大人バレリーナさんからのご質問。内ももエクササイズの時のお尻はどうしたら良いですか? | 大人バレリーナ&大人ダンサーさんの一生踊れる体リセットピラティス入門@東京

大人バレリーナ&大人ダンサーさんの一生踊れる体リセットピラティス入門@東京

一生しあわせに踊り続ける為の〈 あなたの体リセット〉を、ピラティスインストラクター11年の経験をいかして、分かりやすく明るく丁寧にお伝えします。pilakokoro.33@gmail.com

大人バレリーナさんからのご質問。内ももエクササイズの時のお尻はどうしたら良いですか?



おはようございます!斉本祥子です☀️



お茶の水スタジオは、ビルは古いですが窓があって駅前で、良いスタジオです✨
個別セッション継続コースは、お茶の水スタジオでも承っていますニコニコ





内ももエクササイズについて。



以前お客さまから頂いたご質問を思い出しましたので、今日はそちらを書きます✏️



そのご質問とは、
「内ももトレーニングの時、お尻の力はどうするんですか?」
というものでした。




まず。
お尻に自然に力が入る。
そんな脚のの角度があります。



シンプルにご紹介すると、
外股 → 力が入りやすい
内股 → 力が抜けやすい



そして、中間のパラレルポジションは、
意識次第とクセの影響が大きいです。
大人バレリーナさんは特に。




例えば。




椅子に座り、内ももにボールを挟むようなトレーニングの場合。




お尻を固めるクセがある人は、
ギュイーン!と。
勝手に力が入る事が多い。




パラレルポジションで座っているのに、自動的に、お尻や腰までガチガチになります。



一方、お尻力みグセの少ない方や使いたい部分だけを使えるタイプの方は、本当に〈内ももだけ〉が反応します。



そこで、私はどうだろう?という時に自問したいのは2つです🌺



・あぐらや開脚が、得意か苦手か
・座骨神経痛のような痛みがあるか



もし、あぐらや開脚が苦手とか、座骨神経痛のような痛みがしょっちゅうあるなら、
お尻を固めるクセは強いと思います。




もしくは、お尻の筋肉を使ってばかりで、使った量に比べてほぐす量が追いついていない。




すのでそうした場合は、
お尻を鍛えるより、
お尻をほぐすこと。


お尻の力を抜くようなストレッチも多めにすると、それが内もも力を発揮させることに繋がると思いますニコニコ



また、姿勢をよくしよう!とすると出っ尻になりやすい大人バレリーナさんも、



お尻の力を入れなくても良い時に、過度に、お尻と腰をを緊張させるクセがあることが多いですよ。


冒頭のご質問を下さったお客さまには、
「内ももトレーニングでお尻に力をいれるかどうかは、脚の角度によります」とお答えしながら、



普段されているエクササイズを、
実際に見せていただきました。



お会い出来ると、今必要なことだけでなく、不要なこともより具体的にお伝え出来ます照れ



12月も特別体験日は、実施中です。



特別体験日は平日、月曜日朝です。


年末の12/30(月)はお早めのご予約がお薦めです照れ



【 12月募集 】特別体験セッション@国分寺

【募集】継続コース12月スタート枠





自宅で学べるストレッチ動画講座
『 ウォーミングアップストレッチ入門 』
カンタンで効果的なストレッチを、
1つ1つ動画で楽しく説明した
ストレッチ講座。



無料メルマガ@ピラココロ
『 大人から踊る人へ365日の体リセットレター 』

冷え性.美姿勢.歩き方.ダイエットにも!







いつも応援ありがとうございます♪
皆さんからの ポチッ が励みになっています!