中学 就学前相談5

テーマ:

中学で高校受験するのに内申をとるためには、支援級在籍でも全て交流級で授業&テストが必須で支援級にいる時間はほぼなし。

そうなると支援級に在籍する意味があるのかと思い始め。

教育センターの就学前相談にて

 

・行かせたい公立高校があり、支援級担任に話したらバタコに合っていると言われ、その高校を目標にしたい。

・内申の為に全て交流なら支援級在籍の必要はあるのかと思っている。

・進学予定の中学には、小学校は違うが幼稚園時代の友達もいて、同じ小学校以外でも通常級に知り合いがいるので心強い。

 

 

親の希望が通常級に傾きつつあることを話しました。

センターの方には

 

・支援級担任が希望高校が合っていると言うなら、バタコさんに合っていると思います。

・支援級の担任だけでなく、交流級の担任やバタコに関わりのある先生方が通常級で大丈夫と客観的に見ることが必要。

・何より本人の希望が一番

 

中学の進路希望は夏休み後に提出で、決定は年内なのでそれまでに決めてください。ということでした。

この相談の後に、夏休み前の支援級&交流級の個人面談があり、それぞれ担任に就学前相談での内容を話すことになりました。

 

そしてバタコ本人の希望を聞くことが大事ということで、夏休み中にゆっくり話そうと思いました。

 

 

前記事では支援がつかず不満なようなことを書きましたが、もちろん丁寧に指導してもらっていることを感謝しています。

入学してからバタコのペースに合わせてもらったおかげで現在、一人で色々とできるようになったのだと思いますし。

とはいえ、通常級の授業参観で支援級の先生がバタコではなく他の生徒の傍にいるところなどを見ると、複雑な心境になったりもして。

支援級と通常級のあいだに存在する子供って本当に居場所とか、支援とか、難しいなぁと感じます。

 

 

進路はどう決めても悩むだろうし、それはこれからもずっと続くことなんでしょうね。でもそれはどんな子供でも同じかな。

たとえ間違ってしまったとしてもやり直しはできますよね。

中学は小学校とは違いますが、バタコらしく過ごせたら一番嬉しいです。

 

 

いつもポチッとありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村


にほんブログ村

AD