正しいエアコンの選び方とは? | 株式会社ブレス ブルースホーム熊本中央のブログ

株式会社ブレス ブルースホーム熊本中央のブログ

家づくりは人生の一部。お客様と一緒に実現する、夢の住まいづくり。お客様の夢を余すことなく詰め込んだ、在来工法の完全注文住宅や、2×4工法の本格輸入住宅ブルースホーム。そんな家づくりの風景や、住宅に関する知識、ブレスホームの日常などを綴ったブログです。


テーマ:

みなさん こんにちはニコニコ 家づくり大好きおじさん 相馬どえすべーっだ!チョキ

いやぁ。 今朝は冷えましたねあせる

車に乗って温度計見たら、マイナス3℃でした滝汗

熊本市内でこれだけ冷えたら、僕の地元阿蘇髙森町はいったい何度やねんと心配になってしまいますあせる

まだまだ寒さはこれからが本番、皆さん体調管理には気を付けて下さいねウインク

 

ちなみに、私はもう何年もインフルエンザはおろか、風邪すら引いてませんチョキ

・・・。

 

なんとかは風邪引かないというやつなのか?

 

いや、毎日のアルコール消毒の賜物だな生ビール

今夜も美味しいお酒が飲めそうですデレデレ

 



さて。

 

そんな寒さで思い出しましたが、ブログのタイトルにもしている正しいエアコンの選び方に関してちょっと書きたいと思いますウインク

 

先日、昨年末にお引き渡しさせていただいた植木町のH様のお家にお邪魔した際、とても嬉しいお言葉をいただきましたキラキラキラキラ

実際に生活を始められた後の、生の声をお聞きするのが、これからの家づくりの為にもにとても重要なのですが、
 

『住み心地はいかがですか?』 とお尋ねしたところ、

 

『とにかく暖かくて気持ち良いです』とお答えいただきました。

『しかも、まだリビングのエアコン1台しか使ってません』とも。

ちなみに、H様邸のLDKは20畳。仕切りの無いパントリーや書斎、吹き抜けもあるので実際の空間としては約38畳ほどあります。

そこに取付しているエアコンは何畳用だと思いますか?

なんとビックリマーク

10畳用です。

 

ウソみたいに思われる方が多いと思いますが、本当です。

実際、取付に来られた電気屋さんも『本当に、この大きさで良いんですか?』と、何度も念を押されたそうですw

 

実際に、何の情報も持たずに家電量販店に行かれて、お部屋の広さを伝えると、実際の広さよりも大きめのエアコンを勧められると思います。
今回みたいな広い空間であれば、例えば30畳用とかのどでかいエアコンを勧められていたかもしれませんよね。

 

でも、考えてみてください。そもそも、30畳用のエアコンってなんでしょう?どんな家の30畳なんでしょうか?

 

スキマ風だらけの断熱も気密もあったもんじゃない家の30畳?

 

H様邸みたいな、高気密・高断熱の家の30畳?どちらも同じ「30畳」の広さですが、全く同じ能力が必要な訳がありませんよね。

本当に必要なエアコンの能力を知る時に、目安となる数値があります。それが「定格暖房能力」という数値で、カタログには簡単に『能力』という表示をしてある場合があります。

これは実際のカタログの抜粋です。
黒枠の部分、6畳用は2.5kwとなっているのが分かります。

ちなみに29畳用で10.6kw。

つまりこの数字が大きいほど、部屋を冷やしたり暖めたりする力が強いことになります。

 

そこで、実際に暮らすお家で、どの位の能力が必要なのか?

 

これは計算で求める事が出来ます。

 

ここで、重要になってくるのが家の断熱性能です。

現在の省エネ基準では、家の断熱性能を示すのに、UA値という数値が使われていますが、この計算ではQ値という数値が便利です。

Q値は、分かりやすく言うと熱の逃げやすさを表す数値。
小さいほど性能が良くなります。
熊本は2.7以下という数値が求められていると思って良いでしょう。

ちなみに今回のH様邸は、Q値2.1です。(UA値は0.52)


さて、本題。このQ値に床面積と温度差を掛けると、
必要な熱量が計算出来ます。


今回のH様邸の例で計算すると。
38畳=63㎡
熊本の冬の最低気温の平均=2℃
室温=20℃
Q値=2.1[W/㎡・K]

2.1×63×(20-2)=2381[W]=2.3kw

もう一度さっきのカタログを見てみましょう。

6畳用で2.5kw

つまり、計算上は6畳用でも足りることになります。

29畳用に至っては、10.6kw。
10.6kwで暖められる面積は

10600W÷2.1÷18=280㎡

 

169畳ですw どんな部屋やねん!!

 

家電量販店さんで勧められるエアコンがどれだけ過剰で、せっかくのほとんど能力を使っていないか分かると思います。

実際に私もこの計算の仕方を知った時は、驚きました。

それと共に自分の無知を反省しました。

家の断熱性能は、快適さだけではなく、お客様の健康に大きく係わります。

 

ブレスでは、お客様に長く健康で暮らしていただける為、高い断熱性能の家にこだわりを持っています。

先程のUA値で言うと、熊本の基準はUA値0.87。ZEHでは、それより高い0.6という性能が求められています。
ブレスの基準はUA値0.56以下で、今回のお家は、0.52です。

そしてその性能を見える化する為、全棟でBELS取得。しかも、全棟★5つですビックリマーク

BELSについて詳しくはこちら

お客様が健康でいつまでも幸せに暮らしていただける為、これからも高品質の家づくりを続ける事はもちろん、正しい知識と情報をお客様にお伝えして行きたいと思います!!

ものすごーーーく長くて、マニアックなブログになりました笑い泣き

もっと詳しくお聞きになりたいお客様は、いつでもお問い合わせくださいウインクキラキラキラキラ

感謝キラキラキラキラ

for smile 笑顔いっぱいの家づくり

クローバーブレスホームのホームページはこちらクローバー
 

家づくりに関するご相談・ご質問など、何でもお気軽にHPのお問い合わせフォームからご連絡ください。

 

ブレスホームに営業マンは居ません。訪問営業などは、一切行っていませんのでご安心ください。

ブレスホームでは、「プラン」も「お見積」も何度でも無料です。お気軽にお問い合わせください。

ブレスホームに、「標準仕様」はありません。
お客様の夢をたくさんお聞かせ下さい。世界にひとつのオンリーワンの家づくりを、お客様と一緒に行っています。

ブレスホームには譲れない「こだわり」があります。
「耐震等級3」
「設計・建設性能評価」

「長期優良住宅認定基準」をクリア
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の基準を超える断熱性能
 

お客様の大切な住まいと家族を守るため。
 

お客様に健康に笑顔で暮らしていただくため。

心を込めた家づくりを行っています。 

 

お気軽にお問い合わせください。

TEL 096-243-7311

 

ブレスホームのFacebookはこちら
ブレスホームのInstagramはこちら

株式会社ブレス ブルースホーム熊本中央さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス