サンタさんさよなら、また来年! | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!

やれやれ、終わった~。

サンタの手下のお仕事2021は、

今年もいくつか反省点はありましたけど、

なんとか終了。

 

 

ピコットのクリスマスさん2021 

 

 


子どもの本と玩具を扱う当店。
当然のことながら、
一年でも一番忙しいのはクリスマス前です。
お陰さまでこの時期は
毎年なかなかハードです。


社会的責任として
お引き受けしたら期限までに
商品を調達しなくてはいけないという
プレッシャーはなかなかですし、
経済的な意味では
一年間あちこちに作った穴を
ここで塞がくては!というのもあります。
泣き笑い


ですが、仕事に追われる中でも、
お客様と、サンタさん作戦を練るのは
なかなか楽しいものです。
特に小さいお子さん同伴の場合、
何をお求めか、どう引渡すかを、
暗号を駆使して(?)打ち合わせるのは
とてもスリリング。


そして、盛り上がるパパママには、

老婆心ながら、

いや、本屋心から・・・かもしれませんが、

この絵本を早めにお手元に置いてねと

おすすめしています。

 

 

 



サンタクロースってほんとにいるの?

てるおかいつこ 文 / すぎうらはんも 絵

福音館(かがくのとも) 本体¥900.
 

 

 

なぜなら、入口があれば出口もあるのが、

サンタワールドだから。

今はご家族でこの世界を楽しんていても、

いつかお子さんは、

出口に向かわなくてはならない。


思い出になったあと、
幸せな気持ちで懐かしむことができるよう、

今から準備をしてほしいのです。

 

・・・というようなことを書いた

過去記事がありますのでリブログします。

もうお読みになった方はパスしてください。

 


 

「・・・ほんとにいるの?」は

勿論子どもの本ですが
パパママ用テキストとして
とてもお役に立ちます。

これをもとにパパママおふたりのイメージに、

ズレがないかをチェックしたり、

ずっと先と思える退場門の準備も

今から少しずつ進めてくださいね。

というのが、

子どもの本屋から

サンタさんを迎えたばかりのお若いご家庭への

“超重要”伝達事項です。

 

<追伸>

HPにクリスマス絵本のご紹介があります。

 特集 ・・・→

 新刊 ・・・→

 

 

応援よろしく!


読み聞かせランキング