本日のあさいちご覧になられましたか?
組合加盟店の油谷さんのペットボトル、組合理事長の店上林さんの若旦那が棒茶の説明をしていました。棒茶の製造を紹介するところでは、あずま園さんが映っていました。

あの取材のあった日にあずま園さんに寄ったところ、ほんの先ほどまでいたということをおっしゃれておりました。

朝ドラ終わって、すぐに棒茶の紹介があったのでインパクトありました。

それを見たと
うちにも東京から一件注文が入りました。

東京でのほうじ茶ブーム
理由はわからないということでした。
このプロモーターさん全く日本語ができません。でも試飲無しで一日29個販売しました。
彼女は、商品を手に持ち広東語の説明文をひたすらに訴え続けました。

天候の影響で初日の販売に間に合わず。
水曜はプロモーターさん一人きり。
木曜の夜に、到着後売り場に着いたのは、夜8時。
このプロモーターさんが一人で一生懸命売ってる姿に感動したものです。

つぎの金曜は、二人で試飲をする。
それが売れる売れる。
初めてでよくわからない一生懸命さで、
何かと所用で外に出ていたにもかかわらずよく売れました。
価格が安いからかパッケージがよかったのか、
同じをお茶を三回売りましたが、売上の効率は回を重ねるごとに悪くなる。

まったくの知らない中に入り、知り合いは0の状態。こんな状態でよく売れたものです。
一方で回を重ねるごとに仲間は増える。

でもお茶はおいしいと飲んでくれるのが救い。

香港で初めて販売したときの画像。
この時の販売価格は、88ドル。
20コ入ったティーバッグ。
試飲するだけでドンドン売れました。
200コの商品がほぼ二日で完売。

この経験が香港への販売の礎になりました。
今から2年前の組合の会議で香港での販売の話があがり手を上げ乗り出しました。

国のクレアが主催するフェアでさんか企業は、東京か大阪に話を聞き行くことになっていて、
一日休むのも当日結構大変でしたが、
大阪に詳細を聞きに行き、参加してる企業がとても大きく見えました。名のある企業で海外に進出する
加賀屋さんに宿泊しています。
夜に風呂に行こうと向かう途中。
聞き覚えのある曲が耳に入ってきた。
一階のラウンジで生のピアノ演奏。

マイ ファニー ヴァレンタイン

ピアノを習ってた30才ころに弾いた曲
先週の香港マルコ・ポーロホテルでのパーティーでもその曲を聴いた。

こんな事はたまにあるのだろうけど、
非常に印象に残るのだけど、
自分以外の人には、ふーんで終わってしまう。

えーっ!って思うのは自分だけで、
興奮気味に話したところでふーんなのである。

もちろん僕もそのようなこと言われても、
ふーんだろう。

それを非常に興味深く聞くのは、占い師ぐらいしか思い出せない。

収入印紙を買いにコンビニに行ったら前の人も収入印紙を買っていた。
これも凄い偶然だけど
ふーんなのである。

でもこの何気ないことの重なりが奇跡に繋がる。

いいことが起こる気分がしてきた。
ついています!