トワイライトゾーン48

テーマ:

今日はキチンとジムへ♪

 
なんか、
一週間以上、行ってなかった感覚があるんだけど、
実際には2日だけ…
 
これが、ほんと不思議な感覚…
 
土曜日、
ジムへの出掛けに書面到着。
 
ざっと目を通して愕然…
 
完全に取り乱したまま、
とりあえずジムへ…
 
もうね、
怒りで心拍数が上がってるから、
最後の有酸素マシンなんか、
普段なら上でも150くらいまでしか行かないのが、
170のちょい手前まで上昇あせる
 
慌ててスピードダウンして、
最後は歩くくらいまで落として、
なんとか150以下の心拍数まで戻したけど…
 
帰宅後、
用を済ませ、腰を据えて書面を熟読。
 
怒りでクラクラする(笑)
 
こちらが提出した書面の数倍はある大量の書面…
 
{F891A585-2A74-4FC6-9812-6E60E68AEC5B}
 
{4D0C3170-039F-4221-8824-88F49A08D246}

あ、付箋はおいらが付けたヤツね♪
 
とりあえず、
内容は把握出来たので、
反駁書類の作成は明日以降に、
たっぷり時間かけてやろうかな、と。
 
気分を切り替えようと、
お疲れチャン突入♪
 
が…
 
酔わないのよ、これが…
 
夜中になったんで、
もう寝ようと横になるけど、
頭はフル回転中だから、
次から次へと反駁の文言ばかりが浮かんでくる…そりゃ眠れんわ(笑)
 
じゃあ、
疲れて眠くなるまで、
早速、書類の作成でもしよか?
って作業に取り掛かる。
 
・疲れたので横になる
・次から次へと文言が浮かぶ
・眠れない
・勿体ないから浮かんだ文言を入力
 
これを繰り返していたら、
すでに日曜日の昼過ぎあせる
 
観念して、
再度のお疲れチャン突入(笑)
 
ボケーっと競馬中継眺めながら、
芋のお湯割りをグイグイ♪
 
酔うは、酔うのよ…
 
酔うんだけど、眠くならない…
 
そしてまた、上の4つを繰り返す(笑)
 
そして夜…また飲むあせる
 
飲んだ勢いで、
〆のラーメン食べにサザンを聴きに行く(笑)
 
{863B0B3C-B3CD-49BC-BE7B-08959C82101E}

松屋の牛飯もテイクアウトで買って帰宅…でも、まったく眠れないあせる
 
もうね、
完全に諦めて、
落ちるまで書類作成してやろうと、と(笑)
 
そして、月曜日の朝8時すぎ…
 
A4用紙10枚にびっしりと、
先方の書面に書かれている内容の矛盾点や論理の破綻等々を論破する反駁書類完成♪
 
当初、初見では、
その書面の物量に怯みましてあせる
 
普段は、
 
  “神仏に自分の頼み事をする”
 
事を潔しと出来ないところがあって、
自分以外の人の事しか願掛けないんだけど、
さすがに今回は、
 
  (力を与えて下さい…)
 
って、
 
  “十字架とマリア像に線香あげてw”
 
手を合わせたの…
 
土曜日のお疲れチャンのあとにね♪
 
そしたら、
閲覧する書面のボロが次から次へと見えてくる♪
 
相手方弁護士をネットで検索してみると、
企業側専門と謳った都内のオサレ地域に居を構える法律事務所で、
アラフィフの代表のもと、
アラフォー&アラサーの若手4人が所属する形態。
 
  「かならず複数の弁護士で案件を担当するので、短期に多角度から対応出来る」
 
がモットー。
 
うんうん、
たしかに、読み込んでで、
ページによって微妙に文体が変わるところがあったし、
判例の引用の仕方もまちまちだったりしてた(笑)
 
その法律のプロ達が、
期限を超過した1ヶ月かけて作り上げた、架空の捏造ストーリーが48時間で解けた…実質的には24時間程度。
 
  (嘘でしょ?)
 
  (ひとりでボケて、ひとりでツッコんでんの?)
 
ってくらい、
あるページで主張してる事柄を、
別のページで完全否定する証拠を自ら提出していたり、
しっかり読み込むと、その内容を書ける人間は別人であると確実に限定される書き方ったりで、
都合、23項目にわたるこちらの反駁の項目、ひとつひとつの間に、
もしもブログであれば、

 
を貼り付けたくなるようなテイスト(笑)
 
でもさ、
なんだかんだ言っても、
向こうはバリバリのプロで、
こちらはド素人…普通に考えたら、
太刀打ち出来るワケないじゃん?
 
それが…
 
それって…
 
やっぱり、そうだと思うんだわ…
 
両親や祖父母、そして師匠…
 
普段、自分の事は願掛けないおいらが、
珍しく頼み込んで来たんで、
こりゃ大変だ、っつって…
 
そして、
書類の作成が完了した途端、
まるで口から液体を突っ込まれたシンゴジラみたいに、
パタンと眠りに落ちたの…
 
そして今日…
 
藤沢駅からジムまでずっと、
とても2日ぶりとは思えない感覚…
 
ひょっとしたら、
この48時間というのは、
実はおいらだけ一週間くらい経過していたのかも…
 
なんか、そんなようなことを…
 
 
 
AD