東大受験を制するには、地理が大事

私の主宰する東大塾では地理も重視して取り組んでいます。

文系の東大受験者は、かなり多くの方が地理を選択して受験するからです。

ただ、中々手が回らないのが実情。

そりゃそうですよね。英語、数学、国語、歴史、地理だったら、最後に手を付けるのが地理ですから。配点は同じでも、メインっぽい科目の方が力が入ります。

 

地理は対策がし辛い

と同時に、地理は対策が難しそうです。

まず、地理の受験者が少ないですから、参考書や問題集も多くない。商業ベースに乗せるなら、マーケットが広い英語や数学が多くなるのは当たり前です。

 

さらに、「こういう問題が出たら、こう解く」というような、パターンの解法や、お決まりの解法が流通していない。

記述式の問題だという時点で見えづらいのですが、マイナー科目だと余計にそうなります。

 

入試は教科書の範囲から逸脱しない!?

さらにさらに問題なのが、教科書に書かれていない事も出題されること。

 

よく「大学入試は教科書の範囲から逸脱しないように出題される」と言いますが、これ本当でしょうか?

そりゃ、教科書を読み込むと色々な考え方が登場しますから、それらを駆使すれば、かなりの幅広い問題が解けると思いますよ。

しかし、教科書に書いていない知識問題が出題されることはありますし、難易度だって教科書を軽く超えます。

 

数学が教科書範囲を超える例

数学で言えば、通過領域の図示問題なんかが典型例ではないでしょうか。

先ごろ、塾生にも体系的に教えたのですが、教科書では学べないから、各予備校、塾などが通過領域の問題をわざわざ取り揃えて、解説授業を行っているはずです。

 

こういう、予備校でしか教えてもらえない数学の技法って結構たくさんあるくせに、入試であまり見ないモノも結構あります。

でも通過領域は頻出!

教科書の知識を応用すれば解けないことはないのですが、やや逸脱気味と言って良いのではないでしょうか。

※ちなみに、通過領域の問題は、①関数の解の配置の問題として解く、②ファクシミリ論法、③包絡線、などがありますね。

 

地理で教科書を超える例

社会科でも同様。

試しに、2014年の東大地理の問題をご覧ください。

 

 

 

 

ここで話題にしたいのは、(2)の問題です。

地熱発電の設備容量が95年以降、なぜ停滞しているか。立地条件を踏まえて記述せよ、という問題。

さて、みなさんお判りでしょうか?

 

予備校が発表する模範解答としては、

開発候補地の付近には国立公園があり開発が規制されているため。

地元住民の開発反対の声が上がっているため。

周囲の温泉の枯渇を心配し、反対されるため。

景観保護の視点から反対されるため

などが書かれいます。

 

これに対して、教科書や参考書なんかを広げてみたんですが、地熱発電に関して書かれている事と言えば、
安定的にエネルギーが取り出せる、開発が進んでいない、火山の近くで開発される。

ということくらい。

国立公園のことには、触れられていません。

 

どうすれば対策出来るか

まあ、この問題は難しい方でしょうし、解けなくても合格点は取れるんでしょうけど、東大地理では繰り返し教科書の範囲を超える設問があります。
2009年の第三問
2000年代に入り、公共事業(土木・建設)に従事する従業員が減った原因はなんでしょう?

なんかは、どうすれば解けるんでしょう。

日本史でもここまで細かく覚えないでしょうし。

 

オトナの常識として、建設業者は政府など行政機関から直接支払いを受けていることを知っていれば、政府予算が削減されるっていうことに気付けるんですけど、そんな事は教科書に書いてありません。

これは、ジョウシキを学べと言うことなのか。

教科書は大切ですが、教科書に書かれていないことに、いかにアンテナを張り巡らせるかも非常に大切ですね。

 

ということで、私の東大塾では今度、そういう大人の常識を学ぶ回を開催してみようかな、なんて企画しています。

主に、戦後の日本が歩んできた大きな出来事について、一つ一つ触れながら学びます。

科目は、社会系なら何でもOK。地理でも、日本史でも、政経や現代社会にも関わりそうですね。

 

受験勉強を中心にしなければならないのは当然ですが、教科書や参考書ばかりを眺めていては視野が狭くなることもあるでしょう。(実際、世間の流行からは疎くなりますし笑)

受験は奥が深いですね。

 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
AD

先週末に開催した、お笑い数学イベントで、私が披露したお話です。

 

文系と理系の境界線って?

私も元々理系でしたから、よく分かりますが、理系って社会科目や国語に興味がない方や、苦手な方が非常に多い。

対して、文系は文系で数学とか理科が苦手で、数式を見るのもイヤっていう場合もよくあります。

 

でも、

実は文系と理系って、ハッキリ区別しなくても良いんじゃないの?

文系とか理系ってわけない方が、面白いんじゃないの?

と思うことがしばしば。

 
 

私、東大を文理両方合格した男と、仰々しく名乗っていますが、理系の好みも文系の好きな話題も、私なりに理解しているつもりです。

 

ということで、今日は理系と文系の折衷の話。

中身は文系ですが、理系の人が楽しめる話です。

 

日本人が最も大好きな素数とは?

日本には、伝統的に大切にされてきた素数があります。

もしかしたら、日本で最も大切にされて来た素数と言えるかもしれません。

それが、17です。

 

17と言って思いつくのは、やはり憲法17条でしょう。そうです、今日のメインテーマは憲法。

でも、憲法17条の他にも、17にまつわるお話が隠されていたのって、ご存知でしたか?

 

17にこだわった、日本の法

日本では歴史的に、法に対して17を聖なる数として扱ってきたようです。

これは憲法17条に由来するとのこと。

今は法学部では、憲法17条のことを重視する人はいないらしいですが、歴史的には重視されてきました。

 

例えば、604年の憲法17条の制定から約100年後、西暦701年に作られたのが、大宝律令という法です。

律は刑法、令は民法だと覚えさせられますね。この大宝律令に隠された17の数字をご存知でしょうか。

実は、大宝律令は全17巻でまとめられています。(律が6巻、令が11巻)

 

ついでに言っておくと、これは単なる偶然なんでしょうけど、大宝律令から17年後の718年に養老律令が出来ます。17がたくさん登場して覚えやすいです。

こんな風にして年号を覚えていたので、年号暗記はあまり苦ではありませんでした。

理系の方が、年号暗記が得意かもしれませんね。

 

他にもたくさん登場する17

大宝律令は、奈良時代の始め(というか、飛鳥時代の最後)に制定され、奈良時代も平安時代も朝廷を中心とする政治体制の法としてずっと機能してきました。

(ちなみに、明治維新まで続きます。ついでに言うと、憲法17条は今も失効していないらしいです。)

それが、鎌倉時代になり鎌倉幕府が出来ると、幕府を中心とする政治体制が出来ます。すると当然、鎌倉幕府版憲法が必要。(厳密には憲法ではないかもしれませんが。)
そこで登場するのが、御成敗式目です。
この御成敗式目は、全51条で構成されています。そうです、17の3倍ですね。

 

さらに室町幕府が成立すると、登場するのが建武式目ですが、建武式目は全17条です。

ほら、17だらけでしょう。

 

そして室町時代の最後には、戦国武将たちが活躍しますね。

戦国時代は、その土地で力を持った武将たちが独自に政治を行っている時代。

ということは、もちろん武将が制定する法も登場します。

これも17条がたくさん登場します。

 

朝倉孝景条々(17条)

伊勢宗瑞十七箇条(17条)

大友義長条々(17条+追加8条)などなど

17条が好きなんですねぇ。

 

一つお茶目(!?)なエピソードがありまして、伊達政宗で有名な伊達氏が制定した塵芥集という法は171条あります。

17の倍数にしようとして間違えたのか、それとも170条に追加したのか。

逆に覚えやすいですが(笑)

 

明治時代の17条

さてさて、時代は進んで明治時代。ここでも17が登場します。

 

明治と言えば、もちろん大日本帝国憲法です。

というか、この憲法を制定するのが、一つ大きな目標だったのが明治維新ですからね。憲法が新しく作られるのは当然です。

 

さて、この大日本帝国憲法は何条あるかというと・・・73条です!

あれ?17の倍数じゃないじゃないかと思うかもしれませんが、ちゃんとあります。

 

明治以降の憲法(近代憲法)は、章立てになっているのですが、第1章の天皇に関する規定が17条あるんですね。

制定の過程は詳しく知りませんが、17条に揃えようとしたという話は聞いた事があります。

 

日本国憲法には17が登場しない

しかし残念ながら、現在の日本国憲法は17条でもなければ、17の倍数でもありません。

全体が103条で、第1章の天皇規定も8条です。

どうせなら17の倍数にしてくれれば良かったのに・・・とちょっと残念ですね。

 

ということで、日本人が法に対して17を大切にしてきたのがおわかりいただけたでしょうか。これが素数だというのも、理系には嬉しいところ。

歴史と言うと、どうしても数字には関わらないような気がしてきますが、実はそうではありません。至る所で数字や数学、理系が絡んできます。

 

今後も、少しずつ紹介していこうと思います。

 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
AD

大変お世話になっている方が、新著を出されたという事で、早速読みました。

↓アマゾンのリンクはこちら↓

 

「応援される人」になりなさい アウェーがホームになる“人間力”

 

こちら、私が以前からお世話になってる勉強会を主宰の、室舘勲社長の新しい本です。

面白くて一気に読んでしまいましたが、このブログの読者の皆様にも、非常におススメだと思いましたので、ご紹介です。

 

「アウェーがホームになる“人間力”」とは、面白いタイトル。
周りが応援してくれない、反対ばかりされる、孤立することがある、などのお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

成功する人は、応援されるようになると、もっと成功する

ここ最近、スキルアップや、〇〇力を付ける事が流行っています。

良い事だと思いますが、この世間の傾向に対して、衝撃的な一言から本書は始まります。

しょせん、“自分の力だけで”できることなどたかが知れています。独力で世の中をのし上がってきたというと一見かっこよく思えます。

でも実は、そういう人たちでも、きっと誰かに応援されてチャンスを掴んできているのです。

たしかに、私にも思い当たる節がたくさんあります。(というか、あり過ぎです)

例えば、僕が1年半ほど前にしていた、東大受験でもそう。

 

受験というと、本人の努力が一番大事だと思われていますが、実際は努力出来る環境を作れるかどうかも、かなりの大きな要素になります。

美味しいご飯を作ってくれて、お風呂を沸かしたり、洗濯をしたりと援護射撃をしてくれるご両親がいたり、無償で質問対応に付き合ってくれる先生方がいて、初めて頑張ることが出来る。

 

僕は大人になって受験しましたから、自腹で生活費と受験料を稼いだり、妻や家族、友人たちに支えられているのが、非常によくわかりました。

 

受験生の努力をサッカーに例えるなら、フォワードでしょうか。

受験生はフォワードとして、得点を決め(成績を上げる)ますね。しかし、フォワードまでボールを回してくれたチームメイトがいるのを忘れてはならないでしょう。

本書を手に取られたみなさまは、誰に応援されなくても、自分の力だけで成功をつかみとれる人かもしれません。

ところが、応援されるような人になったら、もっと成功します。

自分の実力磨きと同時に、バックアップを受けられた人たちへの感謝を忘れないよう。そして応援される人間になり、更なるステージへ上りましょう。


社会人にオススメの部分

全体がビジネスマン向けに書かれているので、絞れないと言えば絞れないのですが、敢えて取り上げるなら、第二章が特にオススメです。

 

第二章のタイトルは、応援「される人・されない人」の分かれ目です。

まずは、応援される人の共通点から始まります。

1、あいさつの声が大きく、明るい人

2、嬉しさ、楽しさを率直に表現できる人

3、…

と、6項目挙げられます。

一つも当てはまらない人、一つしか当てはまらない人は応援してくれないのは分かりますが、

6つ全て当てはまる人も、応援されないと書かれています。

何もかも条件がそろっている人は、応援してあげたいという気にならないからだそうです。

 

それでは、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

それは「ありのまま」の自分を見せられるかどうかだそうです。

 

数年前に、同じフレーズが歌詞になった歌が流行りましたが、どれだけの人がありのままの自分になれたことでしょう。

という冗談はさておき、ちゃんと「ありのまま」の自分を見せる方法や、「ありのまま」になるのが難しい理由が、丁寧に書かれています。

 

応援される社会人になるためには、ここを重点的に読むことをオススメします。

 

受験生にオススメの部分

社会人としてだけではありません。

生徒として、後輩として応援されるためにどうするかのヒントもたくさん載っています。

もう、私の塾生全員に読ませたいと思ったのが、第四章の最後の2節

人に学ぶ時に自分をさらけだしてみる

“まな板の上の鯉”になってみる

です。
 
もう、何度書いたか分かりませんが、成績を伸ばしたい時に、すぐに「良い先生に習おう!!」と思い立ってしまう方、ちょっと待ちましょう。
 
同じ授業を聞いていても、成績が伸びる子と伸びない子がいるし、
同じ塾に通っていても、合格する子としない子がいます。
だから、どう考えても生徒側、つまり学びを受け取る側にも、責任があります。
 
先生側が、「受け持った生徒を合格させられないのは、全て自分の責任だ」と思って指導するのも、当然の心構えですが、それとこれとは別。
担当の先生を良い先生に変えるよりも、生徒自身の授業の受け方や、習う姿勢を変えた方が何倍も効果があるということです。
良い先生に習った方が良いのは当たり前ですが、その前にすることがたくさんあるのです。
 
塾に通っても中々成果が出ない。自分は上手に塾や学校を使えているのか不安だ、という方は、是非お読みくださいませ。
 
経営者、マネージャー職の方にオススメの部分
最後にちょっとレベルを上げて、商売をなさっている方にオススメの部分です。
ズバリ、第八章、ちょっと素敵な「人付き合い」の仕方
 
この章は、御著者のお父様の話が中心です。
お父様は、青森県は下北半島で、数十年も商売をなさっている方です。
毎朝早く、市場や競りに出て仕入れ、トラックに乗せて下北半島の隅々まで移動販売をしてらっしゃいます。
個人経営ですから、大手のスーパーなどには勝てない部分もある中、普通は手に入らない最高級の大間のマグロやウニを安く仕入れることがあるそう。
 
ソロバンの上での商売をしていては実現出来ないことをしているのは、まさにお父様が地元の方々に「応援される」人だからだと思いました。
 
売れ残った最高級のミカンを大量に買い込み、馴染みのお客さんの家に無料でおいて回った話は、思わず膝を打ちます。
一度読んだら忘れられないエピソードが満載!

 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
AD