久々に将棋の話題。

A級の順位戦がおもしろくなっています。10人参加で佐藤名人への挑戦者一人を決めるという超難関ですが、なんと3戦戦っただけで、全勝が豊島八段一人だけという珍事です。それに続いて4人の2勝1敗陣がいます。

今回の注目株は何と言っても三浦弘行九段でしょう。前回、ソフト疑惑でとんだ濡れ衣を着せられましたからね。私もここに書きました。当時会長を務めていた谷川会長はその職を辞せと。そしてその通りとなりました。僕はそれを潔いと思います。当然という人もいますが、一時体調も思わしくなったほどですから責務を果たしたと思います。

 

当の三浦さんの方ですが、騒動があり、その疑惑が晴れてからの成績は今ひとつでした。しかしここへきて上り調子になってきたようです。これまで2勝1敗とは立派。何としてでも挑戦者になって頂き、頂点を極めてもらいたい。今回は羽生さんではなく、熱烈に彼の応援をします。

 

一方、奨励会の三段リーグでは西山朋香さん、残念ながら昇段(四段)にはなれなかったですね。次回を期待しましょう。

 

藤井聡太さんが連敗して、今は公式戦でも5敗を喫しています。先ほどA級で3連勝中の豊島さんにも負けましたね。でも、別に驚くことではありません。彼はきっとA級棋士に上りつめるし、タイトルも絶対に取れます。今はわざと遠回りをしているような気さえしているのです。最善手だけではなく、いろいろな手を試した方がいい場合だってありますからね。将来のために。伸びしろはまだまだありますよ。

 

話はがらっと変わって、

先日フライングエースという名前のスヌーピーの財布をゲーセンのユーフォーキャッチャーでゲットしたっていいました。これって、スヌーピーのコスプレのひとつだそうですね。知りませんでした。娘に上げるといったら、「要らない」とつれない返事。母親(妻)に黙ってこっそり5千円を上げようと思って入れておいたのに。

そこで、(これは使えるな)って思ったのです。

何に使うかというと、ミステリー小説のなかでです。友達が、ゲーセンでとったというスヌーピーの財布を恋人に上げる。恋人は嬉しそうに「ありがとう!」というが、心の中では「だっさい!」と思っており、それを中身も見ずに別の友達に上げる。しかし、その中には手紙とお金が入っていた。それを友達は自分に言ってることと誤解をしてしまう。

まあ、そんなところですか。殺人事件とは関係ありませんが。

 

なに? もうそんなネタ、とっくに出てるって?

 

 

 

 

AD