拙著『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)絶賛発売中

Amazonの予約ページはこちら!

 

皆さま、いつもありがとうございます。

今日は、いつもと少し趣向を変えて、本のご紹介をしようと思います。

 

 

こちらに、以前から私が交流のある、㈱キャリアコンサルティングの代表、室舘勲様が特別寄稿をなさってまして、

非常に素晴らしい内容でしたので、ご紹介です。

 

採用側は命懸け

私もよく、塾生や学生の後輩に言うことなのですが、採用する法も真剣勝負です。

こちらの記事にも書きましたが、月給20万円もらうってことは、誰かが払ってるってことなんですよね。

 

月給20万円ということは、一年で240万円。

それにボーナスを足したら、もしかしたら300万円をこえるかもしれない。

つまり、採用面接というのは、相手に毎年300万円をはらわせる決断を迫ることに他なりません。

 

それくらいの決断をさせるのに、自分は真剣に取り組まないのか。

内定をたくさんもらっておいて、「もっと良い待遇の会社が表れたら、蹴っちゃおう」とはなにごとか。

内定をもらうことは大切だとしても、自分を評価して、拾ってくれた会社の人事の方を裏切って良いのか。

そのような人が、会社に入って大事な約束を守れるのか。

 

などなど、もはや社会人というか、人として大切なことが書かれています。

この会社、毎年、数千人規模で、学生さんの就活支援をしていいまして、内定率もほぼ100%に近い数字。

しかも目指すところは、就活ではありません。

就活の先の、職場での活躍とな。

恐れ入ります。

そのプロの特別寄稿ですから、読まなきゃ損です。

 

企業が求める人材とは

さて、この特別寄稿。

最後に、非常に気になる話題で終わります。それが、新卒採用で求める人材についてです。

 

普通に考えると、

・仕事のできる人

・結果が出せる人

・コミュニケーション能力がある人

・リーダーシップが張れる人

 

などなどが思いつくでしょうが、この記事では、全く違うことが書かれています。

それは、「続ける人」だそうです。

 

能力がなくても、結果が出せなくても、それより「続ける人」が大切なの??

そうです。

その理由が、ハッキリ、分かりやすく書かれています。

誰でも納得のいく理由でしょう。

 

そして、有り難い事に、「続ける人」になるための3箇条も教えてくれています。

誰でも実践出来る、その3箇条とは・・・

 

と、これ以上書くと、営業妨害になりそうなので書けませんが、ぜひこれをお読みの学生さん、就活生の皆さんも、

ロジカル面接術をお読みくださいませ。

 

【告知】

・数学の解説動画@チャンネルくらら
 
・世界の憲法@チャンネルくらら
 
・楽しく学ぼう!シリア現代史@チャンネルくらら

・チェ・ゲバラの半生の解説
 
・アメリカ・イスラエルのユネスコ脱退の真相とは!?

後編はこちら

 
・日本お笑い数学協会の小ネタ集が発売中!
 

◆平井基之の公式HP◆

私の活動が全てまとまっています。お仕事の依頼などもこちらのページからどうぞ。
 
◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆歴史に学ぶ人生講座◆

日本一面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!