イエローダイヤネックレス インテンスまたはビビット ファンシーイエロー? | ダイヤモンド好き集まれ☆ ダイヤモンドブログ

ダイヤモンド好き集まれ☆ ダイヤモンドブログ

初めて買ったダイヤピアス、ダイヤに色があることも知らなかった!ダイヤを買う前にもう少し知識があれば、、、。そんな思いから、ダイヤ卸とダイヤのネットショップ12年の経験からできる限りのダイヤの情報を皆さんにお伝えしています。


テーマ:

ダイヤモンド好き(愛)☆の皆さんへ

毎日夜中の12時更新 

ダイヤモンド好き集まれ!ひろ助ですダイヤ

 

 

 

 

昨日に引き続き

 

イエローダイヤさん

 

 

”裸石(ルース)だとビビットイエローの色みが好きだけど、

ジュエリーに作るとどうなのですか?”

 

というお問い合わせをいただきました。

 

 

 

上差しポイント

色の表現

ファンシーイエロー

ファンシーインテンスイエロー

ファンシービビットイエロー

 

ビビットのほうがお色が濃くなります。

 

 

 

どういうデザインのジュエリーに作るかによりますので、

そこをよく考えがほうが良いと個人的には思います。

 

 

 

 

 

 

ポイントは、カラーダイヤさんは光が少なくなるとよりお色が濃く見えることが多い。

という点です。

 

 

 

 

例えば、こんなシンプルなデザインでも

 

1.ガードル部分のみ地金で囲むタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですと、横からもかなり光がはいるので、ダイヤモンドルースのままのお色がほぼでる場合が多いです。(若干濃くなりますが)

 

 

2.光がはいらないデザイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横からもしっかり囲んでいます。このほうがお胸元につけたときに、チクチクしないです。

 

 

 

 

ただ、囲んでいて、光があまりはいらないので、これはファンシーイエローですが、一つ上のお色みの濃さのように見えました。

 

 

 

 

 

 

リングも同様

 

 

 

 

 

これはビビットイエローさんでした。

 

 

このままのお色がよければ↑のように

光がはいるお作りですと

ルースダイヤさんのままのお色が出る場合が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、もし、

ビビットイエローのお色が好きで、光が入らないデザインでのお作りでしたら、

一つお色がはんなりになる

ファンシーインテンスイエロー

の方が良いのではと思います^^

 

 

 

 

 

今日も、ここまで、ダイヤモンドブログお読みいただき、本当にありがとうございます!

゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜
キラキラなダイヤを身に着けて、みなさんが ☆輝く☆毎日を過ごせますように☆彡 
読んだよ!という応援で
以下の画像を「ポチッ☆」頂くことが更新の励みになります!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
 ジュエリー・時計 ブログランキングへ

ひろ助

 

お問い合わせはこちらから
(アメブロに登録不要です!)
↓  ↓  ↓

お問い合わせフォーム

ひろ助さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります