シンプルな片足バランスが苦手な場合 | 大人バレリーナ&大人ダンサーさんの一生踊れる体リセットピラティス入門@東京

大人バレリーナ&大人ダンサーさんの一生踊れる体リセットピラティス入門@東京

一生しあわせに踊り続ける為の〈 あなたの体リセット〉を、ピラティスインストラクター11年の経験をいかして、分かりやすく明るく丁寧にお伝えします。pilakokoro.33@gmail.com

シンプルな片足バランスが苦手な場合




おはようございます!斉本祥子です☀️




先日のグループレッスンでは、四つん這いから出来る骨盤側面のマッサージストレッチを取り入れましたクローバー




四つん這いからのストレッチは、柔軟性にあまり左右されずに出来るので、グループレッスンでもよく登場させています。



大人ダンスや大人バレエをされていない一般のお客さまばかりでしたが、丁寧にポジションに入られていて、良いストレッチになっていました💖





さて。





例えば、パッセバランスではなく、そのもっと手前のシンプルな片足バランスが苦手な場合。




「内ももが弱いからかな」
「腹筋が弱いのかな」
脚力かな、お尻かな・・・と考えてしまいやすいかもしれませんが、




そもそも足指が縮こまっていたら、どんなに筋力があっても、片足バランスは難しいです。




クセなのかな?
筋力なのかな?
柔軟性なのかな?





まずどこが原因なのかを見つけること。




苦手な動きが見つかった時にはじめにしたいのは、正確な原因の見極めなのですね照れ





これはちょっと難しいことではあるのですが、大人から踊る人にとっては、時間超貴重






今回の発表会に出られても、次も出られるかは分からない。そうした大人バレリーナ&ダンサーさんも多いと思います。
そのくらい「時間」は大事⏰


原因が分かって、合う方向性を見つけられれば、とても地味なリセット動作もかなり効果が出ますニコニコ




例えば、シンプルな片足バランスが苦手な理由が、足指を握りしめるクセだった場合。




・手足で握手をしてほぐす
・足指を分けるマッサージ
・ルルベ時に 指を握らない意識




そうした一見、地味な事を、
優先的に、大量に、行うだけで、
ピタッととまれるケースは多いです。





こんな事で変わるのかなーという地味なリセット動作を繰り返して、
「良くなってきましたー!」
とお喜びの声もたくさんいただいています照れ




基本は、シンプルです。




地味なケアの積み重ねが、
理想の躍りが出来る体に繋がっていく。

私はそう思いますニコニコ




【 12月募集 】特別体験セッション@国分寺

【募集】継続コース12月スタート枠





自宅で学べるストレッチ動画講座
『 ウォーミングアップストレッチ入門 』
カンタンで効果的なストレッチを、
1つ1つ動画で楽しく説明した
ストレッチ講座。



無料メルマガ@ピラココロ
『 大人から踊る人へ365日の体リセットレター 』

冷え性.美姿勢.歩き方.ダイエットにも!




いつも応援ありがとうございます♪
皆さんからの ポチッ が励みになっています!