前回前々回の続きで第三回です。

これはよく言われていることかもしれませんが、
『自分なりの解く順番を決めてしまいましょう!』

何回か試行錯誤するうちに、自分にあったやり方が決まると思います。
また、決めることにより本番でも落ち着いて臨めます。

ちなみにですが、私は時間がなくて焦るのが嫌だったので、
時間のかかる記述→文章理解→多肢選択の順で解きました。

最初に記述をしたのは、
万一分からなくてもその後にすることになる択一に
ヒントがあればラッキーと考えていたからです。


後は順番通りに、
基礎法学→憲法→行政法→民法→商法・会社法、
そして一般知識でした。


個人個人でやりやすい方法が違うでしょうし、
自分なりのやり方を見つけてくださいね。

ぁ、マークミスには気を付けてくださいね!


 

読者登録してね