こんにちは
candy stripeです滝汗


前々回の続きです。


移植日決定の日
看護士サンに「移植日はご主人立ち会いますか?」と聞かれる

「えっ…立ち会い?」


(えっ、あの椅子に座っている所を見られるの…?)


治療をされている方にはお馴染みの(笑)
あの椅子ですね。






パッカーーーーン!






ってなるヤツねガーン
(画像はお借りしております)


私「立ち会いません」


と言って帰宅あしあと


帰って出張先にいる旦那っちに
「移植立ち会いしますか?って聞かれたけど、立ち会わない。って答えたよー!」
と言ってみると、



「立ち会うよ。」と言う旦那っち…


「えっ…あの椅子に乗っている私を見たいの?」と聞いてみる私


「○○(私)にばかりしんどいことさせられないよ。だから行くよ。」と旦那…


えぇーーーーっ…
私あの椅子に座っているの他人に見られたくないんですけどーーーーーー…

しかも、移植立ち会ったくらいでしんどい事自分も負担した事にはなりませんけどーーーーチーン


立ち会われたくないんですけどーーーーゲロー


この日から何とか直接的に言わずに立ち会わなくていいか。と旦那っちに思わせるかを頑張る私(笑)

「今回立ち会ってもすぐに妊娠するとは限らないしー?」

「人工受精くらい一瞬で終わるよ?わざわざ行かなくても???」


「立ち会いしたら希望が大きくなって、また妊娠していなかったら悲しみが大きくなるでしょう?だから…」とか


頑張りましたが、お互い意見が変わらず移植日前日まで過ごしてしまいます。


もう病院に立ち会います。と言っていないから立ち会いは無かった事にしたらいいか(笑)という事にしたのですが…


移植日当日は病院にはとりあえず一緒に行くよ。
という旦那の気持ちを無碍にする事も出来ず、予定になかった旦那と移植日に病院に行くという事になる笑い泣き


そして。
一緒に行ったけど、待合いでひたすら待たせるのも申し訳ないかなー?と思い
(移植の方へ)というプリントに載っていた

・移植日当日はまず培養士より説明があります。

と書いてあったので、受付で「説明まで主人と一緒に聞いていいですか?」と聞いてみる。


そして、無事主人も説明を聞いたところで、培養士さんが「立ち会いされますか?」と聞いてきましたゲローゲローゲローゲロー



旦那っちも諦めつつあったのに…

聞かれてしまったーーーーチーン


私が説明まで一緒に聞いてもいいと確認してしまったからーゲロー
いらない事をしてしまったからーゲロー





という事で結局立ち会い移植してきました。


普通の夫婦だと移植の瞬間を見られて感動キラキラっていう人もいるでしょうが…
わが家そういう感じじゃないじゃんねー???


そして。
やっぱり


旦那っちが発した言葉は
「一瞬やったな。」でしたゲホゲホ



あっかーーーーーーん(笑)







こんばんは
candy stripeですショボーン


ご訪問ありがとうございます照れ


ただ今移植周期です。
本日から黄体ホルモン補充の為 デュファストンを飲んでいるのですが…
まだ2錠しか飲んでいないのに…

もう吐き気が滝汗滝汗滝汗


プロギノーバの副作用でごはんもあまり食べられなくなったのに、食べ過ぎの時のような舌の荒れといい…

まだまだお薬続くのにどうしよう…




おはようございます
candy stripeですニコニコ


2018 6 20
D17  基礎体温36、28


大阪の北部にお住まいの皆さん
体調崩されていませんでしょうか…

私が住んでいる地域は震度4くらいだったので、今までとほぼ変わらない生活をおくれていますが、今はやっぱり火を使うのが怖いです…

北部にお住まいの方も早く心安らかに毎日を過ごせますように


2018 6 18 D15
地震の起きたこの日 私は移植日決定予定の日でした。

午前中の予約で先採血だったので、そろそろ出かけますかー
という頃に地震がきまして…



久々に結構揺れたなー…!!!


とは思ったのですが、
まさか交通機関が全てマヒするとは思ってもいませんでした。


家族から安否の電話がかかったきた時も「ニュースで見る限りでは普通そうだけどねー」なんて言われたりして
私も「だいぶ揺れたけど、大丈夫だよー?」とか言ったりして。
旦那っちももう勤務時間になってるし、安否確認のラインがきたくらいで、帰ってくる予定もないよーみたいな感じで…


クリニックに向かう電車が遅れたら遅刻しちゃうなーと思って念の為JRのホームページを開けたら…


あっ…止まってる?


時間を追ってホームページを開ける度に止まってる範囲が広がっている…

とりあえず、午前中には着かない!と判断して8:30の時点でクリニックに電話。


NTTが通じない事はありましたが、
クリニックにはちゃんと人が居ましたよ。


クリニックで働いている人たちもご家族もお家の事も気になっているでしょうにいつも通り気遣いの言葉まで頂いてホント感心しました。


午後には電車は動いているだろうという簡単な発想で午後診の予約。


結果
JRだけでなく、クリニックに向かう路線ほぼ全て止まりました。


もう行くの無理かなー…と思ったのですが、初移植なのでこの先どのように日程が決まるのか解らないので、出来たら今日行っておきたいかなーと4時間以上悩みに悩んで…

もうピルも飲んだし、D1からプロギノーバなんて数えられないくらい飲んだし、行くっ!となりまして…


一番早く再開した路線に乗る事を決めまして。


いつもの倍時間があれば間に合うかな…
と思い家を出ました。


2時間かかりました(笑)


しかも動いている路線まで自転車移動→電車→1駅分歩いてクリニックまで行ったのに…

ビルに着いたら


エレベーター停止(笑)


8階まで階段登りましたよ(笑)


心臓バックバク(笑)




無事到着しまして、移植日決定しました。


E2 439、1
P4 0、15

エコーもしましたが、
プロギノーバを飲んでいる為排卵しないので計測せず。

内膜10、1
(お薬飲まない方が内膜厚いねショボーン)


そして…


診察室に入って


移植日は25日にしましょう。
僕居ますしね。

と先生。



っつ…



えぇーーーーっーー!!!!



移植日ってこんな感じで決まるの???


もうコレって先生の経験値て決まるんですね…


とかなりの衝撃を受けつつ


移植日からの膣剤を選び、更にまだ飲み終わってもいない追加のプロギノーバとルトラールを貰って帰りましたとさ。


実はこの後、
えぇーーーーっ…という事があったのですが、長くなったのでまた今度チュー