昨日、関西学生リーグ初戦。


リーグ初戦には「魔物」がいる。

なんて、よく私たち関係者の中で言います。


昨日は、私たちの大学よりもかなり格下の相手。

私は、当然勝てるだろうと思ってた。

3-0ぐらいが妥当だなって思ってた。


東京から試合開始時間に合わせて「がんばれ!!」

と祈ってみる。ドキドキ・・

試合が終わったであろう時間まで一人でそわそわ。

うろうろ・・携帯を何度も見たりして・・・・


負けるはずないよねって自分を励ます。

そこに・・・

携帯が鳴る。ブーブー、ブーブー


パカっ


「今日の結果は・・・



スコアレスドローです。


・・・・・・・」


えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まじでーーーーーーーー


ありえない報告に呆然。

だって、だって、リーグ1位突破を目指すチームが負けてはダメだろう

っていうところなのに・・。


なんかすっごいへこんだ。

初戦に魔物が潜んでるって言われてるけど、ここで勝ち点稼がなきゃ

あとで厳しくなる。


春のリーグも同等レベルまたは格上の相手には勝つまたはドローっていう

結果なのに、格下には変なところで、負けたりしてる。

それで、結局勝ち点で差をつけられて1部昇格ができない。

今季1部に上がったチームには負けたことないのに・・

すごく悔しかった!!!

でも、それは負け犬の遠吠えにしかすぎない


就活で私がよく言っていた言葉。

「強いやつが勝つんじゃない。

            勝ったやつが強いんだ!」

前評判とか関係ない。

シュートの本数とか、コート占有率とか、ずっと責めてたのにとか

練習時間が多いとか、関係ない!!!!

結局、勝たなければ何の意味も無い。


次節からは、調子を取り戻して今回の結果を挽回できるよう

大量得点で勝っていって欲しい。


まー、練習行ってない私がでかい口をたたくなって感じですが・・・