いらっCHINA~海外起業・国際結婚の”カオスこもごも”の楽しみ方

いらっCHINA~海外起業・国際結婚の”カオスこもごも”の楽しみ方

2017年9月に北京で起業した異文化コミュニケーションコーチの起業日誌、中国人との結婚などの”カオスな日常”とその楽しみ方について綴ります。


テーマ:

今日で中国生活丸8年が経過して9年目に突入。前半4年は運気も良かったけど、後半4年は停滞気味。なのでこれからは好転サイクルに入っていくはず。

当初から最低10年を目標にしてきたけど、そこまであと2年。

基本的に波乱ですよね、北京生活。でも、この最も成長スピードの速い中国の今をリアルで感じられて良かった。

それが一番の収穫でしょうか。

テーマ:
投稿写真

久々に子どもの下校時に小学校へ迎えに行った。中国の小学校の校門前にいるのは殆どが祖父母で、父母もいるけど多くはない。

帰りの途中で文房具や翌朝のご飯なども買って帰ったのだけど、ほんの10分足らずの帰宅時間の中で見る子どもというのも、家の中でいつも接している子どもとはまた違った一面を見せる、ということに気付かされた。

というのは、もっと小さい頃とは異なり、子どもは子どもなりに独自に地域のコミュニティに立派に参加しているということ。

もう誰々の子、誰々の孫という形ではなく、独立した存在として地域コミュニティと付き合っている。

いつも買い物している大きめのコンビニの店員とは、これまでただの店員とお客という関係でしかなかったのが、娘を通して顔見知りとして互いにアップグレードしてしまった。

とても不思議な感覚。日本のお父さんの多くは仕事ばかりで家の中での子どもの姿しか見ていないケースが多いのだろうけど、たまには昼間帰って接してみると、こうした新鮮な発見があるのかもしれません。

子育てにおける幸せって、多分こうした物凄い些細な日常の中に存在しているものなのでしょう。入学卒業入社結婚出産とかのビッグイベントだけじゃなくてね。



テーマ:
投稿写真

投稿写真

今晩は西安料理のお店でbiangbiang麺を注文しました。味はお店によってまちまちですが、僕が今食べているのはとても美味しい。

Biangの文字は最も画数の多い漢字として日本でも知っている方が少なくありません。

ちなみに一文字で57画もあるために、スマホの変換候補文字にすらあがってきません。

四声は二声です。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス