敵の様子が分からないまま戦っているのが、地方の受験生です。
 
逆に、東京近辺にいると、ちょっと知り合いを辿れば東大生に行きつく。
東大受験のノウハウもあるし、情報も入り易い。そういう塾が無数にあるので、特化した対策が取れるわけです。
 
ということで、今回は最新の情報を流したり、ノウハウを提供するために、地方の方も参加出来るような講座を用意したわけです。
 
次回も、別の角度から突っ込んだ分析をしてみます。
 
『笑う数学』(KADOKAWA)が発売中。発売後13日(素数)で重版決定!!

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon販売ページ

 
『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)デビュー作が発売後10日で重版決定!

Amazonの購入ページはこちら

 

image

 

<書籍の紹介>

『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)Amazon購入ページ

 

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon販売ページ

 

日本お笑い数学協会の小ネタ集 販売ページ

 

ダイヤモンドオンライン

拙著『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)の関連でダイヤモンドオンラインに記事が掲載されております。

 

第1回:同じ、違う、順番の3つだけで論理思考がマスター出来る

第2回:「同じ」点を探せば、帰納法や演繹法が理解出来る

第3回:結果を出す人は、なぜ計画好きなのか?

第4回:論理思考を身につければ、東大合格も夢じゃない

 

<動画>

・動画番組『チャンネルくらら』様にて、レギュラー出演中!

Youtubeで「チャンネルくらら 平井基之」で検索お願いします。

対象:政治経済、歴史などの教養に興味がある方など

 

・動画番組『お笑い数学教室』にてレギュラー講師として出演中!

Youtubeで「お笑い数学教室 平井基之」で検索をお願いします。

対象:お笑いが好きな方、中学生の方、中学生以上のお子様がいらっしゃる方。

 

<平井基之のHP>

公式HPのリンク

お仕事の依頼、活動内容、塾生募集ページなど

 

<歴史に学ぶ人生講座>

㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから