側弯症のためのピラティス | Pilates in Hawaii~ハワイでピラティス~ホノルルで唯一の日本人マシンピラティスインストラクターSaoriのブログ

Pilates in Hawaii~ハワイでピラティス~ホノルルで唯一の日本人マシンピラティスインストラクターSaoriのブログ

10回で気分がよくなり、20回で見た目が変わり、30回で生まれ変わった自分に出会えます。
~Joseph H Pilates~


テーマ:

ハワイ在住ピラティスインストラクター兼bootybarreマスタートレーナーのSaoriです。

 

最近はヨガジャーナルのライターもやってます。

ハワイのヨガ情報を発信してますので、よかったら読んでくださいAUM

(記事更新は隔週の予定です。)

 

 

2019年、もうあと1ヶ月ほどで半分が終わろうとしていますが、今後、長い時間をかけて自分が取り組んでいきたい課題がやっと決まりました乙女のトキメキ

 

それは「脊柱側弯症とピラティス」についての勉強とリサーチ。

 

 

脊柱側弯症とは脊柱を正面から見たときに、左右にカーブがある状態のことを言います。

生まれつきの人もいれば、生活習慣などから起こる場合もあります。

 

状態がひどければ外科的手術を行うという方法がありますが、手術が必要のない人たちは、苦しいコルセットをはめなければいけなかったり、腰や背中の痛みに苦しんだり、見た目の悪さに悩んだりしながらも、医学的なトリートメントが受けられない状態です。

 

また何もしないでいると、日々の活動から側弯症が悪化したり、年齢を重ねるにつれてそのカーブが悪化したりしてしまいます。

 

それでも医学的に何もできないということで、どうしていいかわからない人が多いのが側弯症の現実。

 

そんな風に側弯症に悩んでいる人たちにピラティスが一筋の光となればと思い、リサーチを始めることにしました。

 

 

 

 

 

私が側弯症の人を担当し始めたのは約3年前。

 

1人目の時には知識がなさ過ぎました。せっかくピラティスに来てくれたのに、全然そのメリットを伝えられませんでした。

 

2人目の方へは、オンラインワークショップを受けたり本を読んだりして勉強して臨んだところ、数回のセッションで大きな効果がありました乙女のトキメキ

 

もう十年以上毎日のようにご主人に腰のマッサージをしてもらわないと腰の痛みで寝れなかったのに、ピラティスを始めて数回でマッサージをしなくてもよくなったほどでしたお願い

 

でも残念ながらその方はその後別の病気が発覚し、そちらの治療を受けなければいけなくなり、ピラティスを休まなければいけなくなりました。

 

 

 

そして今年に入って3人目のクライアントさん。

この方を対象に、ピラティスを用いての側弯症のリサーチをすることにしました!ニコニコ

 

ひとまずワンクール12回、このクライアントさんにどんな変化が出てくるのか・・・お願い

 

 

将来は側弯症とピラティスのワークショップをできるようになりたいです乙女のトキメキ

 

 

 

側弯症のリサーチのボディになってくださる方、まだまだ募集中です。乙女のトキメキ

 

ハワイ在住の方、またはハワイに長期滞在する方で側弯症に悩んでいる方、ピラティスのセッションのリサーチに協力したい方がいたらぜひご連絡くださいドキドキ

 

 


 

 

Mahalo

 

 

Saori