各種告知、最新情報は公式HPにて発信中です!!

----------------
 
戦略で受験を攻略しようシリーズの一貫として、ここ最近はインプットとアウトプットの話をずっ書いています。
勉強とはインプットの作業だと思われがちですが、実は鍵はアウトプットにあって、アウトプットの仕方が上手いと、習得スピードが速くなるというものです。
 
今日は、この動画をご覧くださいませ。
千原ジュニアさんと、ロザンの宇治原さんがメインのバラエティ番組ですが、チラチラと本格的なことを言っています。
 

 

動画の中で、「ユダヤ式勉強法」というのが紹介されています。

詳しくは動画を見てほしいんですが、学習したものを喋りながら勉強するというものですね。

 

別に僕は「ユダヤ式勉強法」の回し者でもなんでもないですし、皆さんにこの勉強法をオススメしているわけでもありません。

勉強法に対する考察を深めてほしくてご紹介しています。

 

慣れるしかないとか、量をこなすしかない、勉強量を増やすしかないと思っている人ほど、実は色んな勉強法を試していなかったりします。世の中には色々な勉強法があって、効果が全く違うということを知って頂きたいですね。

 

では、ユダヤ式勉強法の効果について、簡単にコメントしておきます。
人間、覚えていないものは、絶対に喋れません。だから喋る事によって、覚えているかどうかのチェックが出来ます。

また、人はアウトプットを繰り返すことによって、記憶を定着させています。

インプットを繰り返しても記憶は定着するんですが、頭の中で言い直したり、口で言い直したりすることによって、その効果が増します。

だから、喋りながら勉強するっていうのは、効果があるでしょうね。

 

ちなみに、僕が東大受験をしている時の話をすると、覚えたくても、中々覚えられないことがいくらでも出てきますよね。その日覚えてても、一か月後には忘れちゃうとか。

 

そういうものは、どこかにメモをしておいて、夜に嫁に喋ってました。

しかも、それ自身を喋るだけじゃなくて、その周辺のことまで含めて。

 

例えば、日本史の出来事が覚えられないとしたら、その事件が起きた背景や、事件の経過、その結果や事後の影響なんかを、昼間のうちにまとめておいて、夜に嫁に喋るわけです。

 

英単語や古文単語であれば、自分で例文を作ってみても良いし、語呂合わせを作って発表してもよい。

良い意味で嫁を“利用”させてもらいました(笑)

 

覚えられないものこそ、アウトプット!これ、効果があります。

 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
AD