整理されてない知識は、覚えてないのと同じ

 

大好評の本シリーズ、第三弾です!

 

第1回:場合の数・確率を体系的に学ぼう①基礎概念の習得

 

第2回:場合の数・確率を体系的に学ぼう②「並べるのはP、選ぶのはC」は間違い

 

東大に合格したければ、場合の数・確率をマスターせよ、という内容を動画番組で喋りましたが、(こちらからチャンネルくららの夏期講習・東大数学攻略法

場合の数・確率は、非常に重要な単元。

 

対策が難しいって言われたりするけど、本当?整理して教えてもらってないからじゃない?

というのが、僕の意見。

 

確かに、教科書では整理してまとまってません。

というか、基礎計算の概念が適当に定義されすぎなんですよね。

 

本を買ってあっても、買った事すら忘れてしまったり本棚のどこにあるか分からなくなったりすることがあると思いますが、

それって最早、本棚に存在していないのと同じじゃないですか?

 

知識も同じで、一度覚えたとしても、頭の中で整理されていなければ、覚えていないのと同じです

覚えることばかりに執着せず、整理することにも時間や労力をかけるのも大事なんですが、そういう人ってあまりいない。

 

今からでも遅くない。

知識の整理を始めましょう!

 

ということで、場合の数・確率を体系的に学べる記事は、いつも通りHPで更新しました。

こちらからどうぞどうぞ。

 

場合の数・確率を体系的に学ぼう③教科書でバラバラに登場するパターンを整理して把握しよう ←リンクはこちら。

 

 

【告知】

・9月9日10:30~12:30
お笑い数学教室~笑えて役立つ数学ネタ詰め合わせ~
 
・世界の憲法@チャンネルくらら

・東大数学攻略法@チャンネルくらら
 
・憲政の常道を1時間でマスターする授業動画
 
・日本お笑い数学協会の小ネタ集が発売中!
 

◆平井基之の公式HP◆

私の活動内容、告知、東大合格塾の生徒募集ページ、お受けしているお仕事の内容などがまとまっています。こちらのページからご覧ください。
 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆歴史に学ぶ人生講座◆

日本一面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!
AD