ここ最近、迷子防止のためのゲートのことで

なかなかご理解いただけないことがあります。

 

まずね、ゲート。

本来ゲートとは出入り口の門のこと。

だからフェンス(柵)じゃないの。

ここ肝心です!

 

出入り口だから可動式のドア(扉)が付いてて

出入りが出来る物。

こんなのね。

 

これは先日お届けしたしおんちゃんのお家で

設置して下さったゲートです。

 

 

私たちはこれを飛び出し防止のために

玄関付近に設置お願いしています。

また、2階リビングのお宅の場合は

階段を落ちないように階段上に設置していただきます。

 

 

これはメロくんのお家で設置して下さったゲート。

階段転落、逃走防止の2つを兼ねています。

 

 

置き型のフェンスを置けばいいと

そう思われる方がいらっしゃいます。

人が通行する場所に置き型のフェンスを置くと

いちいちどけて通るのが面倒となり

置かなくなってしまう可能性が高いんですよ。

 

また跨いで通れる高さのサイズは

階段上に設置するのは危険です。

人がまたぐのも危ないし、わんこが乗り越えたら落ちます。

 

私たち、いろいろな経験をしています。

迷子の怖さも知ってます。

 

迷子になっても無事帰れた子は本当にラッキーです。

交通事故に遭ってしまった子

行方不明のままの子

わんこにとっても、人にとっても

とても不幸です。

 

ボランティアからわんこ、にゃんこを迎えるには

なんだかんだと色々言われる事も多いです。

ペットショップから買えばこんな小うるさい事は言われないのに

あ〜面倒臭いと思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで考えて欲しいんです。

なんのために保護動物を迎えようと思ったのか?

悲しい思いをした子

辛い思いをした子を

1頭でも幸せにしてあげたい!

そう思われたんじゃないでしょうか?

 

私たちも、もう2度と辛い思いをさせたくない!

思いは一緒です。

そのために色々なお願い、ご注意をするんです。

そこはご理解いただきたいんです。

 

うるさいからね、とりあえず付けておこう

とかじゃなくて

安全を守れるのは飼い主なんだって

そこを自覚して欲しいんです。

 

ゲートはわんこに協力を求めなくても

人間側で出来る安全策です。

すごく簡単に守れるんですよ!

 

つい最近、譲渡して1ヶ月程度すぎた子が

玄関から飛び出て迷子となりました。

 

慣れてきたところでの

人間側の気の緩みで

せっかく設置したゲートを閉めてなかった・・・

 

これじゃ設置の意味がありません。

 

保護して下さった方がいらして

1時間程度で無事にお家に帰ることができましたが

それで良かったね〜で終わりではありません。

 

私たち、逃走の原因をお聞きして

再発防止案をお話しして

実際に対策を立てていただくために

家庭訪問に行きます。

 

私たちにも仕事や家庭があるけど

そんなこと言ってられないくらい

迷子は怖いんです。

すぐやる課ってのがお役所にできたってTVで見たことあるけど

ほんと私たちも迷子情報が出たら

何をしててもすぐ行動です。

 

たくさんの方々の善意でせっかく繋いだ命です。

たくさんの方々の思いを裏切らないためにも

悲しませないためにも

責任があるんです。

でもね、何よりも託された命に対して

幸せになってもらわなきゃいけない

そんな思いでいるんです。

 

私たちに家庭訪問されないように

今一度、初心に戻って

お家の中の安全対策見直してください!

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

 

さ、迷子を出さないためにも

皆さんご一緒に歌いましょ!

歌っていれば閉め忘れないと思うよ!

中森明菜になった気分で

 

飾りじゃないのよゲートは ha han

閉めてと言いてるじゃないの ho ho

 

開けたら閉める

みなさんよろしくお願いいたします!