東山動物園の魅力

 

それは、

 

“ 柵の無い展示 ”がいくつかあること。

 

柵が無いとはキョロキョロ

動物と見学者との間に仕切りがないことです

こちらのキリン舎をご覧ください目

 

手前が少し段(坂)になっているだけで、見学者との間に仕切り(柵)がありません。

キリンは首と足が長いから、こういう坂が苦手なのかもしれませんが、

( 10㎝ヒールで、急な下り坂が降りれないのと同じ感覚かしら? )



人間(見学者)は入ろうと思えば入れますから。

 

子供なんて、目を離した隙に入ってしまいそう。

ま、飼育員さんが常にいらっしゃるようなので、大丈夫なんでしょうけど。



この日は、お食事タイムに遭遇することが出来ましたニコニコ



なんとなく動画を撮ってみましたカチンコ

 




柵が無いお陰で、キリンがどのくらい大きいのかを実感することが出来ました。

距離はありましたけど、やっぱり大きかったです目

迫力があり過ぎて、ちょっと怖さも感じました💦



どんどん続く~コスモス

 

 

チリ在住記も見てね★ ポチっと(´・ω・)ノ★*゚*ヨロシクデス*゚

ダウン

にほんブログ村 海外生活ブログ チリ情報へ

にほんブログ村