今日も、東大数学の解説です。 

2016年の理系第三問、早速問題を見てもらいましょう

 

問題文も短く、図形の作り方も求めさせることもシンプルな問題ですね。これ、はっきり言って得点率高いと思います。恐らく、多くの受験生が半分以上得点したのではないかと思います。

というのも、難しいポイントが計算のみだからです。

 

普通、数学の問題っていうのは、問題文を読み解くのが難しいとか、立式するまでが難しいとか、場合分けが煩雑だとか、様々あるのですが、この問題に関してはそういう難しいポイントがほとんどありません。

 

問題文を読んだ段階で最後まで方針が見えてしまいますし、使う公式も分かってしまう。敢えて言えば、面積を求める公式は実際に計算してみないとわかりませんが、xy平面上の面積を求めるだけなので、それほど面倒にはならないだろうな、とわかります。

 

そのあとの微分も、面倒かもしれないけどやれば出来そう。とにかく丁寧に計算を進めていけば得点出来るだろうなと予測が付きますから、真っ先に手を出して良い問題です。

要するに、受験生であれば、この問題を見た時に、このくらいまでは読めるようになって普通だという事ですよ。

 

東大数学は空間の問題が良く出ます。難易度はまちまちで、難しい場合は非常に難しくて、誰も解けないようなものもあります。

しかしこの問題は、絶対に点数を取りたい問題です。

15点以上は必須。ちょっと時間をかけても計算ミスをのチェックなどをして20点を狙いたい問題でしょうね。

近年は、受験生の計算力を試すような問題がたくさん出ますから、日ごろから複雑な微分の計算なんかは、訓練を怠らないようにしましょう!

 

ということで、あまり解説する事がないので、手書きの解答を貼り付けて終わらせてしまいます。

 

問題の解き方に関しても、ほとんど難しい所がありません。とにかく最後の微分計算を間違えないようにするだけ。

丁寧に図を書いていけば、直角三角形だっていうのも気付きますね。完璧に解けるようになるまで、しっかりと解きなおしして下さい。

 

では、今回は以上です! 

------------------
大学受験のお仕事なんでも承ります
セミナー講師、塾講師、家庭教師、文章の投稿や書籍出版など、何でもござれ。
教師としての得意技は・・・
・大学受験レベルを一人で全科目指導
・志望大学のキャンパス案内ツアー開催
・平井流、成績の上げ方とは?
・志望校合格のための、最適な戦略とは? などなど
お問い合わせは、こちら!
pipinee_again@yahoo.co.jp
------------------
日本から数学嫌いをなくす活動しています!
数学嫌いを数学好きに変えるイベントを開催して
数学が「分わからなかった」から「面白い」に変えます!
お問い合わせはこちらから!
日本お笑い数学協会 公式HP
https://peraichi.com/landing_pages/view/joma
「お笑い数学教室」の開催レポート
http://asunokibou.net/?p=1513
------------------
歴史上の偉人、「武田信玄」「安田善次郎」から、充実した人生の送り方を学びましょう。
他にも、東大文理両方合格の経験から、なぜ人生に勉強が必要かを語ります。
講演依頼は、こちらのURLから
㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンク
http://www.speakers-bank.net/hirai-motoyuki/
------------------

AD