入院①

テーマ:
倒れた2日後に心療内科に連れていかれた。




本来なら中学生なので児童精神科だが、病院の手違いで心療内科になった。





体重はたった2日で2.4kg減り、32.6kgなっていた。





診断はやっぱり拒食症。




即日の入院が必要とのことだった。





私は拒んだ。



「飲むから!飲めるから!!」



と言ってアクエリアスを一口飲んだ。



たった一口。。




なんとか入院から逃れようとした。



泣き喚いた。





精神科ではないので強制入院は不可。




本人の同意に基づく任意入院しかできない。




3時間以上かけて説得させられた。







しぶしぶ承諾。緊急入院。入院生活が始まった。






退院の目標体重は35kg。






一ヶ月で出てやる!そう意気込んで。







でもそんな甘くなかった、、




車椅子で病棟へ。




私は車椅子に乗ることも拒んだ。


意地だ。そんな弱くない。




でも低血糖。


いつまた倒れるか分からないからしばらくは車椅子生活だった。




トイレに行くにしろ何にしろ看護婦さんを呼んで手伝ってもらった。







「体重が少し増えるまで鼻からチューブを入れて栄養を送ります」


と言われたが拒否し、点滴だけにしてもらった。

(児童精神科だったら拘束されて鼻からチューブが強制的に行われる。心療内科で良かったと今でも思ってる)






週に何回かやる採血は、血管が細すぎてなかなか入らなかった。




何十回やっても入らなかったため、内股の動脈からとったこともあった。




激痛だった。





食事は最初は制限食。





1日800kcalからスタートした。



主食はおかゆ。




もちろん完食は無理。




点滴だけでお腹いっぱいになっちゃうし。





それでもまだカロリー計算はやめられなかった。




毎日800kcalのうちの何kcal食べたか、携帯で計算してメモしてた。

(摂食障害の人って、食べ物見ただけで、おおよそ何kcalかけいさんできちゃうんですよ)





お尻がなく尾てい骨が出っ張ってたため、床擦れができる。力がなくて寝返りも打てない。





車椅子&点滴生活であっという間に一ヶ月過ぎた。



目標だった一ヶ月で退院は無理だった。。





まだまだ入院生活は続く、、、