胸を張って。 | 河野ぶどう園・さちこの部屋

河野ぶどう園・さちこの部屋

執筆息子。美味しい葡萄と農園のはなし。

夏の間、一生懸命筋トレをしました。特に鍛えたのは背筋。あせるあせるあせる背筋をふくらはぎから首筋まで、きついの我慢して頑張りました。背筋がピンと張って姿勢が良くなれば良いな、と思いまして。


昨日の閉店間際、ある人が牡蠣を買いに来店されました。

名前も知らない初めての人ですが、私は、その人が来るのを待ってました。いや、待ち構えていたと言った方が正しいでしょう。
(9月の半ば…馴染みのお客様に聞いてました。)

お店に入るなり、その人は言います、
「わたくし事ですが、実は、、、」

とても大事な家族の方が、今日、明日がヤマで、越えられるかどうか、、、ということ。


そして
【最後にどうしても九十九島産の生牡蠣を食べたい】とおっしゃってると。…知っていたのです。このひと月、この事ばかり気になってました。

今年は温暖化で特に牡蠣の育成が遅い、と漁師さん達は口を揃えます。さらに言うと、大村湾産の方は間に合うけど、九十九島産は、もっと後にして欲しい、、、と言われました。
なんとか九十九島産を、そこをなんとか!少しでも!…そう言って牡蠣シーズン開幕初日にわけてもらいました。


私は、お店に来たその人に九十九島産の牡蠣をお渡しし、丁寧に生牡蠣の開け方を説明しました。すぐに食べられるよう軍手とナイフ、ハサミも渡しました。そして深々とお辞儀をし、最後にこう伝えました。

 

「牡蠣を食べ尽くした人が、最後行き着く最高の牡蠣、それが九十九島産の牡蠣です。」

 

その人のご家族の方が、どういう理由で九十九島産の牡蠣を食べたい、とおっしゃったのかは存じません。でも九十九島産の牡蠣がどれ程美味しいのかは、分かります。
いつどんな時に食べたとしても最高のご馳走である、と自信を持って言えます。

この時、私は、
大切な家族が、今にも生涯を終えようとする人に向かって、にっこりと笑顔で送り出せたことに誇りを覚えました。
背筋がピンと伸び、胸を張ってました。でも決して筋トレのせいではなかったと思います。

(おわり)

 

ご予約、お問い合わせは、

菊陽、松橋かき小屋、店長 

(九十九島産牡蠣に絶対的な美味しさを確信したのは、いつだったろうか?13年前に最初に来たお客様、谷川さんが今年も早速来てくれた。もうそれだけで、いつだったかなんてどうでもいいか!)河野まで。

090-9654-1408