ピルコン広報担当・五十嵐綾子(いがちゃん)です!

1123日(土)に行われたイベント「Love Dialogue Cafe -恋のウラ騒ぎ-」の様子をお伝えします!音譜




「恋のウラ騒ぎ」は、男女の感覚や考え方の違いを共有し、恋愛力をアップする新感覚ワークショップイベントです。NHKや毎日新聞にも取り上げられた、ピルコンを代表する話題のイベントです!



今回のテーマは1122日の「良い夫婦の日」にちなんで、ずばり「結婚」ドキドキです。

最近は従来の結婚観が揺らぎ、「結婚するのか、しないのか議論」や、晩婚化・生涯未婚率の上昇など、結婚をめぐって様々な変化が起こっています。


そこで今回は、型に捉われない“つがい方”である「オトナ婚」を取材し、「オトナ婚です、わたしたち」を出版された大塚玲子さんをゲストにお招きしました。

イベント前半ではピルコン代表・染矢が大塚さんにイマドキ結婚観についてお話を伺い、後半はディスカッションを通して参加者同士で考えを深め合っていきました。



イベント会場は新宿ゴールデン街にあるBar Araku ワイン

私は今回初めてゴールデン街に来たので、右も左もわからず恐る恐る店内に足を踏み入れるという感じだったのですが、お店は温かくしっとりとしたオトナの空気感がいっぱいで、ホッと安らげる空間でしたカクテルグラス ピルコンイベントにぴったりですね!



17時のスタートに向けて続々と人が集まり、イベント開始まで参加者同士で談笑が始まります。

テーブルはA、B、Cの3つに分けられ、参加者の方が5~6人ずつに分かれて座ります。私もファシリテーターとしてBのテーブルに混じらせていただきました!


今回は20代の学生さんから4050代のサラリーマンまで、男女問わず幅広い世代の方々にお越しいただきました!皆さんの参加動機は「“オトナ婚”という言葉が気になって参加しました!」「大塚さんのお話が聞きたくて!」「友人からの紹介で、今日初めて来ました!」「ピルコンが好きラブラブなど様々でした。




皆さんの会話が弾み、会場の雰囲気が温まってきた頃、染矢と大塚さんの対談が始まりました!

先月結婚したばかり、新婚ホヤホヤラブラブ!の染矢が自身の結婚生活について語りながら、大塚さんが取材された、型にはまらない結婚「オトナ婚」のお話を伺っていきました。


大塚さんが取材の中で印象的だったと語るのは、半同居(半別居)婚をしたという方のお話。「結婚はしても同居はしたくない、マンションの別の部屋に住むくらいが丁度良い」と考え、マンションの上下階に分かれて住んでいるとの事です。「結婚=一緒に住む事」という考えがすりこまれていた私には、「そんな結婚の仕方があるのか!」とちょっと衝撃でしたえっ


結婚というとこのような「住む」問題もありますが、夫婦の間でとっても大事な「夜の営み恋の矢」に関する考えも様々です。ゲイの男性と結婚したという方は、結婚はしていますが二人の間に性交渉はないそうです。当人は、「性交渉ごときで別れるなんて小さい!」と気にする様子はないとのお話でした。


このように、結婚と一口に言っても多様な形が生まれています。では、これから結婚したいと考えている人は、結婚をどう捉えていけば良いのでしょうか。大塚さんは、「今ある形に捉われずに、自分が楽な形の結婚をすれば良い」とアドバイスを下さいましたキラキラ




Think about Love & Life! ピルコン

Think about Love & Life! ピルコン

後編に続く!