10年先もアクティブに美しく~ヘルシーなライフスタイルのすすめ

テーマ:
昨年9月にメキシコに来て
すぐ独立記念日(9/16)がありました。



レストランに行くと「これ、なんだろう?」
というメニューがあって。
でも数週間したら突如としてメニューから消えてしまった料理があります。



それが、こちら。


チレス・エン・ノガダ(Chiles en Nogada)
と言います。
メキシコの伝統料理の一つで、
レストランでは独立記念日のあたり
数週間しか食べられない料理だそう。
(どおりで突如として姿を消したわけだ)



ポブラノと呼ばれる唐辛子(チレ)の中に
挽き肉・アーモンド・バナナ、洋梨、モモ、りんごなどのフルーツが詰まっていて
(大きいピーマンの肉詰めのイメージです)
クルミとチーズのソースでいただきます。
トッピングには、ザクロ。



ザクロの赤、ソースの白、唐辛子の緑で
メキシコ国旗をあらわしているそう。



フルーツの甘さとソースのコク
ピリリとしたチレの辛さが、
(ポブラノはそれ程辛くないチレです)
なんとも癖になるお味。



メキシコ料理の中でもお気に入りの一つ!



ピーマンの肉詰めの三倍くらい?!の大きさがあるけど、ペロリと食べられちゃう。



5月にメキシコ料理教室でも習ったんだけど
手間がかかった記憶で
まだ自作はしておりませぬが、、
ザクロがあるうちにトライしてみるかな~

↑こちらは料理教室で習ったもの

テーマ:
ピラティスを通して
健康的な生活をお伝えしていきたい!
と、意気込んでいた時
こんなことを言われたことがあります。
(昔の話です)



健康が切り口だと人は集まらない。
人は痛みがあったり、それを失ってみないと
大切さがわからないから。



それからずっと頭の片隅に
モンモンとしたものが続きました。



たしかに運動なんかしなくたって
身体に負担になるもの気にせず食べてたって
健康に見える人はたくさんいる。



健康ってなんだろう、、
みんなそれほど興味ないものなのかな…


その後、時はたち
vanillaさんこと有馬陽子さんの
ホリスティックセルフケアマスター講座を通して健康を全体から見る視点を学びました。



陽子さんの講座は難しそうに思えることを
わかりやすく面白く伝えてくださるから大好きで、今でもオンライン講座がリリースされると学び続けています。



彼女の講座を聞きながら、
ふと思ったことがあります。



健康ってエネルギーマネジメントなんじゃない?



って。 



心臓が動くのも
歩けるのも
考えられるのも
代謝が働くのも
エネルギーがあるからなんですよね。



そのエネルギーをつくる工場は
体内でスムーズに機能しているのか。
それは質の良いエネルギーなのか。
そもそも自分の身体は
その工場をたくさん持っているのか。



せっかくのエネルギーが
体内の老廃物や有害物質を追い出すことに
使われて、無駄遣いされていないか。



その食べ物を流行りだから食べるのか、身体が欲するから食べるのか。それはエネルギーとなる食べ物なのか。



そのエクササイズは体内からエネルギーがわいてくるのを感じられるものなのか、ただただ苦しいだけのものなのか。



身体だけではなく、心も同じ。
ストレスたくさん抱える毎日だと
エネルギー消耗激しいですよね。



その人間関係はエネルギーを与えあって循環してるのか、奪い合う関係なのか。


その人にあう食やエクササイズって、
それぞれ違うもの。
だから身体の感覚だったり
自分の欲しているものを
キャッチする力も必要ですよね。


 
今、自分が思う健康の定義は
心身共に生きる活力(エネルギー)に溢れる状態かどうか



だから、エネルギーをマネジメントしていくことが真の健康への道なのかなと。



夢や目標、やりたいことがあっても
生きるエネルギーが不足していたら
なかなか前に進んでいかないと思うから。



消極的な健康維持ではなくて
もっと積極的な健康にフォーカスしたい。

テーマ:
Institute of Integrative Nutrition(IIN)
本コースが始まるのは11月から。



申し込みと同時にプレ講座にアクセスできるようになるので、少しずつ進めております。


IINが提唱するコンセプトの中に


プライマリーフード(第一の栄養)
セカンダリーフード(第二の栄養)


という考え方があります。



プライマリーフードとして
フォーカスされるのがこの4つ。



Relationships・・人間関係
Physical Activity・・運動
Career・・仕事 生きがい
Spirituality・・精神性



セカンダリーフードというのが
いわゆる食べるもの。



食事からとる栄養が
主に身体への栄養だとすると
プライマリーフードは
まさに心の栄養となる部分。



健康って
プライマリーフードとセカンダリーフード
この2つが機能して成り立ってこそ、、
なんですよね。




子供やパートナー、まわりの人たちと
どういう関係を築きたいか?



自分にとって活力となるエクササイズは
どんなものなのか?



自分はどういう生き方をしていきたいのか?



偏った思考で自分を縛って
窮屈になっていないか?



抑圧した感情に地味にエネルギーを
奪われていないか?
 


生き方やあり方・ライフスタイルを
まるごと見直してみる。
それが心身の健康&エネルギーあふれる生き方への第一歩なのではないかと思っております。

テーマ:
7月はじめから1ヶ月半ほど
日本へ一時帰国しておりました。



メキシコに戻り、息子の幼稚園も無事開校し
(新しくできたインターへ転校しました)
またいつもの日常が戻ってきた今日この頃。



メキシコ生活、2年目のスタート。
子供の新学期がはじまり
そして母も「back to school」します!



メキシコに引っ越す前から
心の中であたためていたことを
実行にうつすことに。




NY発世界最大の統合栄養学を学べる学校
Institute of Integrative Nutrition(IIN)
ヘルスコーチとして活動するべく学びを
1年間していきます。
(オンライン講座なので世界どこからでも学べる有り難さよ‥)



こちらの学校のコンセプトを知ったとき
久々にビビビときたんですよね。
これだよ、これ!って。



私にとって、
今までの活動や
学んできたことや
やりたいことの
点と点がひとつの線となって
統合されるような学び。



やりたいことは、すぐやりたい!
な私にしては珍しく?!
タイミングを伺っていたのは、、



海外へ引っ越すにあたり
生活を落ち着かせてから
も、あるけど



生活のために必要なスペイン語をまず優先
も、あるけど



授業が英語である、、
というのが一番のネックだったかな。

(日本語での講座だったら
勢いでやっていたかもしれない)



英語については挫折したままの私。
この低い英語力でどこまでついていけるか?!
その辺も乞うご期待ということで(汗



心身の健康に関することや
メキシコ生活についても
またブログに残していこうと思います😊
ご主人がメキシコへ赴任になるママと
マザーコーチング・オンライン講座でした!
日本が朝でメキシコは夜ですが、
時差もなんのその、ですね。



私も夫のメキシコ転勤が決まってから
マザーズ&トラストコーチングを受講したので
同じような想いと境遇(子どもの年齢も同じくらい)に共感しきり。



受講前のやりとりの中で
メキシコに特に持っていくと良いもの
ってありますか?



と質問されたんです。



お気に入りの調味料
あとはコンタクトレンズくらいかな‥と。
(レンズは売ってるけど
ベースカーブが合わずで)



だいたいのモノは手に入るので
日本にしかないお気に入りなんかは
持ち込むと良いと思います。



が、それよりも何よりも
持っておくと良いと思うものがあります。




コミュニケーション能力
です。



赴任国によって言語は様々ですが
コミュニケーション力って世界共通ですよね。



言葉はどこからうまれるか?
何をどう整えると栄養ある言葉がうまれるか?
自分と相手の違いを受け入れて
どう実りあるコミュニケーションするか?



マザーズ&トラストコーチングでは
そんなコミュニケーションを学ぶ講座です。



はじめての国
はじめての言葉
はじめての生活
はじめての学校
はじめての人間関係‥



慣れるだけでエネルギー使いますので
そんな中で、子どもとの関わり方に
しっかり軸があったり
まわりとの違いを受け入れて
あたたかい関係を築けるような
コミュニケーション力があると
自分の支えになるんですよね。



こちらにきて10ヶ月、
めちゃくちゃ実感していることです。
ってか、もう少しで1年か~
早っ!

マザーズコーチングスクールは

トラストコーチングスクールは

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス