パナソニックが倒産する日、2年連続、赤字7000億円超 | pink's blog - 学校じゃ教えてくれない経済学

pink's blog - 学校じゃ教えてくれない経済学

経済や政治について時事ネタを交えながら考え、今後の展開を考えるブログです。


テーマ:
シリーズ「パナソニックが倒産する日」第三弾となります。

日本に世界に、日本国家破綻を印象付けるに相応しい現象として、パナソニックが倒産するであろうことを予測して参りましたが、事は順調に推移しているように感じます。



パナソニック社長 「われわれは負け組」
2年続けて7000億円を超える最終赤字の見通しとなった「パナソニック」の津賀一宏社長は東京で記者会見を開き、「われわれは本業で負け組になっていると言わざるを得ない」と述べるとともに、ヨーロッパのスマートフォン事業から撤退するなど、採算が悪化した事業を見直すことを明らかにしました。
NHK 2012年10月31日

S&P、パナソニックを2段階格下げ
米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2日、パナソニックの格付けを「シングルAマイナス」から「トリプルB」に2段階引き下げたと発表した。2期連続で多額の最終赤字になる見通しとなり、財務内容が悪化したと判断した。
日本経済新聞 2012年11月2日

パナソニック株、一時400円割れ…37年ぶり
5日の東京株式市場でパナソニック株が一時、前週末終値比19円(4・6%)安の392円まで値下がりし、連日で今年の最安値を更新した。
読売新聞 2012年11月5日

今後、政府が国家破綻に伴う各処理を実行ために世論同意を形成するために、「国債暴落による政府財政破綻により云々」という具体的な経済論よりも、「パナソニックですら倒産する事態」という抽象的イメージ論の方が一般国民向けには有効であるため、政府としても、やはり、パナソニック倒産のインパクトは欲しいところ。

上場廃止、民事再生法、会社更生法、破産申請など、遠くない未来に起こりそうな気がします。

シリーズ【松下パナソニックが倒産する日】はコチラから
1. パナソニックが倒産する日、日本といえば富士山、富士山といえば山一
2. パナソニックが倒産する日、アメリカが米国債を踏み倒す方法
3. パナソニックが倒産する日、2年連続、赤字7000億円超え

PINKさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス