starbucks
旗こんばんは、龍司です コーヒー


2月16日の記事 (コーヒー戦争)に、

ピカさん から「六本木ってスタバだらけですよね」とのコメントをいただきました^^


確かに、六本木にはスタバが かなり多いです!(笑


starbucks
2月16日の記事 で紹介した↑ミッドタウンのお店もありますし、

(ミッドタウンの目立つ場所にあり、Tokyo FMのスタジオとコラボしてて雰囲気も良く、

私も ほぼ毎日利用してます(笑)


外苑東通りにも、、
外苑東通りのマックとスタバ
↑マックの隣にありますし(笑、

外苑東通りには もう1店舗あります^^


外苑東通りを通る人は、短距離の間に2回もスタバを見るので、

頭の中がスタバにジャックされることでしょう♪(笑


そして、、

今はBMWにジャックされている六本木ヒルズのメトロハットの中にも、、
starbucks

↓コチラ!

starbucks 地下鉄のエレベーターを登るところにあるので、

人通りも とても多いところですし、かなり目立ってます^^

ヒルズには、さらに、、
starbucks

↑TSUTAYAとコラボしたスタバもあり、、

私もTSUTAYAで本を買って、スタバのソファーでコーヒー飲みながら

読みますが、とても快適♪


starbucks


本とコーヒーの相性って、とても良いですよね^^


ヒルズには スタバが もう1店舗ありまして、、

合計3店舗もあるんですよ (笑


旗ところで、、

なぜ、六本木には これほどスタバのお店が多いのでしょうか?


コーヒー好きな方が多いから?(笑


私は高校生~大学生の時、

六本木の喫茶店でウェイターをしてたのですが、

確かに 六本木にはコーヒー好きの方が多いかも、と思ったり。。(笑)


最近では、富裕層の方が多く集まってきているので、

ゆとりを持ってスタバを飲む層の方が増えてるので

スタバのターゲット層が多いからかもしれませんね^^


さらに、、

それ以外に考えられる理由が、、

↓この本に載ってましたので紹介します^^

※スタバの元マーケティング担当 ジョン・ムーア氏の

スターバックスに学べ 」の64ページ


※以下、引用


スターバックスロケーショニング戦略

「中心の中心に」(Main & Main)と呼ばれるもので、

不動産担当部門は、広告業者がビルボードの場所を選定するかのごとく、

人目につきやすい、往来の多い角地から、

店舗を構えるのに最適な場所を選び出す。


スターバックスが店舗の拡大を始めた頃、

一番お金をかけたのがロケーショニングである。


ビルボードやテレビCM枠の確保にお金を費やす代わりに、

土地を買い、次々に店舗をオープンしていった。


※引用、以上


なるほど~人が集まる「中心地」にお店を出店する、という戦略☆


確かに、スタバのある場所って スゴク目立つ場所が多いですよね^^


お店の立地条件へのこだわりは、多くのお店が行っているとは思いますが、

スタバの場合は徹底的に行っているという感じがしますよね^^


コーヒーの美味しさにこだわるとの同じくらい、

お店の場所にもこだわっているように感じます!(笑)


ビルボードやテレビCMに広告の予算を費やさずに、

目立つ一等地にお店を出して目立ってしまう!という考え方は、さすが☆


人通りの多い目立つ場所にお店があれば、

多くの人にスタバを見ていただけるので、最高の広告になりますから、

お店自体を広告にしている!という感じですよね^^


六本木にスタバが多い理由も、

六本木に多くの人が集まっているので、お店が注目されやすいからかも^^

ヒルズ、ミッドタウンができて、多くの人が集まり、話題にもなってますし、

街のイメージ的にも良いと思いますし♪

(私が高校生の頃と比べると激変しました(笑)


旗六本木以外にも、、

スタバのある場所って とても良い場所が多く、

広告効果の高そうなところが多いですよね^^

たとえば、渋谷のスタバ!
starbucks

スクランブル交差点に面していて、

かなり目立ちます!(笑



starbucks

今、この記事は世界中のいろいろな場所の方にお読みいただいていると思いますが、

きっと、皆さんが利用されているスタバも、

とても目立つ良い場所にあるのではないでしょうか?


世界中のお店自体を広告にしてしまうスタバの戦略、見事ですよね^^


スタバが世界中に普及した理由、

それは、「コーヒーの美味しさ」へのこだわりとともに、

「お店の場所」にもこだわっているからかもしれませんね☆



P.S.


ちなみに、↑冒頭の写真は、

TSUTAYAとコラボしたヒルズのスタバの店内から撮ったスタバのマーク☆

向かい側のヒルズのガラスのスクリーンに浮かぶデジタルの数字、「3」も

共に写ってます^^

AD

旗こんばんは、龍司です コーヒー


前回の記事(コーヒー戦争 )に 多くのコメントをいただきまして、

ありがとうございました☆ 


本当にコーヒーをお好きな方が多いんですね^^


特に、私と同じくスタバ好きな方が多くて嬉しかったです♪


あいさんHiroさん のように、

「スタバのおかげでコーヒーを飲めるようになった」という方もいらっしゃるように、

スタバのコーヒーは、本当にコーヒーを進化させたんだな~と感じます^^


スタバが登場する前のコーヒーは、

「美味しくないけど、とりあえず眠気を覚ますために飲んでおく」程度の

位置づけだったのかもしれませんが(笑、

スタバのコーヒーは、コーヒーの味自体を楽しめますし、

そのコーヒーを飲みながらリラックスした快適な時間を過ごすこともできますし♪


その味わい、その至高体験、、クセになります♪♪♪(笑
スターバックス


スタバが多くの方から愛されているのは、

やっぱり、その味わいと魅力的な体験があるからでしょうね^^

ところで、、

その味わいと魅力的な体験は、どのようにして世界中に広まったのでしょうか?


私は 前回の記事 の最後に、、


> そういえば、スターバックスは積極的な広告をしないのに人気が出ましたよね^^


と書きました


多くの飲食店や飲料メーカーは、

多額の資金を使って積極的な広告を展開することによって製品を広めようとしますが、

スタバは、広告には多額の資金をかけていません。

にもかかわらず、私をはじめとした世界中の多くのスタバファンへと

その魅力を広めました^^


その秘訣とは・・・何なのでしょうか?


旗その秘訣に関して、、、

↑スターバックスの元マーケティング担当、John Moore(ジョン・ムーア)氏の

スターバックスに学べ 」という本に、

いくつも載っていましたので、

今夜は、その秘訣のうちの一部をご紹介します♪


※以下、引用


一個人として親切丁寧に扱われたうえに

自分好みにカスタマイズされたドリンクが出てくる

という最高のスターバックス体験を味わうと、

顧客は友人に思わず話してしまう。


1995年の春、スターバックスは

クリーミーで冷たいドリンク、フラペチーノを発表した。

フラペチーノの評判は純粋に口コミのみで広がり驚異的な人気を獲得した。

このドリンクには人に話したくなるほどの価値があった。

なぜなら、フラペチーノのようなドリンクでこれほどのレベルのものは

他になかったのだ。


このドリンクの口コミマーケティングは、

店内で一口飲んだ顧客の一言から始まった。

「うわっ!コーヒーがこんなに美味しいなんて知らなかった。」

注文の列に並んでいる人たちは、その思わずでてしまった言葉を聞いて、

自分が注文する番になったら、「あの人が飲んでいるものを」と言ってしまうのだ。


さらに、口コミスターバックスの店舗の外にも広がった。

スターバックスを利用する顧客が、コーヒーを飲まない人にも

美味しく飲めるドリンクがスターバックスにあると、広めてくれたのだ。


※引用、以上


やっぱり、口コミは製品を普及させる上で、強力な力を発揮しますよね^^


広告主本人から「この製品は良いですよ」という広告を見せられるよりも(笑、

自分と同じ立場の消費者から「この製品を使ってみたら良かった」と聞いたほうが

信憑性もありますし♪


口コミのパワーに関しては、

私やtomiya社長 が 以前から頻繁に記事に書いてきましたけど、

最近、ネットの発展で さらに口コミのパワーは増大してるように感じます^^

近所の人にだけでなく、世界中の人に瞬時に言葉を発信できるわけですしね♪



旗そして、、、、

スタバ人気が さらに広がった「きっかけ」に関して、、紹介します^^


※以下、95ページ引用


店内での口コミのドミノ効果で販売は順調だったが、

大ブレークするきっかけとなったのは、

98年に公開された映画「ユー・ガット・メール」で、

メグ・ライアンがキャラメルマキアートを注文するシーンである。

以来、商品名の発音もままならないのに注文する顧客が増えたのは

「ユー・ガット・メール」のおかげだとバリスタは気づいていた。


こう聞くと、大企業がお得意とするプロダクトプレイスメント、

いわゆる劇中広告だと思うかもしれない。

だがそうではない。

スターバックスは「ユー・ガット・メール」の中で商品を起用してもらうために

お金を払ったわけではない。

米国ドラマ「アリーmyラブ」「セックス・アンド・ザ・シティ」

何度もスターバックスと口にされることや、

ロゴ入りカップの起用についてもお金を払っていない。

映画「オースティン・パワーズ」の第1作と2作で

スターバックスは大きな役割を果たしているが、これもお金を払っているわけではない。

逆に、プロデューサーのほうから、登場人物のイメージを視聴者に植えつけるために

スターバックスブランドを使わせてほしいと言ってきたのだ。


※引用、以上


私も映画好きなので、↑この文で紹介された映画は見てますけど、

確かに、映画の中でスタバが思いっきり目立ってるんですよね!(笑


たとえば、「ユー・ガット・メール」 キラキラ


その一部を、、↓↓↓コチラでどうぞ♪


やっぱり、メグ・ライアンがスタバで注文してるシーンを見ると、

スタバが気になりますよね~(笑


どんな広告よりもインパクト大!☆


しかも、映画にスタバのコーヒーを登場させるのにお金がかかっていない、

という点も さすがです!


通常、映画で企業の特定の製品が登場する場合は、

その企業がお金を支払っているケースが多いのですが、

スタバの場合は、逆に、プロデューサーから「使わせてください」とお願いされて

登場しているところがスゴイですよね^^


広告が溢れた今の時代ですが、、

逆に広告に資金をかけずに、製品のブランドの魅力を磨き、

映画等で紹介されて注目を集めたスタバの事例、とてもカッコいいですよね☆


スタバのコーヒーを飲む側の視点で見ても、

テレビCMでスタバの広告を見るよりも、

映画に登場したスタバを見た方が惹かれますし、

スタバでコーヒーを飲んでいる時も、その映画の雰囲気も感じつつ、

素敵なひと時を満喫できたりしますよね^^


スタバは私たちに「至高の体験」を作っているんだな~と、

あらためて実感します♪


最近では、スタバで目覚めのコーヒーを飲むために、

ベッドから起き上がるような私です。。(笑

スターバックス


P.S.


次回は、スタバの秘訣の続き・・・のお話をしますね^^


では、また♪

AD

コーヒー戦争☆

テーマ:

旗こんばんは、龍司ですコーヒー


先日、

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) を読んでましたら、、

88ページに気になる記事が載ってました。


タイトルは、コーヒー戦争ドンッ


※以下、引用


ハワードシュルツはかつて、

自分の会社スターバックスマクドナルドと比べられるのは苦痛だ、

と語ったことがある。

この世界最大のコーヒーチェーン創始者は、

スターバックスを訪れるのは「ロマンスと華やかさ」を伴うものであるべきで、

世界最大のファーストフード店(マクドナルド)で食事をする時のような、

ピットストップじみた即席感とは無縁であるべきだと考えている。

だが、過去数年間でひたすら拡大を続け、

あまり裕福でない顧客まで取り込もうとしてきた戦略のおかげで、

スターバックスはどんどんマクドナルドに似てきている。

そしてそのマクドナルドは、上流の市場を狙って

だんだんスターバックスに近づこうとしていた。


※引用、以上


スターバックス VS マクドナルド

の戦争勃発!というわけですね^^


確かに、、スタバマックは、

今までは客層を棲み分けて共存してきましたけど、

最近では、、

マックが「美味しいコーヒーを飲む」というスタバの領域に進出してますよねドンッ

昨年の9月1日の記事 でもお話したように、

マックカフェ という新業態もスタートさせましたし(笑


一方、スタバも朝食のメニューを増やしたりして、、

マックの領域へ進出ドンッ


同じ客層を取り合う形になり、、

「戦争」という状態に爆弾


旗たとえば、

私の身近な場所、六本木の外苑東通りには・・・
外苑東通りのマックとスタバ

↑マック↑スタバが隣に並んでます!(笑


私はマックのハンバーガー&コーラも好きですし、スタバのコーヒーも好きなので、

↑このマックにも スタバにも よく行ってます^^


今までは、お店が隣同士にあっても、

「ハンバーガーとコーラで手軽に食事する時はマック」、

「ゆったりと美味しいコーヒーを飲みたい時はスタバ」というふうに

目的が異なっていたので、、

あまり競合してはいなかったのですが、、

最近では、アツい戦いを感じます(笑


私がマックに行ってみると・・・
マック コーヒー

↑レジの目立つところに、プレミアムローストコーヒーの写真が!


そこで、早速、、

いつものコーラではなく、

↑このコーヒーを注文してみました(笑


お金のお支払いをしようとしたら、、

ちょうどキャンペーン中だったので、「無料です」とのこと(笑


飲んでみると、、
マック コーヒー

確かに、「以前のマックのコーヒーに比べれば、ちょっとは美味いかな」

という感じもしますけど、

やっぱり、マックのコーヒーは・・・毎日飲みたいというほどのものではないな、、と。


まあ、あくまで私個人的な意見ですけどね(笑

私の体質に合わないだけかも(爆


ということで、、

2口くらい飲んだところで、カップを持ったまま店を出まして・・・


いつものミッドタウンのスタバへ!

マックとスタバ

マックのコーヒーカップをスタバとともに撮ってみました(笑


そして、その後、、

マックのコーヒーカップとお別れしまして(笑・・・


スターバックス ミッドタウン

いつものように、このスタバでカフェラテを♪


「やっぱり、コーヒーを飲むならスタバの方がいいな~」と、

あらためて実感♪(笑


↑この写真は、昨年末、巨大コーヒーカップ が登場した時の様子☆



旗さて、、ついに勃発したコーヒー戦争、、

マックスタバ以外にも、、

たとえば、外苑東通りにはドトールもありますし、

ドトールが運営する別業態のエクセルシオールカフェもありますし、、

缶コーヒーもありますし(笑、

これからも戦いは繰り広げられるのでしょう。


私個人的には、これからもコーヒーはスタバで飲みますけど、

好みは人ぞれぞれですし、マックのコーヒーファンの方も増えるかもしれません^^


「戦争」の結果がどうなるのか、、

これからも注目していきたいと思います☆


消費者の立場から見れば、

「コーヒー戦争」によって、各店がより良いお店を目指して努力して、

それぞれのコーヒーのレベルが上がり、

結果的に、コーヒーが美味しくなって、お店が快適になってくれれば理想的ですよね^^

タバコ


- - - - - -  - - - - - -  - - - - - ー

お月様 コーヒー関連ニュース・・・ 

   ベローチェが講談社 提訴 (「おとなの週末」で最下位にランクされたのが原因(笑


お月様 今夜の広告・・・ 

   そういえば、スターバックスは積極的な広告をしないのに人気が出ましたよね^^

   さすが! ということで、今夜の「今夜の広告」はお休みします(笑

AD

旗こんばんは、龍司です ビール

今夜は 「効果的な広告の手法」に関して。。

2007年9月26日の記事 の続編のような内容です)

さて、、私は最近、このブログにて、

いろいろな「ジャック広告」を紹介してきました^^


たとえば・・・


N703iD、渋谷ジャック キラキラとか、

AneCan、表参道駅をジャック キラキラ とか、

ソフトバンクケータイ、ミッドタウンをジャック キラキラとか、

LEONに狙われた銀座駅 キラキラとか、

東京ミッドタウンを「2」がジャック キラキラとか、

DoCoMo 905i 渋谷ジャック キラキラとか、

六本木ヒルズに巨大ポスト出現 キラキラ とか、

銀座を金座に!!! キラキラとか、

マキアージュ、東京ミッドタウンをジャック キラキラ 、などなど。


↑このように並べてみると・・・

やっぱり、、かなり たくさん書いてきたのですね~(笑


街や駅や建物を 丸ごとジャックしてしまう大胆な広告は、

見ていて新鮮な驚きがあって楽しいですし、

ついつい 人に紹介したくなるものです(笑


これらの大胆なジャック広告は、大きな話題になり、

テレビや新聞、雑誌、WEBなどのニュースで紹介されたものも多くて、

「広告自体がニュースで紹介される」という現象も起こしています☆


本来、ニュースなどの番組や記事の間の広告枠に載るはずの「広告」が、

広告枠を飛び越えて、番組や記事の中に入ってくるわけですからスゴイことですよね^^


ジャック広告をはじめ、テレビCM、新聞の広告の中にも、

ユニークなものが増えてまして、ニュースや話題になったりすることも多い今日この頃。

たとえば、、あのテレビCMとか。。(笑

旗この「広告自体がニュースになる!」という現象に関して、、

↑長沢 伸也さんのルイ・ヴィトンの法則―最強のブランド戦略 という本に、

興味深いことが書かれていたので、紹介します。


※以下、引用


かつて、パルファンクリスチャン・ディオールは、

DUNE広告に、香水のお試し用の厚紙(セントストリップ)つきの広告を出した。

1992年には女性誌4誌に、

1994年には朝日新聞の別刷りに。


カラー印刷どころか、香水サンプルつきという大技だが、

このような大掛かりな広告をすると、

それ自体が話題になる。


※引用、以上


パルファン クリスチャン ディオール・・・

Christian Dior(クリスチャン ディオール)の香水部門の会社。

現在は、LVMH に属しています。



確かに、新聞の広告に香水のサンプルがついてたら、

ビックリしますよね!(笑


この広告は、広告自体の衝撃性が「話題」になって、

広告効果も何倍にもなったことでしょう☆


モノが溢れ、広告が溢れた時代、、

ほとんどの広告が単なる広告で終わってしまう中でも、

ユニークな広告は目立ちますし、話題になり、ニュースになり、、

その広告以上の広告効果をもたらしてくれます。


消費者の視点で見れば、、

単に「広告」として見る製品以上に、

「記事」としてニュースで掲載されている製品や人々が「話題」にしている製品の方が、

惹きつけられると思いますし^^


広告主の視点で見れば、、

大胆な広告に多くの予算を使っても、その広告がニュースとして話題になれば、

予算以上の効果をもたらしてくれる!といえそうです^^


せっかく広告を出すのであれば、

その広告だけの効果にとどまらず、

話題になり、ニュースになるような広告を出したいものですね☆



旗以前、THE YELLOW MONKEYが 「Rock Star」という曲で、、

「死んだら新聞に載るようなロックスターに~♪」

と歌ってましたけど(笑、、

広告も・・・「広告を出したらニュースになるような広告に~♪」したいものです(笑


見ている側も楽しめますし、

世の中を面白くして、経済の活性化にも繋がりそうですしね^^

タバコ


- - - - - -  - - - - - -  - - - - - ー

 THE YELLOW MONKEYの「Rock Star」の歌詞の意味・・・

「自分が死んだら、そのことがニュースとして新聞に掲載されるほど、

有名なロックスターになりたい」という意味だと思います (←予想(笑)


 ちなみに、「Rock Star」の歌詞全文は、コチラ


- - - - - -  - - - - - -  - - - - - ー

お月様 今夜の広告 

perrier

1/3 Perrier  + 2/3 Perrier =  ALL Perrier !!! (笑

街を彩る広告たち☆

テーマ:

旗こんばんは、龍司です^^


先日、銀座を歩いてましたら、、
銀座 松屋

松屋 のビルが、ちょっと・・・寂しい感じ。。(笑


このビル、昨年末のクリスマスの時期には、、
松屋 ルイヴィトン

↑こんなにカラフルだったのです!(※その時のお話は、この記事 を参照ください)


同じ柄のバッグをお持ちの方 は、さらに楽しめたことでしょう♪


松屋ヴィトン とのコラボで POPに彩られてた頃、、

とても目立ってましたし、近隣の銀座の街全体を明るく華やかに演出してました^^


今の松屋 のビルとは、とても同じビルには見えませんよね~(笑


ジャック広告がなくなってみると、寂しくて、、

あらためて広告の存在感を感じます。


センスの良い屋外広告(OOH)には、

単に広告としての役割だけでなく、

街を彩る役割もあるんだよな~と、あらためて実感♪



旗そして、

先日、六本木ヒルズには、、
ヒルズ
↑いつものジャック広告がない時があり、、

ちょっと寂しい感じ。。


昨年末には、、
六本木ヒルズ 巨大ポスト
↑真っ赤なポストだったのに。。(笑


※その時のお話は、12月6日の記事 を参照ください


日本郵政グループの年賀はがきの広告がヒルズをジャックしてた頃、、

見るたびに新鮮な驚きを感じましたし、

私個人的に赤い色が好きなので、安心したりしてました(笑


ジャック広告がなくなってみると、、

あらためて気づく その存在感。。


やっぱり、ヒルズのメトロハットの部分は、

いつもジャックされててほしいな~と思えてきますね^^


(※なお、今現在はアウディの広告が再びジャックしてます)


旗このように、広告がなくなってみると、

あらためて広告の価値に気づいたりする今日この頃。


宝石白屋外広告には、

「企業や製品のメッセージを伝える」という本来の機能だけでなく、、

「街を彩るもの」としての機能もあるな~とあらためて実感♪


ちょっと前までは、いかにも「押し売り」という感じの広告も多かったですけど(笑、

特に最近の屋外広告はセンスの良いものも多いですしね^^


きっと 広告がまったくない街は、かなり殺風景でつまらないことでしょう。。


宝石白スキップされることも増えたテレビCMも、

意外と良い曲が使われてたりして、楽しかったりします


NHKを見てると退屈に感じられたりするのもCMがないからかも?(笑


ネット広告は邪魔に感じることも多いですけど(笑、

最近では、少しずつセンスの良いものも見られるようになってきました^^


宝石白世の中の多くの部分は広告で運営されているわけですし、

その広告の広告以上の価値も感じる今日この頃、、

消費者、視聴者の視点で見れば、広告を楽しみたいと思います☆

街をカラフルに彩る広告、驚きのエンターテイメント性の高い広告には

どんどん登場してほしいな~(&登場させたいな)と感じます^^


広告主の視点で見れば、そういう広告を出したいものですね^^

単なる押付けとしての広告ではなく、

見る人を楽しませて、さらに心に残るような広告を♪


タバコ

- - - - - - - - - - - - - - - - - ー


雪((追加))余談ですけど、、


最近、珍しく 雪の多い東京☆

先日、ミッドタウンの芝生も、、piyoko midtown

雪景色☆


そして、、ぴ・よ・こ ? (笑


思わず、注目してしまった私、、

「書いた方は気持ちよかっただろうな~」とか、

「この3文字、、実は何かの略語で、隠されたメッセージがあるのかも?」とか、

いろいろ考えてしまいました。。(笑


では、また♪

銀座時計戦争☆

テーマ:

銀座

旗こんばんは、龍司です^^


先日、

遠藤 功さんの「プレミアム戦略 」を読んでましたら、、
121ページに興味深いことが書かれてまして、、

※以下、引用


いま、銀座時計戦争が勃発している。


スウォッチグループ、オーデマピゲなど海外の高級時計メーカーが

次々と旗艦店を出店し、機械式を中心とした高級時計の販売に力を注ぎ、

人気を博している。

1個数百万円もする高級時計が1日に何十個も売れている。


※引用、以上


とのこと。


昨年の11月27日の記事 で、「銀座ブランド戦争」 に関してお話しましたけど、

「時計戦争」も勃発していたのですね!


旗そこで、私は先日、銀座に行った時に、、

「戦地」の様子を(笑)見てきました^^


まず、銀座で「時計」というと、、

↑冒頭の和光の時計台。

銀座4丁目の交差点にあり、銀座のシンボル的存在☆


ドンッこの銀座に、

最近、、スイスの時計ブランドが進出してきており、、


スウォッチ 銀座

↑昨年5月24日にSwatch(スウォッチグループ)

14階建てのビルをオープン!



住所: 東京都中央区銀座7-9-8



独特のデザインのビルで、銀座中央通に面しているので

とても目立ってます^^


エントランスを入ると、、
SWATCH 銀座



SWATCH 銀座

↑緑がいっぱいの吹き抜けの空間が快適^^



さらに、ビックリなのは、

script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/mm.js.php?upwh=175978-1201772103-340-453


↑このエレベーター!



通常のエレベーターと違い、吊り下げロープがまったくなく、、

手前のガラスの円筒形の部分に乗ると、、

そのまま矢印の方向に上昇し、目的地のブランドの売り場に直行するのです☆



このガラスの円筒形のエレベーター、

ビルの1階にいくつも並んでると思ったら、、

各ブランドごとに1台ずつあるのですね~



ちなみに、ビルに入っているブランドは、、
SWATCH 銀座

↑コチラ!



私は2階のOMEGAを見てたのですが、

このタイムマシーンのようなエレベーターが面白くて、

行ったりきたりしてしまいました(笑



皆様、近くに行かれた際には、是非☆



ドンッさらに、、このスウォッチビルの向かい側に、、


オーデマ ピゲ ブティック 銀座
Audemars Piguet(オーデマピゲ) のビルが!



住所: 東京都中央区銀座7-8-8



このスイスの高級時計ブランド、

スウォッチの2ヵ月後の昨年の7月11日にビルをオープン!

しかも、銀座中央通りをはさんでほぼ向かい側。


オーデマ ピゲ ブティック 銀座

インテリアのデザインを森田恭通さんが手がけたことでも話題になりました^^


ドンッさらに、この近くには、、
銀座

MONT BLANC 銀座店のビルも目立ってます!


MONT BLANCは万年筆で有名ですけど、

最近では「時計」に力を入れているようで、、


MONT BLANC 銀座
↑ビルの屋上にも時計!


ドンッそして、このビルの隣は、
銀座

↑銀座の老舗時計店、日新堂


最近、周囲に新しい時計店が次々と進出してきているので、

このビルが なんとなく疲れたように見えます(笑


とにかく、この銀座7丁目の中央通沿いがアツいです!


ドンッさらに、、

銀座2丁目には、、
ショパール 銀座

Chopard(ショパール)


住所: 東京都中央区銀座2-4-14


スイスの時計ブランド、ショパールも昨年の10月に銀座に進出!


ドンッ5丁目には、、
銀座
FRANCK MULLER(フランクミュラー)

などなど。。


旗特に、海外の高級時計の進出が目立ちますね^^


こうした海外のブランドが、

これほどまでに「銀座」に進出してくるのは、なぜでしょう?


考えられる理由は、、


①まず、銀座がショッピングが盛んな場所であるという点。


②それから、2005年4月21日の記事 でもお話したように、

「銀座」に出店すると話題になり、目立つので、

ブランドをここから日本全体に広く普及させられる、

というPR効果もあるという点。(文明流水論)


③さらに、、、

最近の銀座は、アジアの富裕層の方々の

観光でのお買い物スポットとしても注目されているので、

ブランドを日本だけでなく、アジア全体に広く普及させられる、というメリットもあるでしょう!


アジア全域への流行発信地としての銀座


「ブランド戦争」、「時計戦争」に続いて、、

これからも「銀座」でアツい戦いが繰り広げられることでしょう☆


宝石白一方、、

既存の日本のブランドにとっても、

海外のブランドが積極的に進出して「戦争」が激化することは、

決してマイナスなことではなく、

むしろ、多くの消費者の注目を集められますから、

これをチャンスとして活用していただきたいものです^^



宝石白こういう意味での戦争は、経済を活性化させるものだと思いますし、

消費者の立場としては、「戦争」を楽しみつつ、、

よりよりモノを見つけるチャンスとして活用したいものです☆


タバコ


ー - - - - - - - - - - - - - - - - -


P.S.


さてさて、

「時」を刻む時計、、

私は「Time」という言葉を見ると、、



↑David Bowieの「Time」を思い出すので(笑

今夜は この曲を♪


「時間」、、

時にはコロナビールのCM のように「時間」のことなど忘れて ゆっくりしたいものですが、

ゆっくりしている間にも「時間」は確実に進んでいるわけですし、

「時間」とは、、私たちが生きている間、無縁ではいられない存在。


「時間」、そして「時計」と上手く付き合いたいものですね☆


ちなみに、、私が今、一番欲しい時計は・・・

worldsend2

↑Worlds Endの「時を逆さに刻む時計」!(笑


では、また♪