側弯症でも身体は変わります | ピラティススタジオB&Bブログ

ピラティススタジオB&Bブログ

南青山・錦糸町・田町・武蔵小杉・新丸子・三軒茶屋・仙台泉・肥後橋、心斎橋と全国に10つのスタジオを構える、ピラティス&コアアラインスタジオB&Bのブログです。

こんにちは、佐藤です。

 

武蔵小杉・新スタジオの情報を連日お伝えしていますが、

9月14日までは通常どおり、現スタジオで営業しております!

 

「2年通ったスタジオで最後に写真を撮りたい」

と嬉しいご要望があり、初回時と比較してみました。

 

こんなに変わっていたんですね・・

下矢印下矢印下矢印

 

A.I様 40代 女性

目的は姿勢改善、お腹とおしりのシェイプアップ

 

I様は先天性の側弯症(背骨が左右に弯曲)があり、

背骨に負担のかかるエクササイズは避けなければなりません。

そんな中でも、しっかりと身体が変わっていました!!

 

 

肋骨の形状の左右差があり、肩の位置や肘の曲がり具合にも

影響していましたが、それが軽減していますグッ

 

前屈での写真は柔軟性があがったのはもちろん、

背中のカーブの左右差が軽減しているのも分かります。

 

最近ではご自身でランニングを頑張っている成果もあり、

シェイプアップにも成功拍手

 

くびれができて、下腹部もスッキリキラキラ

あごのラインがかなりシャープになっていますびっくり

 

 

早速オープン初日からご予約いただいていますが

引き続き、新スタジオでもI様の理想の身体に近づくためのサポートをしてまいります!

 

佐藤