今日も訪れて下さり、ありがとうございます。
各種告知、最新情報は公式HPにて発信中です!!
 
 
今日は、超マニアックな情報です。
恐らくこんなことを気にして生活している人は、世の中でもあまりいないのではないかと思います。適当な予測ですが、多くて数百人、もしかしたら数人かもしれませんね。
 
何かというと、今日は国公立大学の出願期間の2回目の火曜日です。
ほら、意味が分からないでしょう!?でも、東大受験においては、非常に大切な日なのです。
 
東大受験においては、足切りラインが非常に大切です。
足切りラインというのは、東大受験の資格が与えられるのに必要なセンター試験の点数の事です。
足切りラインを越えられたら受験資格が与えられ、超えられなければ出願しても門前払い。受験票が届きません。
 
このラインが何点になるかで、全国の学校や塾、予備校が大騒ぎします。
そりゃ、生徒を東大に出願させるかどうかって、その学校や塾の実績に繋がりますからね。先生達も必死です。
 
その足切りラインですが、素人の個人であっても、塾や予備校より正確に予想する方法があります。
東大の足切りラインを、最も正確に予想する方法 という記事で書きましたが、東大のHPで毎日17:00に更新される、願書の届け出数をチェックするのです。(詳しくは、リンク先へ)
届いた願書が、一定数を越えれば足切り発生。越えなければ足切りが発生しません。大きく超えれば、足切りラインが高くなり、ギリギリ超えるくらいなら、低いラインで収まります。
 
但し、東大も法人ですから、お休みがあります。土日はHPを更新してくれません。
なので、月曜日の17:00にアップされる数は、土曜から月曜に届いた三日分の合計の数だということになります。
 
そして、国公立大学の出願期間は、毎年月曜日から始まります。今年で言えば、1月23日が初日でした。
そして、願書の受付期間は10日間です。
という事は、月、火、水、木・・・と数えていくと、二回目の水曜日が願書の締め切りだという事になります。今年で言うと、明日の2月1日ですね
 
さあ、以上の情報をまとめると、今日がなぜ大切かが分かるでしょう。
今日は、二回目の火曜日です。
理科Ⅰ類に出そうか、Ⅱ類に出そうか・・・などと迷った時に頼りにする、東大の願書届け出数は、月曜日の17:00、つまり昨日の夕方に、しかも三日分の合計数がアップされています。
そして、水曜日、つまり明日締め切りの願書を提出するには、今日中に提出しなければなりません。
という事で、最新情報を見つつ、締め切り間近まで粘ると、今日しかないということになります。
 
こういう状況を踏まえて、今日は午前中に【号外】まだ間に合う!東大足切りラインの、現時点の分析はこうだ。 という記事をアップしました。
(今日は、3本のブログ記事アップです。がんばりました。)
 
世の中の東大志望者のうち、一人でも役に立ってくれれば良いなと思い、地道にやっています。
 
このままだと、今日は画像がないまま終わってしまいそうなので、過去の東大願書届け出数と、足切りラインのデータの画像を貼り付けておきましょう。
 
 
6日目は土曜日、7日目は日曜日なので、データがありません。
黄色いセルは、大安の日です。
毎年大安の日にたくさん願書を提出するので、大安の次の日に数値が飛び跳ねます。
2011年は、11日目の発表がありませんでした。
 
という事で、今日はここで終わります。
 
半分以上・・・いや、完全に僕の趣味の領域の話で、ここまで興味がある方がいるのか分かりませんが、書いてみました。
こんなマニアックな話に、お付き合い下さり、ありがとうございました。
 
《ブログランキングのクリックをお願いします》

12月の月間PVは、42000超え!!いつも読んで下さりありがとうございます。
下のアイコンをクリックすると10ポイントが加算されて、私のブログのランキングが少しずつ上位に行きます。多くの方に見て頂けるよう、ご協力下さい。

 

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにあります。ご興味あれば、覗いて下さい!
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
 
◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。
AD
今日も訪れて下さり、ありがとうございます。
各種告知、最新情報は公式HPにて発信中です!!
 
この記事は号外です!!
緊急で発信した方が良いかなと思い、いつもと違う時間帯にアップしています。
 
ここ最近、ブログへのアクセス数などをチェックしていると、東大の足切りラインを気にして訪問して下さる方が、非常に多いようです。(普通の記事の10倍近くアクセスされています。)
本当にありがとうございます。
と同時に、皆様に少しでも有益な情報が発信出来たのかなと思い、大変嬉しく思っています。
 
さて、明日が東大の出願締め切り。
という事は、今日書留で郵便局に持っていくかどうかを決める人も、中にはいるでしょう。
現時点での、最新情報をまとめてみますので、よろしければ参考にして下さい。
 
※と言いつつも、私は出願すべきとか、出願すべきではないなどと、断定は一切しません。必ずご自身で判断して下さい。
 
 
まず、最も重要な点。
現時点では、全科類で足切りが発生しない可能性があります。
と言い切れる根拠は、こちら
 
 
これは、東京大学が毎日発表しているデータです。(つまり、最も信頼できるデータ)
このリンク先から、随時見る事が出来ます。
 
一週間ほど前に、東大の足切りラインを最も正確に予想する方法という記事の中でも書きましたが、東大は毎年、届いた願書の数を毎日公表してくれています。
僕の知る範囲では、この情報はあまり知られていないように思います。
河合塾や駿台予備校の、残念ながら当てにならない情報を頼りに、運試しのように東大に出願して、足切りに合ってしまう受験生が非常に多い。
でも、毎日このページをチェックすれば、不要なリスクを減らすことが出来ます。未来の東大受験生は、是非知っておいて欲しいですね。
 
さて、上の画像の見方をご説明しましょう。
例えば、文Ⅰを見て下さい。
募集人員が401名に対して、第一段階選抜倍率が3.0倍ですね。
401×3.0=1203 ですから、1203人しか文Ⅰを受験出来ないという事です。言い換えれば、1204通の願書が届いた瞬間から足切りが発生するという事になります。
これに対して、昨日の17時の時点で届いた願書の数は1007通
なので、このままだと足切りが発生せず、文Ⅰに出願した人はどんなにセンター試験の点数が低くても、受験資格が与えられるという事になります。
もしくは、上の画像の志願倍率と、第一段階選抜倍率を比べても同じ結論が得られます。
 
これと同じ作業を、他の科類でもしてみて下さい。
すると、現時点では全科類で足切りが発生しない可能性があるのが分かります。あくまで現時点では、ですが。
 
但し、注意してほしいのは、今日と明日で大量の願書が届いて、倍率が急増する可能性もあるという事です。
上のデータは、締め切り2日前のデータですから、まだ確定ではありません。最終的には、締め切り日が来てみないと、世界中の誰にも分からないです。
 
しかし、過去の傾向を掴むことは出来ます。
僕が頻繁に閲覧している、東大情報に関して最強のサイトから、情報を引っ張ってみましょう。
※画像が小さくて見辛いかもしれませんが、その場合は上のリンクへ飛んでください!
 
 
 
これを見ると届いた願書数は、昨年比で
文Ⅰ +9%
文Ⅱ +9%
文Ⅲ -7%
理Ⅰ -3%
理Ⅱ +11%
理Ⅲ -9%
 
という事が分かります。
 
昨年の足切りラインの情報と合わせてまとめましょう。
 
これを見ると既に願書を提出した人は、昨年の足切りラインと、予備校の予想を参考に出願しているのが、はっきりと分かりますね。
昨年の足切りラインや、予備校発表が低ければ、そこに出願が殺到する。逆に、昨年の足切りや予備校発表が高ければ、そこは避ける。
その結果が、願書届け出数に見事に表れています。
 
という事で、僕の現時点での予想は、
文系3つは、足切りがない、もしくはあったとしても、それほど高くないだろう。
理Ⅰは、足切り昨年並みか、少し下がる。
理Ⅱは、今年は足切りが恐らく発生!現時点で理Ⅰより高くなる可能性があります。注意!
理Ⅲは、足切り発生は、ほぼ確実。でも昨年より下がりそう。
となります。
 
------------------
13:45追記
理科Ⅱ類はここ8年で2番目の出願数が多いです。
過去のデータから見ると、720~730点ほどになる可能性があります。
 
理科Ⅰ類は例年並みですが、理Ⅱに比べてやや高くなる傾向があるため、やはり730点前後になる可能性があります。
------------------
 
何度も言いますが、これは生データを元に、順当に予想したらこうなるという話であって、判断を私に委ねないでください。私に出来るのは、情報の提供と簡単な予想だけです。
責任を取れと言われても、困ります。必ずご自身で判断して下さいね。
 
という事で、情報をしっかり集めた上で、後悔しないように出願先を決めて下さい。
 
 
《ブログランキングのクリックをお願いします》

12月の月間PVは、42000超え!!いつも読んで下さりありがとうございます。
下のアイコンをクリックすると10ポイントが加算されて、私のブログのランキングが少しずつ上位に行きます。多くの方に見て頂けるよう、ご協力下さい。

 

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにあります。ご興味あれば、覗いて下さい!
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
 
◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。
AD
自己紹介、各種告知は公式HPにて発信中!!
 
さあさあ、ついに明日から2月です。
2月と言ったら受験のシーズン。都内でも中学受験の解禁日で、いわゆる御三家中などは明日が入試日です。
また、都立高校や私立高校も2月がメインシーズン。
大学受験はセンター試験や1部の私立大学は1月から入試が始まりますが、ほとんどは2月です。特に、国公立大学の前期試験は毎年固定で2月25日ですからね。
明日から、若い世代が勝負に出るわけです。
 
と、そんな矢先、全国の大学のセキュリティが問題になっています。
 
タイトルを読んでそのまま。全国の18大学の研究室のウェブサイトなどが、ハッカーによって書き換えられていたという事件です。
本音を言うと、そんなのやられてるに決まってるだろ!!という感じ。
書き換えられててビックリしてたら、遅すぎます。
 
日本って何でも、事が起こってから対処するクセがあるのか、予防とか対策が甘いと思うんですよね。
予防医療より治療の方がメインですし、最近話題になっている共謀罪の話もそうです。
※共謀罪っていうのは、政府を倒そうとかっていう、極めて凶悪な犯罪に対して、計画した段階で罪だと認定して、逮捕出来るようにする話です。が、野党を中心にいつも反対になっていて、やっと最近まともに話し合えるようになっています。
 
こういうサイバー攻撃なんて、パソコンが一般化した時からずっと話題になってるのに、省庁とか大学とか、セキュリティが甘いっていう話は、何度も聞いた事があります。
 
今回話題になっている全ての大学が「個人情報は流出していない!」と発表しているそうですが、怪しすぎる。。。流出してて当然だと思って、厳重に予防してほしいと思います。
 
一つ気になる事を取り上げましょう。
今回のハッキングは12月18日と1月7日に集中していたそうです。
これ、どういう意味なんでしょうね。
別に僕の推理が当たっているかどうか分かりませんが、とりあえず直観的に単独犯かな?って思いました
組織的に、毎日大学のウェブサイトにアクセスして、ハッキングをかけているわけではなくて、ハッカーが特定に日にお金で雇われて、ハッキングを行った。12月18日にやってみたら、簡単に出来たので、1月7日にも依頼された。
なんて、事を想像してみました。真相はどうだか分かりませんが、真相を突き止めるより、セキュリティをしっかりするほうが大事です。
 
と、今日はもう一つ関連するニュースを。
警視庁がサイバー攻撃に対する防犯強化を発表しました。
 
警視庁が、インターネット上のサイバー攻撃に関する情報を自動的に収集し、企業に注意を促すシステムの運用を始めます。
電力やガスといった重要インフラを中心とする事業者など約100社がシステムに参加。
サイバー攻撃の動きをつかみ、企業に警戒を呼びかけることで、被害防止につなげるとのことです。
 
こういう動きは歓迎です。
特に、インフラを中心とする企業を参加させるという発想が良いですね。
インフラがストップすると、生活が本当に大変ですから。電車が止まるだけで大騒ぎしてる状態なので。
皆さんが少しでも安全・安心できるように、今日はこのニュースを取り上げてみました。
 
【〆の一言】
個人のサイバー対策って、どうしたら良いんでしょう??誰か教えて!!
 
《ブログランキングのクリックをお願いします》

12月の月間PVは、42000超え!!いつも読んで下さりありがとうございます。
下のアイコンをクリックすると10ポイントが加算されて、私のブログのランキングが少しずつ上位に行きます。多くの方に見て頂けるよう、ご協力下さい。

 

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにあります。ご興味あれば、覗いて下さい!
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
 
◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。
AD
私の公式HPが開設されました!!
 
・毎日二回のブログ更新は今まで通り、このアメブロで運営します。
・告知やリンクなどをほとんど消しましたので、ブログが見やすくなったと思います。
・今後の私の活動に関しては、HPでまとめて発信していきます。
※HPについてのご意見やご感想などあれば、是非教えて下さい!
----------------------------
前回までは、東大英語の過去問研究を行ってきた、本シリーズですが、今回からは国語に行きましょう!
 
東大は、理系でも二次試験に国語の問題があるという事で有名です。
逆に言うと、理系の受験生は二次試験で国語を使うことはレアケース。つまりセンターで人生の国語の勉強は終わりというのが普通です。(さらに、私大専願の場合は、国語の試験は一切ありません)
 
しかし東大では、昔から理系の学生にも国語の記述式の問題を解かせます。
という事は、東大は理系学生にも、国語の読解力や記述力が必要だと考えているのでしょう。
平均点が低く、あまり対策をしない理系の受験生が多いのも、これまた有名ですが、私は理系でも国語の対策をしっかり行うべきだという考えです。
 
と言っても、理系と文系では、国語の配点や解答時間が違います。
簡単にまとめてみましたので、どうぞ。
 
理系は文系の問題の簡易版と言うのか、文系は理系の問題の強化版と言うのか、どちらが正確かは分かりませんが、ほとんど同じ問題です。
 
が、文系は4問構成で、第一問が評論文、第二問が古文、第三問が漢文、第四問が現代文(エッセイ風の場合が多い)となっています。
理系は文系の第四問がなく、全体で3問構成です。
 
2016年の問題を比較してみましょう。
すると分かるのが、理系は文系の設問をカットされているだけです。
つまり、設問がひねられているとか、聞き方が難しくなっているわけではなく、単純に設問数が減らされているだけ。
つまり、文系にだけ存在する問題は、比較的難しい問題、もしくは時間がかかる問題という事になるでしょう。
 
具体的に言うと、
文系の古文の(三)と(四)をカットして、文系の漢文の(一)の現代語訳の一つと、(三)をカットしたのが理系の古文でした。
 
さらに、設問の内容を見てみましょう。
(もちろん、本シリーズの主旨なので、問題を解く必要はありません。眺めるだけです。)
 
これは、2016年の国語の第一問の設問部分ですが、お気づきでしょうか?
まず、漢字の書き取り以外は、全て記述問題であること、
そして、全て「どういうことか、説明せよ。」という問題であることが、非常に特徴的です。
2016年はたまたま「どういうことか」ばかりでしたが、もう一つのパターンとして「なぜか、説明せよ。」というのもあります。
東大入試は、ずっと昔から「どういうことか」と「なぜか」という問題が出題され続けているそうです。
 
また、最後の設問以外に字数指定がありません。
その代わりに、(上の画像からは判断出来ませんが)行数指定があります。
40字程度が書ける枠が2行与えられる場合が多く、つまり80字程度でまとめる力が必要です。(字数は、その人が書く字の大きさによります)
 
一方、最後の設問は、いわゆる120字問題と言って字数指定です。解答用紙にはマス目が与えられています。
 
と、色々書いてきましたが、今日は全体像をお話しました。
東大の問題はひたすら記述ばかりで、出題パターンが2パターンしかなく、理系と文系がほとんど同じ問題である、というようなポイントは、問題を広げて眺めてみれば、誰でもわかると思います。
 
こういう事が低学年のうちに分かっていれば、国語の記述力を付ける訓練をしようとか、古文も漢文も真面目に勉強しようという、戦略が立てられます。
やはり、分析が基本だということです。
 
《ブログランキングのクリックをお願いします》

12月の月間PVは、42000超え!!いつも読んで下さりありがとうございます。
下のアイコンをクリックすると10ポイントが加算されて、私のブログのランキングが少しずつ上位に行きます。多くの方に見て頂けるよう、ご協力下さい。

 

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにあります。ご興味あれば、覗いて下さい!
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
 
◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。
私の公式HPが開設されました!!
 
・毎日二回のブログ更新は今まで通り、このアメブロで運営します。
・告知やリンクなどをほとんど消しましたので、ブログが見やすくなったと思います。
・今後の私の活動に関しては、HPでまとめて発信していきます。
※HPについてのご意見やご感想などあれば、是非教えて下さい!
----------------------------
おはようございます。
この記事をお読みの皆さんは、通勤通学中が多いのではないかと思います。
利用するのは、電車でしょうか?バスや徒歩の方も多いでしょうね。
私が以前勤務していた高校は、車社会のド真ん中でしたので、ご両親に車で送り迎えしてもらっている生徒も少なくありませんでした。
 
しかし、「タクシーで毎日通ってます!」という方は珍しいでしょう。
 
何しろ、タクシーって少し贅沢です。
便利だし、楽だし、荷物が多かったりすると、つい乗りたくなってしまう。
でも、電車なら数百円のところを、1000や2000円払うのは勿体ない・・・
と、頭の中でそろばんを弾いてしまいますよね。
 
そんなタクシーの料金体系が、都内で一新されます。
 
これまで2km730円だったところ、約1kmまで410円そして、237mごとに80円が加算されるそうです。
※23区と三鷹市と武蔵野市で適用されるそうです。
 
これは、大幅な値下げです!!
1km以下の短距離ならば、約45%OFFです。
 
都内の電車料金は、150円~200円程度が最低料金です。
200円くらい余分に払って、大きな荷物と一緒に運んでくれるって考えると、実は結構便利かもしれません。
あとは、3人で移動する時なんかは、むしろ安いって事も考えられます。
 
とまあ、こんな感じで、短距離の利用客を増やして、収益を上げる目論見の用ですね。でも結構アタリなのではないでしょうか?
これだけ安くなれば、利用回数を増やすっていう方も多いと思います。
ちなみに、6.5kmを超える長距離利用は、値上げになるようです。
 
これから高齢化が進みますから、これは嬉しい値下げなのではないでしょうか?
あとは、オリンピックもあります。
海外のタクシーに比べて、日本のタクシーの初乗りって高い印象があります。
ご高齢の方や、外国人の方であれば、行先を伝えるだけで目的地まで待ってるだけなんて、ピッタリのサービスですから、タクシー利用は増えるでしょう。
 
これからのシーズン、地方の方が東京で受験する場合なんかも、便利かもしれませんね。
地方出身者にとって、東京の電車は複雑すぎます。
というか、かれこれ15年くらい東京に住んでますが、未だに把握しきれませんからね。
 
と、このように、ますます東京の生活が便利になります。
これから、移動手段としても、電車やバスと並ぶ日が来る!?
 
【〆の一言】
とは言ってもさすがに、通勤通学はタクシー利用とはならないか
 
《ブログランキングのクリックをお願いします》

12月の月間PVは、42000超え!!いつも読んで下さりありがとうございます。
下のアイコンをクリックすると10ポイントが加算されて、私のブログのランキングが少しずつ上位に行きます。多くの方に見て頂けるよう、ご協力下さい。

 

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにあります。ご興味あれば、覗いて下さい!
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
 
◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。